« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月13日 (水)

〝新価値〟の創造について

 オスカーワイルドは、ロンドンの霧は詩人がこれを言葉に表現したときに、初めて存在に入ったと語っているが、これは、詩人が言葉にした後に霧が存在するようになったという意味ではない。

 

 霧は、はじめからロンドンに存在していたのである。存在していても、言葉にして表現しなければ、人々の認識に入ることがなかったのである。

 

 私たちがコトバを通して「表現活動」をする場合、大きく分けて二つのタイプがあるように思う。

 

 一つのタイプは、広く巷間に出回って、世の通念となっている情報によって組み立てられた表現である。

 

 もう一つのタイプは、既に存在しているにもかかわらず、コトバによって表現されないために、ほとんどの人が気が付かないで見落としている情報。これは団体や組織の伝統や、風土に深く溶け込んだ文化、詩人が詠んだロンドンの霧のような自然の風物、あるいは或る人物の生き様など、人々の意識に上ることなく埋もれている概念を、コトバとして表現する場合である。

 

 前者には、さしたる魅力や発見はない。しかし後者には、多くの人が魅力を感じたり、ことによれば世の中を変えてしまうほどの力が宿っているように思われる。

 

 しかし、後者のスタイルでコトバや作品を表現するためには、常人が容易に見つけることのない鉱脈を発見して、それをさらに精錬して作品を生み出すような、尋常ならざる努力が要るのではないだろうか。

 

 しかし、そのような努力を通して紡ぎ出されたコトバ(や芸術)は、〝新価値〟となって世の中に迎えられ、新たな常識として定着する。

 

「日時計主義」のもたらす、真のインパクトは、この〝新価値〟を創造することである。

 

 そのためには、表層の意識に上る世の通念を超えて、意識の深層へと深く穿ち入らなければならない。

 

 そこには、未だコトバとして表現されることのなかった、ある人物の生き方や、社会や地域の伝統、それぞれの風土に溶け込んだ文化、自然の風物などが、無尽蔵の鉱脈として、私たちに発見されるのを待っているのである。

 

 鉱脈を見出したら、それを深く観察し、掘り出し、精錬して、コトバや作品として紡ぎ上げることである。

 

〝新価値〟の創造とは、私たちがどれだけ世の伝統や常識に深く棹さして、さらにその根源にある「真・善・美」の世界を内なる規範として生きているか、その人生経験そのものが、各自の作品となって顕れるのではないだろうか。

 

 

   久都間 繁

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2009年5月11日 (月)

小学校PTA総会での会長あいさつ

  小学校のPTA会長をお受けすることになって、5月9日に初めての総会に臨ませていただきました。

 

 5日ぶりに晴れ渡り、ツバメが飛び交う校舎の一室には、百数十人の人々が参列していました。学校を取り巻く木々の新緑が午後の日差しに映えて、とても美しかったです。

 

 土曜日ではありましたが、午前から午後にかけて授業参観やセーフティ教室などが開かれ、午後2時45分から総会は始まりました。

 

 見渡せば、PTA会員の皆さんや校長先生をはじめとした先生方、そして来賓として地元名士の方々がご列席くださっていました。
 以下は、総会の折に発表した「PTA会長あいさつ」の草案です。
(これをベースに、アドリブで伸び伸びとお話させていただきました(^^;)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 今年度より、PTA会長を拝命致しました久都間 繁と申します。
 わが家では、長男が4年1組、次男が1年3組でお世話になっています。また、今年高校生になった長女、中学校に入学した次女も、このA小学校でお世話になりました。

 

 その中で、印象に残っているエピソードのひとつを紹介させていただきます。

 

 私は10年ほど前に、仕事の関係で関西から東京に転勤して来ましたが、最初に住んだ調布市で、当時小学校1年だった長女が、言葉の違いなどが原因でいじめに遭い、腰掛けるときに男の子にイスを引かれて脳しんとうを起こしたことで、登校できなくなりました。

 

 その後、3年生のときに青梅に越してきたものの、長女はその時のトラウマをかかえたまま、教室に入っても座ることができず、A小でも3年、4年と保健室のソファーの定位置に腰掛けて、持参した本を終日読んで過ごす日々を送っていました。

 

 当時、校長をされていたH先生とも相談しながら、彼女の成長を見守っていましたが、やがて4年の三学期になるとソファーから窓際に移動して、外ばかりながめるようになり、そのころ書いた作文には、5年に進級した際のクラス替えを楽しみにしている文面が出てくるようになりました。そして5年生に進級したのを機に、突然生まれ変わったようにクラスに溶け込んで、人一倍元気な彼女の本来の姿へと生まれ変わったのです。

 

 振り返ってみますと、長女は保健室にいる間に、先生方や生徒の様子をじっーと観察して、この学校は生徒も先生も、安心して信じることのできる人たちであることを、何度も何度も心の中で確認していたのではないかと思います。
 そして5年生となり、卵からヒナが孵るように、当時、新たに赴任して担任となったN先生のもとで、安心して伸び伸びと翼を広げることができました。以来、彼女は猛勉強を重ね、第一志望だったあこがれの公立高校に今年ぶじに進学しました。

 

 このような、子供たちが安心して学ぶことのできるA小の校風、たとえケンカして傷つけあったとしても、イジメにまで発展することない懐の深い学習環境は、A小を取り巻く豊かな自然環境と、先生方と保護者との深い信頼関係、そして地域の人たちの見守りなど、長年の努力の積み重ねがあればこそ、実現できるものだと思います。

 

 私は今年、縁あって初めてPTA会長をさせていただくことになりましたが、このような当校の良き伝統をしっかりと継承しつつ、それを次代へと伝えるために、諸先輩のお力をいただきながら、PTAの会員の皆様、そして校長先生をはじめ諸先生方と一緒に、本部役員一同、子供たちの幸せのために尽力させていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »