« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月15日 (火)

観世音菩薩の大慈悲について

「罪は無い」とは、生長の家の重要な教えのひとつであり、これは「現象無し」「実相独在」の真理によって開かれた救いの世界である。

 

「罪は無い」とは、「罪を消して」から人間は救われる、ということではない。
「罪あり」と見る世界そのものが「無い!」ということである。それが「現象無し」「実相独在」ということである。

 

『真理の吟唱』には、私たちを取り巻くすべてのものは、観世音菩薩の妙智力が示現し給う、大慈悲の説法であると説かれている。

 

 天地いっぱいに満ちている「現象」は、つまり天地いっぱいの「観世音菩薩」にほかならないのである。

 

 それは、天地いっぱいに、「仏の大慈悲」が満ちているということである。

 

 罪の意識に責められていた過去も、それは観世音菩薩の宇宙浄化のまっただ中にいたのであり、「罪(包み)」自体が観世音菩薩となって、一切の罪、穢(けが)れを自ら祓い浄めていたのである。

 

 観世音菩薩は尽十方無碍光如来の大慈悲の顕現であるとともに、「罪」の一切を「無碍光如来」へと転ずる働きが、即ち「観自在の原理」であり、「宇宙浄化の働き」だったのである。

 

「罪(包み)」を紐解いてみれば、それは私たちを龍宮城へと運ぶ浦島太郎の玉手箱となり、サンタクロース(神)からの大光明のギフトともなるのである。

 

「罪(包み)」を開けば、今ここに天国極楽浄土が湧出する、それが「救われる」ということであり、「玉手箱」の中味なのである。

 

 観世音菩薩は天地一切に満ち給うのであり、罪(包み)と見えていたものは「仏の大慈悲」そのものであり、尽十方無碍光如来の放つ大光明だったのである。その「光り」は、今ここに、「あなた」となって顕現しているのである。

 

 久都間 繁

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2009年12月 2日 (水)

「霊界についての質問」に答えて

 読者のKさんという女性の方から、近況報告とともに「霊界についての質問」をメールで頂きました。同じような信仰上の問題を抱えている方の参考になるかもしれませんので、いただいた質問と、私の回答を公開します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【霊界についての質問】
 これからが本題です。霊界についての質問です。ご多用なことは十分存じておりますので、急いでおりませんから、いつかお返事頂ければ幸いです。
(質問:霊界)
 霊界に移って目が覚めて、「自分は病気だった」ことを思い出すと、亡くなる前の病状が霊体に現れ、苦しいので、自分の家族や親しい人を呼ぶ、と学んでおりますが、霊界にも医者がいるのに(ベティ・シャインの『スピリチュアル・ヒーリング』)どうして医者を訪問せずに苦しむのでしょうか?この世では一般に病気になるとすぐ医者に行きますよね。この世の習慣が残っていれば、すぐ「医者に行こう」と考え付くと思うのですが。また霊界ではご先祖様が、亡くなる子孫を「霊界への出産」として待ち受けて下さっているのに、どうしてご先祖様が「霊界に出産した子孫」をすぐ(約50日間以後に)助ける力がないのでしょうか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【質問への回答】

 

「現象」は本来無いのであり、病気は「心の影」である、ということは、信仰歴の長い貴方はよくご存じのことと思います。
 また、医者は治療の手助けはしても、医者が病気を治すのでないことは、現界も霊界も変わりありません。

 

 さらに言えば、人間は神の子で円満完全であり、未だかつて病気に罹ったことはことは無い! それが「唯神実相」の教えに照らした回答となります。「自性円満の自覚」が、「神癒」となって現れるのです。

 

 また、貴方のお考えの中にある「亡くなる前の病状が霊体に現れる」「霊界の医者が直す」「ご先祖様や神さまが助ける」というのは、差別心(現象)から観て分かりやすく方便的に説かれた霊界の消息です。

 

 実相(絶対心・平等心)から観れば、はじめから完全なる神の子と、神の創り給うた円満なる世界のみが実在しているのです。

 

 完全円満なる神には、これ以上付け足さなければならないものなど、一つもないのです。

 

 霊界に移行した親族のみならず、身近な家族を「苦悩」から解放する道は、み教えに触れた子孫なり縁者なりが、完全円満なる神の子の実相を説いた聖経・聖典などを拝読して(諸霊には仏前や神前で読誦)、「自性円満」の神の子の喜びを自覚して日々よろこんで生活していれば、現象の不完全を見て生じた彼らの病念が消え、現界・霊界とを問わず実相さながらの調和した世界が現れるのです。

 

 さらに言えば、彼らがみ教えに直接触れることがなくても、私たちが「実相」を観て歓喜の生活を送っているだけで、「三界唯心所現」の法則によって周りが救われるのです。つまり「一人」が生長の家に触れて救われるだけで、実相浄土の扉を開くことができるのです。仏教で、「一人出家すれば九族天に生まる」とはこのことです。

 

 現象がある、病気がある、霊界でも医者が病気を治す、と見るのは、「心の法則」に照らしてみれば、「神も人間も不完全である」ことを前提として見ていることになりますから、その通りに現象は展開するのです。でもそれは、「唯神実相」を信じているのではなく、「現象」を信じているのであって、信じた通りの世界が忠実に現れているだけのことなのです。これでは、生長の家からほど遠い信仰となるのはご理解いただけることでしょう。

 

 繰り返しますが、生長の家は、「神の創り給うた世界は円満完全である」(唯神実相)、「現象は心の影である」(三界唯心)、「罪なし、病なし、迷いなし」(現象は無い!)という教えであり、この信仰に至れば、人生に(六道輪廻のどこにいても)行き詰まりが無くなるのです。

 

 せっかく生長の家の教えに触れても、「心の影」にすぎない現象を、神さまと同等かそれ以上に信じていたのでは、その信仰から生まれる果実は推して知るべしです。

 

「実相」と「現象」とが混在したようなどっちつかずの信仰を卒業して、無限愛なる神のみ懐に飛び込み、光明一元・善一元の実相を信じる大安心の信仰生活にお入りください。

 

 これは私の生長の家の恩師から教えていただいたことですが、「実相」と「現象」を二つに切っていたのでは、どっちつかずの信仰から抜け出すことはできません。「実相独在」と一つに切る! そこに実相世界さながらの天国極楽浄土が開けてくるのです。

 

 久都間 繁

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »