« 忙中「歓」あり | トップページ | 仏の四無量心について »

2009年6月24日 (水)

『文明論の概略』を読む

 2週間ほどかけて、福沢諭吉が100年ほど前に著した『文明論の概略』を読んだ。
 
 福沢は、天保5年(1835年)に生まれ、 明治34年(1901年)に66歳の生涯を終えているが、彼の前半生は旧幕藩体制の時代、そして後半生は明治の文明開化の時代という、二つの異なる時代を一身で生きるという希有な体験をしている。

 

 これについて、最晩年にざっくばらんに生涯の顛末を述べているのが『福翁自伝』だが、『文明論の概略』では、激変した二つの時代を貫く、政治的、思想的立場を越えた福沢の「独立自尊」の一貫した精神が、顕わな形で吐露されている。

 

 福沢の著したものを読んでいるときに、いつも興味深く感じるのは、彼の精神の根拠となっているものの所在である。

 

 幕藩体制にも、明治新政府にも、学閥にも財閥にも、科学的技術をもたらした西洋文明にさえもおもねることなく、全ての事象を柔軟に受け入れた上で自身が「正しい」と判断したところのものを身命をなげうってでも、果敢に断行する。そのような英断の連続のような生涯をまっとう出来たところの精神の在処(ありか)、そこに強く引かれ、福沢の福沢たるものを感じるのである。

 

 彼の思想は、仏教、神道、儒教、キリスト教をといった当時の形骸化した既成の宗教や道徳を「虚誕妄説」と一蹴しているところがまた面白い。

 

 しかし彼の著作を紐解いて分かることは、彼ほど「徳義」や「良心」の蘊奥について、自身のコトバで生き生きと説き証した学者も、これまた希(まれ)だということである。

 

「肉体の便利既に饒(ゆたか)にして、一身の私徳既に恥ずることなしと云ふも、尚この有様に止まりて安んずるの理なし。其饒(そのゆたか)と云ひ、恥ずるなしと云ふは、僅(わずか)に今日の文明に於て足れるのみ、未だ其極(そのきわみ)に至らざること明らかなり。人の精神の発達するは限りあることなし、造化の仕掛けには定則あらざるはなし。無限の精神を以て有定の理を窮(きわ)め、遂には有形無形の別なく、天地間の事物を悉皆(しっかい)人の精神の内に包羅して洩らすものなきに至る可し」
(『福沢諭吉選集』第4巻136~137ページ)〈原文は歴史的仮名遣い〉

 

 下級藩士の家に生まれ、しかも幼くして父親を亡くした福沢は、糊口をしのぐために子供のころから、さまざまな職人から手仕事を学んでは家計を助け、さらに学問の道を志して後は、出会う師匠宅で家事全般をこなしながら、寝食を忘れて勉学に励んだことは、自身の筆による自伝に詳しい。

 

 万巻の書を読み洋学者として大成した後も、チャンスをみのがすことなく貪欲に渡米、渡欧を繰り返して学び、さらに後進を啓蒙するために『西洋事情』『学問のすすめ』などの著作や翻訳など数多くの書籍を著し、今日へと続く慶應義塾を立ち上げ、「時事通信社」を設立し、日本の独立と文明確立のために生涯にわたって在野から発言し続けた。そんな福沢の生涯をたどってみると、先に引用した、

 

「人の精神の発達するは限りあることなし、造化の仕掛けには定則あらざるはなし。無限の精神を以て有定の理を窮(きわ)め、遂には有形無形の別なく、天地間の事物を悉皆(しっかい)人の精神の内に包羅して洩らすものなきに至る可し」

 

 という言葉は、即ち彼の生涯を貫く、無限生長(向上)する彼の精神の運動そのものを物語っていることが理解できる。
 
 自己内在の無限性を信じ、無限生長の権化の如く疾走する福沢にとって、既存の宗教も儒教も、そして科学文明に彩られた西洋のキリスト教ですらも、彼の目には色あせたものとしか映らなかったであろう。
 上記の文章の最後に、彼は次のような言葉で、この章を結んでいる。

 

「恰(あたか)も人天並立(じんてんへいりつ)の有様なり。天下後世、必ず其日(そのひ)ある可し」と。

 

 福沢が後世の者に托した精神的遺産、それを私たちは「読む」ことによって継承できるのであるが、その「独立自尊」の精神は、現在におけるあらゆる形骸化への解毒剤であり、無限生長のための指針ともなるのである。 

 

  久都間 繁

 

 

 

 

 

 

 

|
|

« 忙中「歓」あり | トップページ | 仏の四無量心について »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

『堀さん』ブログからきました『なおちやん』でつ。ここではエログロイ話しはしませんのでヨシナに。ところで質問ですが、かつての記述にJ・Aブルックナーの記事がありましたが一番好きな交響曲は何番ですか、ちなみに私は6番が好きです。また音源は朝比奈隆/大阪poです。

投稿: なおちやん | 2009年6月24日 (水) 23時29分

なおちゃん、質問をありがとうございます。

ブルックナーはいいですね。

彼のシンフォニーでは7番、8番、9番をよく聴きます。

7番は、クレンペラー、フィルファモニア管、最近ではギュンター・ヴァント、BPO。
8番はヨッフム、チェリビダッケ、朝比奈、テンシュテット。
9番はブルーノ・ワルター、コロンビアPO。その他スクロバチェフスキー指揮の全集(輸入盤)なども愛聴しています。

 80年~90年代にかけて関西に住んでいたので、朝比奈、大阪POにはよく足を運びました。この組み合わせでは3番(1984年)もなかなかいいと思います。

投稿: 久都間 繁 | 2009年6月25日 (木) 14時43分

先生ありがとうございます
さて、ブルックナーに関してですが実は、私過去、講習会推進をすっぼかして朝比奈隆のシカゴ交響楽団の指揮の追っかけをしました。当時のK教区のA教化部長から睨まれた事もありました、確かブル5とブル9でした、最初はNHKも取材に来てセンセーショナルでした。
ところで私は朝比奈/大阪POの全集(キャニオン版)と未完成に終わった最終版(逝去のため未完成)を持っています。ただ7番と9番はカラヤンもありますが音楽的内容が薄いですね。後カラヤン/小澤はノヴァーク版で朝比奈/ヴァントはL.ハース版ですもんね、でもフルトヴェングラーが言ってますけどやっぱり原典版が一番ですね。以上『なおちやん』でした

投稿: なおちやん | 2009年6月25日 (木) 21時47分

先生質問に答えていただきありがとうございます
さて、オットー・クレンペラーの記述がありますが、彼も私におとらず非常にドスケベで人の女にすぐにチンチンを使いまくって、警察沙汰になったことがしばしばあったようで、罵利雑言のオンパレードで一冊の本になったほどです。まあ指揮者はなんでも知っておかないといけませんからねぇ。あっ、ブルックナーに関してですがある時女性がブルックナー自宅を来訪した時に、ドアを開けてその瞬間女性が逃げてしまったそうです、実はブルックナー自身は生まれたてそのままのスッポンポンでドアを開け対応に出たみたいなのですが(天然?)これでは誰でも逃げますわな。
今、私はブルックナーのテ・デウムを聞いています。指揮は朝比奈隆でオケは東京交響楽団。私も若い頃入って歌っていた『ある』合唱団が歌っています。そういえば私の音楽の師匠はベートーヴェンの交響曲第45番を作りました。世界的指揮者、小澤征爾の兄弟子にあたります。誰でしょう。

投稿: なおちやん | 2009年6月26日 (金) 22時27分

なおちゃん、下ネタはあなたの友人の堀さんのところで存分に書いて、そして(私が読んだころに)削除してもらってください(^^;

私のブログは子供もときどき見ているので、今度下品なことを書いたらすぐに削除しますよ。

私は、あなたの言う交響曲第45番や、世界的指揮者なんかには興味ありませんが、せっかくコメントをするのであれば、もうちょっと本文を読んでテーマに沿った感想でも聞かせてくださいな。

投稿: 久都間 繁 | 2009年6月27日 (土) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/45440247

この記事へのトラックバック一覧です: 『文明論の概略』を読む:

« 忙中「歓」あり | トップページ | 仏の四無量心について »