« 「ほったらかし農園」のヒョウタン | トップページ | ほったらかし農園の彼岸花 »

2009年9月10日 (木)

「ほったらかし農園」のトマト

Photo

 畑をほったらかしていても、それなりに収穫できるところが「ほったらかし農園」の魅力の一つです。

 たくさん採れ過ぎたたときは、ご近所にもお裾分けしています。

 トマトは、20年ほど前からプランターで生ゴミとEM菌とを使って栽培してきた経験が役だっています。

 当初は失敗することもありましたが、これも料理と同じで、すべての失敗や成功がよい経験となり、やがて自分の個性(性格や好み)、栽培条件(プランター・畑の規模)、携われる時間などを加味して、「自分ならではの」野菜作りができるようになります。

 誰でも、土とプランターと好奇心さえあれば、いつでも、どこに住んでいても始めることができます。
 

|
|

« 「ほったらかし農園」のヒョウタン | トップページ | ほったらかし農園の彼岸花 »

ほったらかし農園」カテゴリの記事

環境のこと」カテゴリの記事

コメント

美味しそうなトマト、ホッタラカシだから、栄養もたっぷりでしょうね、井戸水か冷凍庫で冷やしてがぶりつく、トマトの新鮮さが堪りませんね。でも私は食べたいけど食べる事はできません、透析患者にとって致命的なカリウムが大量に含まれるからです、主治医からは(「心臓」が停止しても良いなら食べても良いですよ)と警告を受けています。だから羨ましいですよ。ホント。(^_^;)

投稿: なおちやん | 2009年9月12日 (土) 18時11分

 食事制限があるというのは大変なことですね。

 でも人工透析という優れた技術がなかったら、なおちゃんも、もう現世にはいなかったかもしれませんね。

 野菜も年中ほったらかしにしていたのでは、さすがのホッタラカシ農園でも野菜を作ることはできません。
 土(土壌)を造る時期、雑草をはびこらせずに手入れする時期、種や苗を植える時期、収穫する時期、撤収する時期、それぞれの時節を生かすことで、豊かな実りがもたらされます。

 私たちの人生も、そのような機微を感じ、見極めながら歩んで行きたいですね。

投稿: 久都間 繁 | 2009年9月13日 (日) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/46165002

この記事へのトラックバック一覧です: 「ほったらかし農園」のトマト:

« 「ほったらかし農園」のヒョウタン | トップページ | ほったらかし農園の彼岸花 »