« 耳を傾けること | トップページ | 「世界平和の祈り」について »

2009年7月14日 (火)

神想観こそ功徳そのもの

 横山さんから質問をいただいておりましたので、回答をこちらに掲載します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

質問1
>>心とは、思ってはいけないと思えば思うほど、考えてしまい、ひっかてしまいます。その中から抜け出ようとと思うほど、どうにもならない。こんな心なんかなければよい、そんな自分がどうにもならない。身動きできない。

 

【回答】

 

「三界唯心所現」の心の法則については、『生命の實相』頭注版 第20巻の127ページからの(肉体および物質の否定 六)に、谷口雅春先生が詳しくお説きくださっています。

 

 ここには引用しませんので、ぜひご熟読いただければと思います。

 

 そのポイントだけを申し上げますと、心が変化することによって、悟って仏となり、迷って衆生となるような、「心、仏、衆生三無差別」の心というものは本来無い。ただ初めから仏であり、神である「実相の心」があるだけである。その実相の心が展開した実相の天地があるだけである、ということが詳述されています。

 

 生長の家の唯神実相哲学の根本が説かれていますので、お時間があれば「自傳篇」全体を通読(再読)なさると、より一層理解が深まることと思います。

 

 身動きできなくなるのは、無いものを、有ると思って握ってしまうから。
 手を放してしまえば、自由自在です。

 

 無いもののことを「現象」と言います。
 本当に在るものは「実相」のみです。
 「実相」のみを相手にすれば、身動きできるようになります。

 

質問2~4
>>私たちは現象から実相を観ようとしていること、このことが一番の問題ではないか?

 

>>やはり神想観を真剣にやりたい。その真剣とは、自力では。

 

【回答】

 

 重要なところに気が付かれましたね。

 

 神想観において、「吾れ今、五感の世界を去って実相の世界に入る」とは、そのことを意味しています。

 

 現象は実在ではありませんから、現象の基準や尺度で実相を推し量ることは、「針の穴から天上を覗く」の喩えのようなもので、実相世界そのものを捉えることはできません。

 

 生長の家では、神想観という素晴らしい行法を授けられているのですから、ひたすら、うまずたゆまず毎日実修すれば、誰でも必ず実相覚が開けてきますので、ぜひお続けになってください。

 

 また、神想観は自力か、他力かとのことですが、生長の家の信仰は絶対他力の信仰であると教えられています。

 

 絶対他力の信仰とは、神の外にあるものなし、仏の外にあるものなし、つまり神のみ、仏のみが真実の実在であり、その善一元の生命のみが今ここに(全実在宇宙に満ちて)存在しているという教えです。

 

 今ここに、貴方となって、森羅万象となって、完全円満なる神が、仏が、活きているのであり、それが実相です。

 

 
 不完全に見えるのは、心の影であり、そのような現象は本来無いのです。

 

 神想観を通して実相のみ、神のみ、仏のみを観じるのが「縦の真理」の実践であり、実生活においては人生の光明面(真象)のみを積極的に相手にしていくのが生長の家の信仰です。

 

 その結果(三界唯心所現)として、一切の現象が整うというのが「横の真理」です。

 

 現象をキレイに整えてから実相が現れるのではなく、現象がどんなにぐずぐずに崩れていても、円満完全なる実相に飛び込んで、ひたすら(まっしぐらに実相を観じて)悦んで生きていれば、現象が成就する(真象が現れる)のです。

 

 これが神想観の功徳です。

 

 また、神想観それ自体が、実は最良の功徳(実相の体感)そのものなのです。

 

 

    久都間 繁

|
|

« 耳を傾けること | トップページ | 「世界平和の祈り」について »

万教帰一の信仰」カテゴリの記事

Q&A」カテゴリの記事

コメント

先生ありがとうございます。『なおちやん』です。
実はその『神想観』の事で悩んでおります。「継続はカなり」という「言葉」がありますが、ここ2年「基本的神想観」ができない状況になっております。「基本的神想観」は正座ができないと『腰座り』ができませんが私、その正座ができません。前総裁、谷口清超先生は、椅子を使う「神想観」を教えていただきましたが、講師会長が「講師」たるもの『基本的神想観』は必修である、と指導されております。私のような『身体障害者』はこのような場合は一体どうすれば良いか教えていただけませんでしょうか。拝 bye『なおちやん』

投稿: なおちやん | 2009年7月14日 (火) 23時06分

 なおちゃん。コメントをありがとう。

 神想観は、正座して実修しなければ実相を観ずることができない、なんてことはありません。

 ご存じのように、創始者の谷口雅春先生も、前総裁の清超先生も、ご著書の中で椅子での神想観実修法をお説きくださっていますよね。

 また、ブラジルの本部講師はじめ幹部の講師は、皆さんイスに腰掛けて実修されていますし、それぞれが実相をしっかり把握して、多くの人たちを救っていらっしゃいます。

 腕がなくても、脚がなくても、国や文化や伝統が違っても実修できるのが神想観です。

 だからなおちゃんも、出来ないことを取り上げて心配するよりも、先ず出来ることをしっかり実修すればいいのではないですか。

投稿: 久都間 繁 | 2009年7月15日 (水) 17時40分

合掌ありがとうございます。
少し前まで久都間さまの書いておられることが頭では分かっていても実感できすにおりました。それが、最近「ああ、そうだそうだ」と腹の底にどんどん入ってくるようになりました。ありがたいなぁ〜〜と拝読しております。
>>ただ初めから仏であり、神である「実相の心」があるだけである。その実相の心が展開した実相の天地があるだけである。。。嬉しいだけの私たちなのですねぇ。感謝でいっぱいです。

投稿: シコク嫁 | 2009年7月19日 (日) 06時19分

 シコク様
 
>>最近「ああ、そうだそうだ」と腹の底にどんどん入ってくるようになりました。


 嬉しいコメントをありがとうございます。

 生長の家の唯神実相の信仰は、本当に魂をどん底から救う教えなんだなあと、私も最近、青年時代からの生長の家の友人達(今はみんなおじさん、おばさんですが(^^;)とゆっくりお話しする機会があり、そのことをしみじみと感じております。

投稿: 久都間 繁 | 2009年7月19日 (日) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/45631483

この記事へのトラックバック一覧です: 神想観こそ功徳そのもの:

« 耳を傾けること | トップページ | 「世界平和の祈り」について »