« 「ほったらかし農園」ゴーヤ爆発! | トップページ | 神様からの授かりもの »

2009年9月30日 (水)

「レッテル」について

  私たちは、知らず知らずのうちに、周囲の人に対してレッテルを貼っているものである。

 そんなことを言葉にすると、「何を意外なことを」と思われる方も多いかもしれない。
 
 私も、そんなことを着想する前だったら、きっと同じように感じていたことだろう。

 しかし私たちは、自分を取り巻く人に対して、自分で勝手にレッテルを貼り付けて、そのレッテルを見てさまざまなことを判断している場合が、なきにしもあらずなのである。

 たとえば、私たちが誰かを怨み憎むまではいかなくても、誰かのことを好ましく思っていない場合があったとしたら、実はその人の顔に貼り付けたレッテルを見て、それを嫌っているだけなのかもしれないのである。

 夫や妻のこと、子供のこと、職場や組織の同僚や上役、中心者のこと、もしこの人たちのことで、自分の中に葛藤や摩擦があるならば、こじれた思いや問題を解決しようとする前に、先ず相手の顔に貼り付けていたレッテルを剥(は)がしてしまうことから始めなければならないのである。

 レッテルとは、自分がこれまで現象世界で見聞覚知してきたところの経験の残像であり、それは「心の影」なのである。実体のない「心の影」を相手にしていたのでは、そこに見ているのは自分自身の過去の心の姿であって、決して相手の「いのち」と出合っているわけではないのである。

 レッテルを貼ってしまうのは、憎み怨み好ましくないと思っている相手だけが対象なのではない。

 私たちは、あらゆる人に物に事に、五感六感から入手したあいまいな情報だけを根拠に、レッテルを貼っているのかもしれないのである。
 もしかしたら、神や仏、そして生長の家の教えにさえも、レッテルを貼っているかもしれないのである。

 これも意外に聞こえるかもしれないが、たとえば信仰熱心な人の中には、心の中で憎んだり、怨んだりしている相手に対して、心で相手のことを不完全と見ているにもかかわらず、そのレッテル(ニセモノ)の上に、さらに「感謝」や「和解」というレッテルをむりやり上塗りしようと懸命に努力している場合もあるかもしれないのである。

 しかし「実相」とは、努力して上塗りするような代物(観念)ではなく、憎み怨み毛嫌いするそれら一切のレッテルを徹底的に剥(は)がしたところに現れる、はじめからある生まれたままの本当の相(すがた)のことなのである。

 仮に、憎み怨み毛嫌いしている相手の上に、努力して別のレッテルを上塗りして、形の上で取り繕うことが出来たとしても、それがレッテルである限りにおいて、それは仮のニセモノに過ぎないのであり、そんなものは必ず剥(は)がれてしまうのである。それが剥がれないように絶えず心配して努力していなければいけないような信仰では、やがて身も心も持たなくなるのである。
 努力すればするほど、務め励めば励むほど、それでは「全托」の信仰から遠ざかるばかりである。

 レッテルなるものは、それが良きにつけ、悪しきにつけ、実相(ほんとうのすがた)とは〈無関係!〉なのである。


 実相が現れるということは、相手や自分自身に貼り付けた「病気だ!」というレッテルを剥がし、「だめな人間だ!」というレッテルを剥がし、「能力がない!」というレッテルを剥がし、「行が足りない!」というレッテルを剥がし、「不完全だ!」というレッテルを剥がしてしまうことである。そんなレッテルは、生長の家の「人間・神の子」の信仰とは無関係な、ただの現象(ニセモノ)に過ぎないのである。

 レッテルを剥がし切ったそこに、はじめのはじめから在った実相が現れるのである。

 それが「現象は無い!」ということであり、そこから、レッテルの背後にあるものへの感謝がこんこんと湧き出て来るのである。

「天地のすべてのものに感謝する」とは、天地一切のものからレッテルを剥ぎ取った実相(ほんとうのすがた)と出合うことにほかならないのである。

 レッテルという偽物(にせもの)を残したまま、ニセモノの上に「感謝」や「和解の」のレッテルを一所懸命に上塗りしていたのでは、その信仰は偶像崇拝であり、やがて物神崇拝へとつながるのである。

「花、花に非ず、これを花という」
「物質、物質に非ず、これを物質という」

「物質は無い!」「現象は無い!」と、生長の家では説いているが、これは天地の万物に対するレッテルを払拭することにほかならないのである。

 レッテルを剥がせば、天地が開ける音が、今! 聴こえてくるのであり、レッテルを貼っていた相手が、大慈大悲の観世音菩薩として大光明を放っていたことが分かるのである。


  久都間 繁

|
|

« 「ほったらかし農園」ゴーヤ爆発! | トップページ | 神様からの授かりもの »

万教帰一の信仰」カテゴリの記事

ESSAY」カテゴリの記事

コメント

 正に吾が意を得たり!という感じです。素晴らしい御文章、感謝感謝です。

 実際、僕の周りには実は困った人がいるのです。僕はこの人が悪い、だから組織が良くならないと思っているのですが、それがレッテルなんですよね。

投稿: 堀 浩二 | 2009年10月 1日 (木) 09時28分

堀さん、いつも励みになるコメントをありがとうございます。

>>実際、僕の周りには実は困った人がいるのです。僕はこの人が悪い、だから組織が良くならないと思っているのですが、それがレッテルなんですよね。


 おっしゃる通りです。

 そして、今回は詳しく触れませんでしたが、最終的には「自分自身のレッテル」を剥がすこと、これが禊(みそ)ぎであり、新生であり、毎朝の神想観で日々新たに生まれる生長の家の信仰生活なのだと思います。

投稿: 久都間 繁 | 2009年10月 2日 (金) 11時42分

今の私がその通りです。

①「ああ、いつの間にかレッテルを貼っている!」と気がつき、よいしょっと、はがしたはずなのに、

②翌日(数時間後?)には、上塗りしようと懸命になっています

③で「あら、又やってる。」

と、気がつくのですが、相手の行動の表面にとらわれて、はがしたはずのレッテルを三重四重に重ねて、せっせと張り直ししているんです。

④「あらら、一体何やってるのかいな」

と自分につっこみ・・・

⑤現象を変えることにあせっている私でなく、ただただ、神の子の私と神の子の彼女がいて、どこにも悪い人も悪いこともない私とあなたがいて。ありがたいなあ・・・。という気持ちになったかと思うと・・・・

①に逆戻りしている自分に気づいて

というような日々でした。

>レッテルを貼っていた相手が、大慈大悲の観世音菩薩として大光明を放っていた

こうやって、はっきりと宣言して頂いたら、何かがぽろぽろっととれて、ああ、素晴らしいなあぁ~と、とっても嬉しいです。

力を頂き、ありがとうございます。

>「自分自身のレッテル」

私が私に貼っているレッテルと、彼女に貼っているレッテルはきっと同じなのですよね。

私は、彼女を通して、そんなレッテルはいらないんだよ、と教えて頂いているのだと思います。


投稿: うっち~まま | 2009年10月 4日 (日) 23時47分

 うっちー様、コメントをありがとう。

 うっちーさんだけではなく、実は私も①~⑤をぐるぐる回っている毎日です(^^;

でも、そのことを自覚してさえいれば、決して八方ふさがりになることなく、無限生長の道を歩むことができるのです。


>>私が私に貼っているレッテルと、彼女に貼っているレッテルはきっと同じなのですよね。


 そうですね。

 レッテルというのは、尽十方無碍光如来の大慈悲が、私たちを救うために現れた観世音菩薩であり、住吉の大神そのものなのです。

 レッテルは、私たちへの「神からのメッセージ」なのですから、決して忌み嫌うべきものではないのです。
 むしろレッテルが「住吉の大神」そのものである実相を観て祝福し、無条件に感謝してよろこぶことで、背後なるもの(天照大御神)が顕れるのです。

 そのこと(レッテルは即ち神の光りであり、背後には善一元の世界があること)が分かったとき、罪と病と死との三暗黒が消えてゆくのです。

投稿: 久都間 繁 | 2009年10月 5日 (月) 12時58分

先生ありがとうございます
聖使命11月号をみました
数多くの著名な方々に混じって先生のblogが宣伝されております。
特に『ほったらかし農園』が話題ですか。
これからもよろしくお願い申しあげます。アクセス数急増間違いなし!。

投稿: なおちやん | 2009年10月 5日 (月) 20時23分

久都間様

 聖使命新聞でIT講師として紹介されてましたね。とてもおめでたい事だと思います。実相独在の本当の真理を自分の言葉で述べる講師の方の文章が生長の家でオーソライズされるという事ですからね。

投稿: 堀 浩二 | 2009年10月 6日 (火) 09時46分

なおちゃん、コメントをありがとう。

「ほったらかし農園」の話題は、いわば隠れ蓑のようなものです。

投稿: 久都間 繁 | 2009年10月 6日 (火) 09時47分

堀さん、ありがとうございます。

>>実相独在の本当の真理を自分の言葉で述べる講師の方の文章が生長の家でオーソライズされるという事ですからね。


実相独在の真理は、いわば抜き身の刀のようなところがありますよね。

このような(一見あぶなそうな)ブログが、誤解を受けることなく正式に認められたということは、時代が大きく変わってきているのだと思います。

堀さんは、いわばその魁(さきがけ)のようなものですよ。私が自由に唯神実相のみ教えを表現する勇気が持てたのも、貴方が、ブログで地平を切り開いてくださったおかげです。

折をみて、ぜひ堀さんもIT講師を申請してください。

投稿: 久都間 繁 | 2009年10月 6日 (火) 12時58分

ありがとうございます。先生お元気ですか。

聖使命新聞にインターネット講師として先生がお写真とともに紹介されていました。

また教えて欲しいことがあります。これはみんなの参考になることです。

純子先生は何かの講話か文章で「こうすれば今の経済不況は解決します。」と断定されました。で、その文章を探しています。

見つからなくて函館の先生に訊いて少しおしていただきました。

経済不況の原因は今までの大量消費型の考えが悪い、石油などの化石燃料を使ってきたのがそもそもの原因(今の経済不況の原因)で、一つは唯物論の考えから来ている。

ニュースでは悪いことばかり報道しているけど、自然エネルギー利用型の社会にすれば、今の仕事がなくて困っている多くの人達に仕事がみつかる、ちょっと足りないかもしれませんが、今の経済不況、失業者いっぱいの世の中を解決する道はこれでいいのでしょうか。足りない所をどうぞ教えてください。

雅宣先生は「給料をもらうばかりが仕事じゃない」とおっしゃったそうです。でもニュースで結婚して赤ちゃんがひとりいる家庭で奥さんは専業主婦、だんなさんは建設作業員、月35万で暮らしていたのですが、今の不況のせいで給料が20万に下がり、これでは生活していけず、奥さんも働こうとしているけど、保育所が少ない、などと報道されていました。

 雅宣先生は「単に政治の政策を変えるだけでみんな幸福になるとは思わない」とおっしゃっています。日時計主義の実践と唯神実相論を広めることがいまの経済不況を解決する未知だと習いましたが。足りない所があればみんなの参考にもなると思うので。「こうすれば景気がよくなる」「こうすれば失業者がみんな仕事がみつかる」ご存知でしたら。教えて下さい。(≧∇≦)

投稿: 奥田 健介 | 2009年10月 6日 (火) 13時47分

 奥田さん。あなたが「足りない」と思われていることは何でしょうか。

その「足りない」ところがハッキリ解れば、私でもなにかお答えできるかもしれません。

投稿: 久都間 繁 | 2009年10月 6日 (火) 14時46分

先生ありがとうございます
これは『堀』さんの所でも書いた事なので重複しますが敢えて質問しますね
私はいま凄く危機を感じています。シルバーシート(優先席)は本来、携帯電話の電源を切って置くべき場所なのに(優先席付近【シルバーシートとは言わない】での携帯電話の電源はお切りになりそれ以外の場所ではマナーモードに設定のうえ車内での通話はご遠慮くださいと放送)、平気で電源を入れてメールやゲームをしている光景を目につきます。もし心臓ペースメーカーの方がシルバーシートに座っていて周囲の人が携帯電話の電源を切る事なく、そのままにしていて、マナーモードで着信されていたら、心臓ペースメーカーは誤作動を起こし、人工心臓は停止して、装着している方は最悪の場合、死に至ってしまいますね。そうなった場合、その携帯電話の持ち主は殺人行為をしてしまいます。その場合、過失にしろ故意にしろ許される行為なのでしょうか。『堀さん』は私が身体障害者である事を否定されております。現象世界では存在するものを肯定し且つ否定されて、回答を避けました。判る範囲で宜しいですので教えてください。(まあ、今の若者には道徳なんてないから)

投稿: なおちやん | 2009年10月 7日 (水) 00時55分

久都間様

 すいません。本日の私のブログで久都間さんのブログの事を勝手に取り上げさせて頂き、リンクも張らせて頂きました。事後報告になりますが宜しくお願い致します。

投稿: 堀 浩二 | 2009年10月 7日 (水) 12時22分

 なおちゃん。堀さんは貴方のことを思えばこそ、「身体障害者である事を否定」されたのだと思います。
 コトバの力や、心の法則については、なおちゃんもよくご存じですよね。

>>その携帯電話の持ち主は殺人行為をしてしまいます。その場合、過失にしろ故意にしろ許される行為なのでしょうか。

 刑法についての質問ならば、その方面のブログに当たってください。

 でもなおちゃんは宗教的な見解を求めてのお尋ねだと思いますので、ヒントだけお伝えします。

 禅宗、無門関の第2則「百丈野狐」に「不昧因果」というコトバが出てきます。
 谷口雅春先生が、ご著書『無門関解釈』で、これについて詳しく解説されていますので、もし本当の答えが知りたいのなら、ぜひこれを紐解いてください。

投稿: 久都間 繁 | 2009年10月 7日 (水) 14時48分

堀さん。ご紹介いただき、ありがとうございます。

投稿: 久都間 繁 | 2009年10月 7日 (水) 14時50分

先生ご教示いただきありがとうございます
早速、ひもとき勉強させていただきます。

投稿: なおちやん | 2009年10月 7日 (水) 15時57分

ahikabi様もぐるぐる回っていらっしゃるというお言葉で、ものすごく心が軽くなりました!

そして、それを自覚していればよいというお言葉も・・・・・。

悪はないと、聞きながら、レッテルはなんとなく悪者のようにイメージしていた私がおりましたので、(忌み嫌っていたのですね・・・・(^^;))


>レッテルというのは、尽十方無碍光如来の大慈悲が、私たちを救うために現れた観世音菩薩であり、住吉の大神そのものなのです。

>無条件に感謝してよろこぶことで、背後なるもの(天照大御神)が顕れるのです。

うまく言えませんが、嬉しいです。
生長の家の教えは、すごいです。深いです。

真っ黒、とまでは思っていなくても、グレーのイメージ、少し嫌な印象だった「それ」がみるみる光り輝いていくのが(本当は光り輝いていたのですが)とても嬉しいです。

ありがとうございますshine

投稿: うっち~まま | 2009年10月 8日 (木) 18時54分

うっち~様、うれしいコメントをありがとうございます。

>>ahikabi様もぐるぐる回っていらっしゃるというお言葉で、ものすごく心が軽くなりました!


 毎日ぐるぐる回っていますが、そのたびに新たな発見があり、いろいろなことを教えていただけるので、信仰生活は毎日新生しているようなものですよね。


>>真っ黒、とまでは思っていなくても、グレーのイメージ、少し嫌な印象だった「それ」がみるみる光り輝いていくのが(本当は光り輝いていたのですが)とても嬉しいです。


 それは「見真」ということかもしれませんね。

 日々「見真」(実相を発見!)して、人生を光明化し、それを家族や地域や周りの人たちに及ぼす、私たちの人類光明化運動は本当に素晴らしい運動だと思います。

投稿: 久都間 繁 | 2009年10月 9日 (金) 13時17分

ずっとバタバタしていて遊びに来れず、久し振りにゆっくり拝見させていただきました。
どの記事も素晴らしいのですが、この「レッテル」について・・・鳥肌がたちました。
>>「天地のすべてのものに感謝する」とは、天地一切のものからレッテルを剥ぎ取った実相(ほんとうのすがた)と出合うことにほかならないのである。。。思わず膝を打ちました。

実は今まで
>>「花、花に非ず、これを花という」
「物質、物質に非ず、これを物質という」・・・という言葉が、分かったような分からないような・・・という捉え方だったのですが、この御文章で(うまく表現できなくてもどかしいのですが)掴めた気がします。

また、うっち〜さんへのコメントの
>>レッテルというのは、尽十方無碍光如来の大慈悲が、私たちを救うために現れた観世音菩薩であり、住吉の大神そのものなのです。。。。で、目の前が明るくなった気がいたしました。

嬉しくてテンションが上がっています、気持ちがうまく伝えられないのがもどかしいです。ありがとうございます。

投稿: シコク嫁 | 2009年10月12日 (月) 18時10分

シコクさん、またまた嬉しいコメントをありがとうございます。


>>実は今まで
>>「花、花に非ず、これを花という」
「物質、物質に非ず、これを物質という」・・・という言葉が、分かったような分からないような・・・という捉え方だったのですが、この御文章で(うまく表現できなくてもどかしいのですが)掴めた気がします。


お役に立てたようで、とてもうれしいです。

近々「レッテルについて」の続編もアップさせていただきますね。

投稿: 久都間 繁 | 2009年10月13日 (火) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/46315580

この記事へのトラックバック一覧です: 「レッテル」について:

« 「ほったらかし農園」ゴーヤ爆発! | トップページ | 神様からの授かりもの »