« 神を観るということ ~唯神実相の信仰~(2) | トップページ | 命の鳴り響く人生を »

2006年7月15日 (土)

神を観るということ ~唯神実相の信仰~(3)

 最近こんなことがありました。

 わが家の今年、小学4年生になる次女が、駅まで用事があって出かけたのですが、帰りにバス代が無いことに気が付いたそうです。

 しぶしぶ歩いて帰ろうとして、ふと上着のポケットに手を入れてみると、バスカードが出てきたとのことで、悦んでバスに乗って帰ってきました。

 このように、すでに持ってはいても、それを知らない間は、バスのカードですら使うことができないものです。

 夏に美しい花を咲かす朝顔の種は、外見からその姿を判断したかぎりでは、石ころとあまり区別がつきませんが、その種子の内には、双葉や伸びやかなツルや瑞々しい葉、そして美しい花を咲かせる理念が宿っています。

 それと同じように、人間の内には、朝顔とは比較にならないほどの、無限の価値が宿っているのです。

 このことを生長の家では、「人間は神の子」であると説いています。

 私たちの内にある「無尽蔵の宝」は、五感の感覚ではとらえることはできません。

 しかし、これらの宝はすでに私たちの内に「実在」していて、これを観じて悦ぶだけで、宝庫は無尽蔵に開かれて、私たちの人生を豊かに潤(うるお)すことになります。

 親鸞上人は、浄土和讃のなかで、

「信心喜ぶその人を、如来とひとしと説き給う。大信心は仏性なり、仏性すなわち如来なり」

 と説かれています。

 神様の創られたままの「完全円満なる世界」を悦ぶことで、私たちが実生活を送っている現象世界にも、神の国・仏の国さながらの悦びが実現してまいります。

 私たちは、これから「神の子」になるのではありません。

 今すでに、そのままで、光りであり神の子なのです。すでにはじめから、完全円満なる、神の子なのです。

 皆さん、さっそく今から、私たちは神の子であり、完全円満であり、そのまま光りであることを、悦ぼうではありませんか。

 悦べば、悦んだだけ、あなたの周りに素晴らしい世界が現れてくるのです。

 なぜなら、心の眼で見れば、光りの子である神の子と、それをとります悦びの世界、光明の世界のみが、そのまま今ここに現成しているのですから。

 今まで、それが現れて来なかったのは、ただ悦ぶことを忘れていただけのことなのですから。

|
|

« 神を観るということ ~唯神実相の信仰~(2) | トップページ | 命の鳴り響く人生を »

万教帰一の信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/10564331

この記事へのトラックバック一覧です: 神を観るということ ~唯神実相の信仰~(3):

« 神を観るということ ~唯神実相の信仰~(2) | トップページ | 命の鳴り響く人生を »