« 谷口清超先生ご逝去 | トップページ | わが家のエピソード(yukoさまへの返信) »

2008年10月31日 (金)

観世音菩薩としての谷口清超先生

 2000年、宇治から本部に転勤した年の冬のこと、午後に上司と外出した折に、谷口清超先生が本部に徒歩で向かわれているところに初めて出会った。

 

 上司が急に立ち止まって黙礼され、ささやくような声で「先生です」と伝えていただけなければ分からないほど、そのお姿は、講習会や特別練成会でお見かけする姿とは異なって目に映った。

 

 寒風から身を守るため、コートの上からマフラーを深々と首に巻かれ、その中から深い慈愛そのもののような光を湛えた瞳がこちらを見つめ、軽く会釈してくださっていることに気が付いた。
 先生はお帽子をかぶり、背にはリュックを背負っていらっしゃった。

 

  その時の慈愛に満ちた眼の光りは、生涯忘れることのないほど深く印象的だった。
 演壇で拝見させていただくお姿とはまた別の、静かで密やかな先生のお姿だった。
 手に提げた袋には、道中で拾われたであろう空き缶が詰まっていた。

 

 先生は、あのような眼で世界をご覧になられて、そして自然法爾に空き缶を拾われていたのであろう。それは観世音菩薩がこの世に身をお映しになられた、そのままのお姿だったのだなあと、今さらながらに思うのである。

 

 谷口清超先生、これまでのご慈導に感謝申し上げます。
 ありがとうございました。

 

  久都間 繁

|
|

« 谷口清超先生ご逝去 | トップページ | わが家のエピソード(yukoさまへの返信) »

ESSAY」カテゴリの記事

コメント

先生の今日のご文章で、「慈愛」という言葉を改めて想わせて頂きました。そして清超先生の温かさをしみじみ感じとらせて頂きました。私も生長の家に入信したばかりの時、平成元年の講習会で清超先生の御前で体験発表をさせて頂きましたが、発表後、私の横に立たれてメモをとって下さいました。長女がお腹にいる時、99%脳性麻痺だと言われてたのですが、五体満足で元気に生まれたという話に、先生は長女の名前を聞かれ「いい名前だねぇ」とお優しい眼差しで見つめられ、握手をして下さいました。今、長女は19才になり、元気にはじけきってます。あの時の講習会のことを思い出しながら、心の中で「清超先生ありがとうございました。」と合掌いたしました。

投稿: yuko | 2008年11月 1日 (土) 11時30分

yukoさま
コメントをありがとうございました。
ブログ本文に返信をアップしました。

投稿: ashikabi | 2008年11月 2日 (日) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/42961665

この記事へのトラックバック一覧です: 観世音菩薩としての谷口清超先生:

« 谷口清超先生ご逝去 | トップページ | わが家のエピソード(yukoさまへの返信) »