« 「ぎっくり腰」顛末記① | トップページ | ブルックナーの7番(友人宛の返信より) »

2006年8月26日 (土)

「ぎっくり腰」顛末記②

 谷口雅春先生は、大宇宙には神の創化力が満ちているとお説き下さっているが、神様に全托してベッドで寝ていると、やがて一週間ほどで立って歩けるようになった。

 入院2日目に、折よく大部屋が空いたのでベッドを移していたものの、入院費用もかさむので、7日目に病院を退院して自宅での療養に切り替えた。

 入院中は携帯電話の使用やパソコンのネットへの接続が制限されていたが、退院後は携帯電話で事務所と今後の仕事の段取りについて遣り取りし、未読になっていたメールをチェックしているうちに、23日に予定されている『聖使命』新聞の責了日までの事務所での様子などが次第に明らかになってきた。

 意を決して18日に出勤することに決め、その旨をメールや電話で関係者に連絡した。

 その間、状況を知った方々からお見舞いの連絡をいただいていたが、いつも仕事で遣り取りしているブラジル伝道本部の方から、次のような心温まるメールをいただいた。

(前略)神様から“少し休養しなさい”というチャンスをいただいたと思って無理をせず、完治するまでゆっくり養生してください。光明化運動は永遠に続くのですから、あせらず、大切なお体を大事にしてください。

 これまで意識したことはなかったが、私は、講師としての諸活動をのぞいては、それまで事務所での業務を「仕事」だと考え、神様の人類光明化運動とは、無意識のうちに異なるものと捉えていたふしがあった。

 しかし、より大いなる視野からみれば、私も、私たちの仕事も、組織も、私の躰も、神さま以外のものなど、一つもなかったのだ。

 自分が、自分の能力と、自分の躰とをつかって、自分の仕事をしている、のではなくて―― 神様が、神様の能力と、神様の躰とをつかって、神様の仕事をしている。それが私たちの人類光明化運動であり、国際平和信仰運動であり、神の子人間の生活だったのだ――

 万全を期するため、決意した18日の出勤は見送り、その間は自宅でメール、ファクス、電話などで情報を収集して、無理のない範囲で新聞記事の執筆を進めることで、20日に事務所に出勤させていただいた。

 そして迎えた23日の責了日。

 新聞の責了作業や紙面への割り付けも、翌24日にまたがりながらも無事に終わり、それぞれが終電や夜行バスで自宅に帰宅することができた。

 形から見たら、毎月繰り返される責了作業に変わりはないが、最早その内実は単なる仕事ではなく、それはそのまま神様が、神様の能力と、神様の躰とをつかって、神様の仕事をしている、神の大いなる人類光明化運動そのものだったのである。

 しかしそれは、生長の家の仕事だけが、そのような姿をしていたのではなく、実は、全人類のいとなみの一切が、神様が、神様の無尽蔵の能力と、神様の無限の身躰とをつかって、神様の荘厳なる仕事をしている、神の大いなる活動そのものだったのである。

 私たちは「自分」ではなかったのである。そのままに、はじめのはじめから「神のいのち」だったことに気がつかなかっただけなのである。

「運命の主人公」と云い、「随所に主となる」とは、この人間の本来の相(すがた)を伝えていたのである。

 

|
|

« 「ぎっくり腰」顛末記① | トップページ | ブルックナーの7番(友人宛の返信より) »

ESSAY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/11601578

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぎっくり腰」顛末記②:

« 「ぎっくり腰」顛末記① | トップページ | ブルックナーの7番(友人宛の返信より) »