« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月28日 (水)

「願い」の成就

 私たちが抱くところの「夢」や「願い」は、すでに神様の世界で成就していればこそ、後から私たちの脳裏に閃(ひらめ)いて来るのである。だから全ての「願い」には、「実体」があり、その「実体」がすでに完全円満に成就して、光り輝いていることを悦ぶことこそが重要なのである。

 

 その「願い」が正しいものなのか、それとも間違ったものなのかを判断する以前に、その「願い」の背後にある「実体」を知ることが重要なのである。「実体」とは即ち「実相」である。「願い」や「夢」の「実体」を見極めたとき、最早そこには、在るもののみが在るのであり、この「在るもの」のことを、「神」とも「仏」とも「実在」とも云うのである。この「在るもの」と出会ったとき、全ての「願い」は成就するのである。

 

「われは此処に見よ、彼処に見よと云うが如くにはいないのである」と、『大調和の神示』には書かれている。が、「願い」も「此処に見よ、彼処に見よ」というが如くにはないのである。イエスは、「汝らもし盲目なりしならば、罪なかりしならん。されど今は見ゆと言う汝らの罪はのこれり」(ヨハネ9・41)と語っている。「此処に見よ、彼処に見よ」が指し示すものは、現象世界に現れた影に過ぎないのである。

 

 現象世界において、さまざまな「願い」が成就することは嬉しいことであるが、この世は「諸行無常」であるということを私たちは知っている。しかし、ささやかな「願い」が成就するということは、実はたいへんな(驚くべき!)ことなのである。
 私たちは、いずれは財産や地位、名誉のみならず肉体も家族も何もかも“この世”に置いて去らなければならない時が来るのであり、全人類がそのような宿命の内に生きており、一つの例外もあり得ないのであるが、現象世界に咲く一輪一輪の花(願いの成就)は、これ全て「実相世界」から咲き出でている“実在の鳴り響く相”であることを知らなければならないのである。

 

 だからどんなに小さな悦びにも、そこに無尽蔵の光明が宿っているのである。

 

 仏教でも「三車火宅」の喩えがあり、この世の栄枯盛衰は、まさに春の世の夢の如きものにすぎないのであるが、そのようなこの世(現象世界)にも、次から次へと無尽蔵に尽きることなく花を咲かすことができる秘訣が、生長の家の教えにはあるのである。

 

「願い」とは、実相世界からの切々たるメッセージであり、それは、如実に「実体」があるからこそ出てきたのである。
 この「実体」こそが、すべてのすべてなる「神」であり、この「実体」のことを天照大御神とも尽十方無碍光如来とも云うのである。

 

 その「実体」つまり、「実相」と出会うことで、すべての「願い」は成就する。イエスは、「み心の天に成る如く地にもなさせたまえ」と、「主の祈り」で称えているが、み心は、すでに「天に成る」つまり、実相世界で完全円満に光明燦然と輝きながら成就しているのである。

 

 その実相世界にある「実体」を観じて悦び感謝したとき、「地」つまり現象世界にもそれは実現するのである。それが、横の真理である「三界唯心所現」の法則であり、誰でも応用し実現することができる生長の家の神癒の秘訣である。

 

 このように「縦の真理」と「横の真理」とが完全に相俟(あいま)って、実生活も救われるのが生長の家である。

 

 このことを悟るためには、完全円満なる神に、既にすべてのすべてに亙って全面的に生かされているのである、という「絶対他力」の信仰に逢着しなければならない。
 

 

 久都間 繁

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年1月24日 (土)

新たに生まれる

 いただいた質問への回答が長文になりましたので、こちらにアップします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ご質問をありがとうございました。さて、

 

>>私の場合、中々、自分の一切の所作、進退が『光り』そのものだとは到底思えませんが、光りでないからこそ、光を求めているのではないかとも思います。
先生の仰る“そのまま”と目標や夢を持って進み、新たな自分に変わることとの違いは何でしょうか?

 

 人間の生命は、そのままで天照大御神の“いのち”そのものなのです。

 

「そのまま」というのは、完全円満であり「光り」であるところの神なる実体のことを指し示しています。
 私たちは、初めから神なる実体そのものなのです。

 

 その神の命が、いよいよ花咲こうとしている相が、切実な「夢」となり「願い」となって顕れているのです。

 

 だから、真の「目標」や「夢」には必ず「実体(神)」があります。
 私たちがこの世に“生まれてきた”ということも、この「実体(神)」そのものが出現したのです。
 つまり私たちの人生は、「夢」や「願い」と切っても切り離すことができないのが本来の姿なのです。

 

 ところが、人生の「目標」というものが、いつの間にか「実体(神)」とは懸け離れた、現象的な「欲望」、つまりお金や地位・名誉、五感の欲望などに、すり替えられてしまっていることが、今日(の社会通念)における最大の迷いなのです。

 

 これは物質至上主義とも、欲望優先主義とも呼ばれていますが、このような「実体」のないものを、どれだけ追い求めて実現させたところで、求めれば求めるほど、発展させればさせるほど、いよいよ欲しくなり、挙げ句の果てに次世代の人類が巻き添えを食っている。この迷走の産物が地球環境問題です。

 

 余談ですが、ニートや引き籠もりとなっいる人たちは、世の通念となっているこのようなニセモノの常識(迷いの価値観)に感づいていればこそ、社会から逃避しているのかもしれません。(神を見出していなければ私も崩壊していました)
 
 ご質問にある、新たな自分に生まれ変わる、ということは、神の子・人間の「実体」であり、神の理念であるところの「夢」や「願い」が“花開く”ことです。

 

 ですからニートや引き籠もりの人のみならず、私たちも「自分の本質とは何か」ということ(つまり内なる神)を発見して悦ぶことで、毎日毎日、新たに生まれることができるのです。

 

 それは、別物の自分に成る、ということではありません。

 

 新たに生まれるとは、より自分らしくなり、より楽々と「神」が現れることです。
 

 

  久都間 繁

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »