« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月28日 (月)

聖胎長養

友人から届いた手紙への返信です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

合掌、ありがとうございます。

メールを拝見させていただき、貴方様の魂が、ますます無限生長をされていることを嬉しく拝察させていただいております。

神様以外にはない世界のなですから、不完全と見える教育法も教師も、病気も、これらの一切のもの(つまり不完全な現象)は、本当は相手にする必要はないのです。
(相手にして認めていればいつまでも不完全な状態が付いてまわるのです。それが心の法則です)

ですから実相を直視するとは、「神様の世界に入ってしまう!」ということです。

つまり、私たちの生活が、神様のみを相手にした生活となり、私たちの住む世界が、神様のみを相手にする世界となることです
神様の世界は、智慧、愛、生命に満ちた大調和の世界であり、すべての人間は「神」であり、「仏」そのものなのですから、私たちは、「ただただ拝む」こと、「ただただ感謝する」こと以外にない(つまり完全なる全托、自我の完全放棄、感謝礼拝三昧な)のが「実相直視」なのです。

しかし、これには「慣れ」が要ります。谷口雅春先生も、「悟りに慣れる」のに時間を要した、ということをどこかのご著書で回想されています。
仏教などでは、これを「聖胎長養」といって、悟りの最後の段階の重要な修行と位置づけています。

あせることなく、うまずたゆまず「聖胎長養」してください。
はじめのはじめから、光明一元の世界なのですから、それを信じて、その世界に生まれ変わることが「人間・神の子」の誕生であり、「一人悟れば九族天に生まれる」ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 9日 (水)

一人出家すれば

 友人から届いた手紙への返信です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実相直視は、貴方の努力精進によって達成できるようなもので

はありません。

生長の家には、「全托」という言葉があります。
この言葉の意味は、

すべては神である、神以外のものは存在しない。善一元、光明一元の世界のみを信じて、すべてを善なる神に委ねよ。

ということを表現しています。

その神様の世界に、すべてを托した完全な安らかさ、自力のまったく要らない、自力をまったく必要としない、自分というものの要らない世界――

それは、無いもの(現象)を「無い」と、はっきりと断ち切ったところにのみ、見出すことができる金剛不壊の世界です。

それが、生長の家が明らかにした実相世界です。

貴方が生きているのではない、神が貴方を生きているのです。

お子さんが生きていると見るのは現象です。完全円満なる神が、光明一元なる神のみがお子さんを生きているのです。その事実(実相)を安らかに「ハイ!」と受けとることが、実相直視です。

すべてを善一元の神に托して、自力による一切の努力が無くなること、それが「一人出家すれば九族天に生まる」ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 7日 (月)

神癒祈願とは神様の邪魔をしないこと!

 友人からいただいた手紙への返信

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
合掌、ありがとうございます。

息子さんのこと、現象的な視点から見れば心配なことばかり目に付かれることでしょう。

しかし、息子さんは、はじめのはじめから神の子さんなのですから、何の心配もありません。どう転んでも神様の道(つまり最上最尊最良の道)以外にはあり得ないのです。

私の恩師の一人である、宇治の初代神癒祈願部長を務められた故 小嶋博講師は次のように語っていました。

「神癒祈願とは、神様の邪魔をしないことだ」と。
なぜなら、この世界は、「はじめのはじめから完全円満なのだから、それを認めて悦ぶことが大切なのだ」と。

あとは「三界唯心の所現」の法則によって、神様の世界にあるそのままの姿(真象)が現れるのです。

息子さんのこと、そして皆さんのこと、ずっと祈らせていただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »