« 「作品」と「作者」 | トップページ | 食事について »

2008年9月26日 (金)

恋愛と結婚

 山崎さんから、恋愛と結婚についての質問をいただきました。
「若い世代の人達にはぜひ参考になると思いまして、このような質問をしました」とのことでしたので、こちらにアップします。若くない人にも(^^; 参考になるように書かせていただきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

>>作者である吾々は既に、今、この瞬間に実相円満完全なる神の子であります。
なのになぜ男女がパートナーを選ぶ時に、色々と種々の条件を相手に対して付けるのでしょうか?
宗教的見解(特定の宗教ではなく)を持ち出してこの事を説くと、こちらは相手に対して種々の条件を付けてはならない。それは相手を“愛”しているのではなく、相手にただ“恋”をしているに過ぎない。こちらは選んではならないが、相手に選ばれる時はそれ相応の準備を事前にし、条件を備えなければならない。ましてや相手がこちらにとって“高嶺の花”であるならば益々そうしなければならない・・・・・。
選ばれる方は何時まで、どれくらい自己を高めておけばよいのでしょうか。

 

 生涯を共にするパートナーを選ぶときの「条件」というのは、一人ひとりの個性が異なるように、人によって千差万別です。しかし、恋愛感情のもたらす基本的な経験や、それが人生に与える効果などは、古今東西を問わず共通していて、それは限りなく美しく、そして尊いものなのです。

 

 条件を満たしている相手というのは、いわば貴方の「内なる理想」を、彼女の中に見出しているということでもありますが、相手が素晴しい相手であればあるほど、それに相応しい高みへと自分も達しようと精進努力する、これこそが恋愛感情のもたらす最高の成長の機会でもあるのです。

 

 特に貴方のように、人生を真摯に生きようとされている方は、これを疎かにしていては、せっかくの成長の機会を失うことにもなりますので、厳しい言い方ですが、このご質問については、「とことん、精進努力してください!」というよりほかはありません。

 

 この努力を持続することで、やがて秋になると栗や稲穂が熟してくるように、内なる充実感に導かれて自然と相手へのアプローチの機が熟してくるものです。それから、満を持して一歩踏み込む。そこから先は神のみぞ知る世界です。
 叶うも良し、叶わぬも良し。相手の方は、まぎれもない観世音菩薩様なので、間違いなく貴方を実相世界へと導いてくださっているのです。

 

 >>こちらが選ぶ時には相手の外的・内的なもの(=作品)を見ずに、相手という作者(=相手の実相円満完全性)を観る事に専念し、その反対に自己を観てもらう時には、そのままの自己の実相円満完全性を汲み取ってもらうのではなく、善きところは更に伸ばし、足らない・至らない不完全なところを修正・修理し、克服し、常に“条件”付きで生長をしなければなりません。
そうであるならば、こちらにとって、あちらは“全身全霊”でありますが、あちらにとって、こちらは何時まで経っても“半身半霊”であります。

 

 結婚が、現象的な「条件」によって結ばれるのであるという考え方は、いわば商取引に類似した価値観です。このような生き方に安住している間は、その(現象的な)価値観の影響下に生活することになります。

 

「条件」とは、現象上のものですから、絶対の価値ではありません。能力でも健康でも美貌でもお金でも、そして命(寿命)でも、それがどんなに圧倒的に良いもの、尊いものであったとしても、必ず消えていく宿命の上に成り立っているのです。仏教ではこれを「諸行無常」と呼んでいます。

 

 したがって、例えば「良い条件」という関係のみによって成立した結婚生活は、より「良い条件」を持つ相手が出現した場合や、これまで見えなかった(隠していた(^^;)「悪い条件」が結婚後の相手に続出したときには、関係が簡単に壊れてしまうことにもなります。
 これは「相手」と結魂したのではなく、「条件」と結婚したが故の結末なのです。

 

 条件と結婚するのではなく、その魂の絶対価値(つまり神・仏・実相)を、相手の内に見出し、それを礼拝し感謝し、はじめのはじめから一つであったことを再発見することこそが「結魂」なのです。

 

 ですから、最初は「条件」によって結婚した夫婦であったとしても、生長の家の教えにふれて、相手の内に絶対価値(完全円満なる神・仏・実相)を見出すことで、永遠の夫婦関係に入ることができるのです。

 

 なぜ「永遠」なのかといえば、それは「神」と「神」との関係であり、「完全なるもの」と「完全なるもの」との関係だからです。これは、夫婦だけではなく、親子でも、友人でも、師弟関係でも同じことが言えると思います。

 

 ですから、“半身半霊”などという考え方は、「条件」という現象に捉われた、ただの妄想に過ぎません。

 

 円満完全なるがゆえに、人生の一切の営みが“全身全霊”であり、結婚も、友人も、兄弟も、師弟も、“神(全身全霊)”と“神(全身全霊)”とが出会い、「仏(光)」と「仏(光)」とが結ばれ、人生を、世界を荘厳するのです。

 

 神想観の如意宝珠観にある、「十方世界光明遍照、わが全身光明遍照」とは、このことの一端を伝えているように思います。

 

  久都間 繁

|
|

« 「作品」と「作者」 | トップページ | 食事について »

万教帰一の信仰」カテゴリの記事

手紙」カテゴリの記事

Q&A」カテゴリの記事

コメント

合掌、ありがとうございます。

毎度の名回答すばらしく感じておりますhappy02

先生から恋愛・結婚のご指南を受けれるとは思いもしませんでした。

先生は何にでも精通されていますね(o^-^o)

神は人間を男性と女性とに造られました。

なので、神の子・人間が生涯、独りでいるということは、一部の選ばれし人間以外にとっては不完全・失敗を意味します。

イエスや釈迦をそこの観点から不完全だと主張する諸宗・諸派も存在します。

私が以前に信仰していたところでは、上記のような理由で、イエスは個人としては完成者だが、妻子を持たなかった為に、本当の意味では未完成者だと見なしていました。
すなわち、神の理想・御旨に沿えなかった者だという烙印を押しています。
イエスは個人としての偉業は大変認められている為、楽園(パラダイス)にはいるが、天国(ヘヴン)には入ることが出来ない。なぜなら天国行きの切符はパートナーを伴っていることが必須条件だからということでした。


先生の仰るとおり、恋愛も結婚も十人十色・千差万別です。それぞれに形があるのでしょう。

私は神の下に、神の子同士、善男・善女が出会い、二人で同じ方向を観ていきたいなと思っております。


現象界は横軸で成り立っています。“時間”や“待つ”という事も大事だと思います。
只々、自分に与えられたこと、しなければいけないこと、したいことを全身全霊で取り組むだけです。

刹那的な快楽よりも、さらなる未来永劫の幸福を念頭において、既に実相世界において顕れている魂の半身と現象世界において結魂するということが現れるのみと信じて、神に全託します。

期待しながら、日々を営みますo(*^▽^*)o


ありがとうございました。

山崎拝


投稿: 山崎 | 2008年9月29日 (月) 14時21分

 山崎さん

 返信をありがとうございました。

 いつも応援していますので、黙々と精進を重ねてください。

 今、あなたが一所懸命に取り組むことが、生涯にわたる宝となり、開花するときが必ず訪れます。

 

投稿: ashikabi | 2008年9月30日 (火) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/42602209

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛と結婚:

« 「作品」と「作者」 | トップページ | 食事について »