« 「ほったらかし農園」冬の土づくり | トップページ | 「法施」と「物施」―読者からの質問に答えて »

2010年1月29日 (金)

長女の一言 ――スキー復活宣言!

先週のこと、2泊3日で中学校のスキー教室に行って、このスポーツの面白さに目覚めた二女(中1)から、「スキーに連れて行って!」と強くせがまれた。

 

しぶしぶ家族を連れて行った山梨県のスキー場。

 

「20年以上やってないから、お父さんは見ているからね」

 

と皆に告げて、ゆっくり本でも読もうと思っていた矢先、間髪入れず返ってきたのが、長女(高1)からの次の一言だ。

 

「お父さん、いま何歳だと思っているの、49歳にもなってそんなこと言っていたら、一生やる機会なくなるよ!」

 

「――――(^^;」

 

ひさしぶりに、おじさんのココロにガツ~~ん! と響いてきた。

 

「よお~し! オヤジの底力見せてやるぞぉ」

 

と、遂に、スキーのセットを娘たちと一緒にレンタルしてしまった。
考えてみれば、スキーの板など履くのは本当に20数年、もしかしたら30年ぶりのことだ。

 

「ええい、ままよ」と、ゲレンデへと飛び出した!

 

恐る恐るリフトに乗り、5分ほど景色をながめていると小高い丘に到着した。が、先ず地面に着地できるかどうかが大変な難題だった。

 

なんとかクリアして、丘に立って眺めると、まっ白な急斜面が眼下に広がり、気が遠くなるようにロッジが、はるか下の方に小さく霞んで見える。
スノーボーダーたちが、すごい勢いで次々と滑降していく。

 

後から、長女と二女も到着した。

 

「とうとう、来てしまったなあ・・・・」

 

まっすぐに滑ったらたいへんなことになるので、こわごわと横に滑り出してはみたが、要領を得ないままいきなり転んで、袖から首から雪まみれになった。
先が思い遣られた。

 

娘たちはと見ると、二女はさすがに、学校のスキー教室で鍛えたばかりで、ボーゲンの姿勢がバッチリ決まっている。

 

そうだ、初心者はボーゲンだ! と、思い出すままに真似て滑りはじめた。

 

が、下に着くまでに、いったい何度転んだことだろう。ふと気が付けば、緊張感と力みすぎと転倒した痛さとで、汗びっしょりになっていた。

 

二女は、とうにリフトに乗ってもう姿が見えない。くだんの長女は私よりも往生して、まだ中腹あたりで転んでいる(^^; そういえば彼女も、実践するのは中学校のスキー教室以来だ。

 

2回目のリフト。知らず知らずのうちに、滑降する人たちの様子をずっと観察していた。するとコツのようなものが観えたような気がして、リフトを下りてそっと実践してみた。

 

①自然体②流れのままに③無理しない、そんなたわいもないことを心がけながらゆっくり滑っていると、ずっと以前の遙かな記憶が、次第に体に蘇ってきた。

 

そして不思議なことに、気が付けば一度も転ばず下まで滑り終えていた。

 

以来、リフトから降りるたびにスムーズに滑れるようになっていた。いったい、身体のどこにそんな記憶が眠っているのか不思議だった。

 

私がスキーを熱心にやったのは10代後半のころ、従姉のご主人のお誘いで、雪の降らない静岡から、毎年のように長野まで、友人知人でマイクロバスを1台チャーターして遠征していたのだが、当時は人工スキー場も、スノーボードも無く、古い時代のスキー板なので背丈以上の長さがあり、とても重かった。それに比べて今の道具の扱いやすさは、隔世の感があった。

 

――それから、娘たちと日が暮れるまで(私のヒザがガクガクになるまで(^^;) 滑っりまくった。

 

子供用のソリのコーナーで遊んでいた小学生の弟たちは、「もうこんな幼稚なことやってられるかい!」とばかりに、自分たちもスキーをやらせてくれ! と主張してゲレンデに飛び出して来た。
しかし、日も暮れてきたし(お父さんの足も、もうぱんぱんなので)、次回のお楽しみということになった。

 

久しぶりのスキーだった。

 

雪と自然にふれて、私の中にあったスキー熱が数十年ぶりによみがえって来るのと同時に、眠っていた十代のころの好奇心や冒険心や遣り残したいろんなものまでが、一緒にめざめてきたようだ。

 

これからスキーを本格的に始めてみようと思っている。

 

あの長女の一言がなかったら、そんな私の内なる世界も、そのまま眠っていたことだろう。

|
|

« 「ほったらかし農園」冬の土づくり | トップページ | 「法施」と「物施」―読者からの質問に答えて »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

ESSAY」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。
 楽しそうな情景が目に浮かびました。
 長女さんの一言、「素晴らしい!」です。そう言われたら、やってしまいますね。私も実は家内から、「次に日本に行く機会があったらスキーをしたい」と言われているのですが、「スキー場に行くのはいいよ。でも俺は温泉に浸かって本を読んでいるから」と答えていましたが、これを読んで、スキーをしようかな? と思ったりしました。

 私はスキーはそんなに回数はしたことはないですが、力まなければある程度できる気がしましたのですが、もう20年近くやっていないので、次やるときには気をつけてやってみます。いつになるかは分かりませんが。

-TA

投稿: TA | 2010年1月31日 (日) 16時54分

 久都間さん、スキー本格的にお始めになるとの事、頑張って下さい。私はスキーは大学時代に始めて、その後、社会人になり、結婚して子供が小学生位までは毎年、冬になるとやってました。その為に車は四駆のワゴンを買いましたし、けっこうその気でした。でも、スキーが心底楽しいと感じたのは榎本先生に心を解放して頂いた後で、スキーに行く前に新しく買った板を手にして「楽しい、楽しい」と独り言を言ったのを良く憶えてます。

 私のレベルはボーゲンとパラレルの中間位だと思います。でも、現在はすっかりやる気が失せて、ここ7、8年行ってません。スキー場は寒いと言う印象が強くて、行く気になれないのです。歳なんでしょうかね?

投稿: 堀 浩二 | 2010年2月 1日 (月) 09時28分

>>これを読んで、スキーをしようかな? と思ったりしました。


TAさま、コメントをありがとう。
そうですか、帰国された折に、ぜひ奥様とお子さまとご一緒にスキーをされたらいいですよ。

また、スキー場の近くに行けば、たいてい佳い温泉が湧いているので両方楽しめますよ(^^;

投稿: 久都間 繁 | 2010年2月 1日 (月) 17時23分

堀さん、もう板も買って、自家用車の上にスキー用のキャリアまで自分で取り付けて、昨日は早朝から家族で八ヶ岳まで行ってきました(^^;

実はスキーなんてやる気はさらさら無かったのですが、長女の一言がきっかけとなり、実際にやってみたら、このようなスポーツが(とっても(^^;)好きだったことに気が付いたというか、思い出した! といった次第です。

いつのまにか、自分で内なる世界を抑圧していたのでしょうね。
活動、仕事、経済のことなど、現象面から見ていろいろな制約を自分で設けて、それを守ることが尊いことであるように思いこんでいたのかもしれません。本当は全てがゆるされているのにね。

投稿: 久都間 繁 | 2010年2月 1日 (月) 17時31分

>昨日は早朝から家族で八ヶ岳まで行ってきました(^^;

 やはりね。将来本部が八ヶ岳に移ったら、スキーは思う存分出来ますね。雅宣先生のブログにもコメントさせて頂いたのですが、あの辺りは父の別荘が近いので僕も良く行きました。スキーは野辺山スキー場に良く行きました。

投稿: 堀 浩二 | 2010年2月 1日 (月) 17時38分

お父様の別荘があったのですか。それでは、あの辺りは堀さんにとって馴染み深い土地ですね。
実は私も4年ほど前から、毎年年末になると家族で清里に行っていました。わが家の場合は、地元市などで運営している自然休暇村やペンションですが、1月に入って「聖使命」新聞の編集中に、「大泉町に“森のオフィス”が決まった」との情報を得て、とても驚いた次第です。
というのは、「森から情報を発信するなら、歴史といい、風土といい、この八ヶ岳から発進するのは最適だな」なんてことを勝手に考えていたので、生長の家組織や総裁先生の英断に「さすが、さすが!」と感服しているところです。

投稿: 久都間 繁 | 2010年2月 1日 (月) 18時15分

久都間様

>実は私も4年ほど前から、毎年年末になると家族で清里に行っていました。

 えー!そうなんですか。清里は僕も大部行きました。清泉寮は特に。あそこのレストランは最高においしいですね。僕はああいうレストランが大好きです。

>森から情報を発信するなら、歴史といい、風土といい、この八ヶ岳から発進するのは最適だな」なんてことを勝手に考えていたので、

 さすがですね。やはり、久都間さんは神様とつながっているのですね。

投稿: 堀 浩二 | 2010年2月 2日 (火) 09時53分

>>清泉寮は特に。あそこのレストランは最高においしいですね。僕はああいうレストランが大好きです。

あそこの雰囲気はいいですね。
特にカレーライスが美味しいですね。わが家の子供たちが通っている地元の塾の先生夫妻は、青梅から日帰りで清泉寮のカレーを食べに行くほどのファンです。

それはともかくとして、清泉寮とキープ協会は、環境活動といい、エコツーリズムへの取り組みといい、現在の清里のシンボルのような場所になっていますね。

投稿: 久都間 繁 | 2010年2月 2日 (火) 10時18分

久都間先生
ご無沙汰しております
『なおちやん』です。
先生、人間神の子、無限力とは言いますがスキーをした後、筋肉痛になってしまったと思います。この度は誠にご愁傷様でございます。ご子女さまの一言がなければ、良かったのにと思う『なおちやん』です。でも国際本部が八ヶ岳に移転するとなれば通勤手段はスキーになるかもしれませんね。もっとも総裁先生も冬場だけはスキーにて通勤になるかも。(笑)
でも昨日の朝は大変でした。青梅線は始発電車から運休のうきめでしたから、せっかくE233系電車に(新型電車)に置き換わっても駄目ですね(雪に強いと言うふれこみの電車)
青梅線は保線をなんとかしないとそのうち取り返しがつかない事が発生すると予測します。それにしてもお疲れさまでした。
ありがとうございます
敬具 byなおちやん

投稿: なおちやん | 2010年2月 3日 (水) 17時57分

なおちゃん。いやはや、いろんなことがお見通しですね。

昨日の雪で、バスまで満員となり、初めて乗車を拒否されたので仕方なく駅まで歩いて行きました。
意外なことにとても快適だったので、今朝から駅まで歩いて通うことにしました。
もちろん、スキー上達のための脚力強化も目論んでいますよ(^^;

投稿: 久都間 繁 | 2010年2月 3日 (水) 18時55分

久都間先生
筋肉強化もほどほどになさってください。(『ほら、いわんこちゃない』と言われないために)
国際本部が八ヶ岳に移転したら青梅から通うのですか。だったら大変だ〜。小淵沢からの小海線は6:08,7:48の後は9:57でその後も11:20だからほぼ2時間間隔。国際本部に毎日遅刻のうきめですね。でも小淵沢までは最悪でも、立川7:54のあずさ3号で9:36に到着しますね。あっ、でも通勤交通費は特急券は出ませんね。だから定期券だと普通列車ばかりになりますが、本線最寄りの立川でも6:46始発で小淵沢到着が9:43(甲府到着8:38乗り継ぎ8:53始発)だから、その前の列車は、高尾6:42発で小淵沢到着が9:01ですね。(これに乗るには立川6:08発)しかし本部職員もこればかりは大変だ〜。お疲れさまです。ご愁傷様でしょう。がんばってください。

投稿: なおちやん | 2010年2月 6日 (土) 23時26分

久都間先生
筋肉強化もほどほどになさってください。(『ほら、いわんこちゃない』と言われないために)
国際本部が八ヶ岳に移転したら青梅から通うのですか。だったら大変だ〜。小淵沢からの小海線は6:08,7:48の後は9:57でその後も11:20だから本部に毎日遅刻のうきめですね。でも小淵沢までは最悪でも、立川7:54のあずさ3号で9:36に到着しますね。あっでも特急だから定期券で普通列車ばかりだと立川6:46発でも小淵沢到着が9:43(甲府乗り換え)だから、その前の列車は、高尾6:42発で小淵沢到着が9:01ですね。しかし本部職員もこればかりは大変だ〜。お疲れさまです。

投稿: なおちやん | 2010年2月 6日 (土) 23時32分

なおちゃん。森までの時刻表まで調べてくださりありがとうございます(^^;

>>国際本部が八ヶ岳に移転したら青梅から通うのですか。

「森のオフィス」では、いろいろなことを実験したり、地元の人たちとの交流も深めたいので現地に住む予定です(スキーも、封印していた山登りもできるからね)

投稿: 久都間 繁 | 2010年2月 7日 (日) 10時51分

ひさびさに来てみたら〜なんと楽しそうなスキーの風景でしょう!長女さん、素晴らしいですね〜〜〜。
久々に好奇心や冒険心が目覚めてきて良かったですね、 久都間さま。

そして楽しそうなコメントが繰り広げられて、読ませていただいてニコニコになりました。
ワタクシは南国育ちなのでスキーはしたことがありません。子どもたちは修学旅行で体験してきてます〜今の子どもは良かなぁ。
足腰が達者なうちに一度、滑ってみたいものです。

投稿: シコク嫁 | 2010年2月 9日 (火) 19時55分

シコク嫁さま。お越し下さりありがとう!
ただいま編集部では、新機関誌『生長の家』誌の編集が、いよいよ大詰めを迎えています。(今も仕事してます(^^;)信仰、家庭、地域、環境、そんなキーワードで、普及誌とはまたひと味もふた味もちがった、会員誌ならではの奥行きのある内容になりましたよ。

間もなく私たちの手を放れ、印刷製本されて、来月初めには天草にも届けられることでしょう。

>>足腰が達者なうちに一度、滑ってみたいものです。

スキーはちょっと覚悟がいりますが、ソリはとても楽しいですよ。私もスキーを再開するまで、子供たちと一緒にソリ用のゲレンデで遊んでいましたから(^^;

投稿: 久都間 繁 | 2010年2月 9日 (火) 22時23分

新しい機関誌!楽しみです。
作ってくださった編集部の皆さまの御苦労(と言ってはイカンとだろうけど)と愛を感じながら拝見させていただきますね。

ソリ・・・心、惹かれます。heart01

投稿: シコク嫁 | 2010年2月10日 (水) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/47421641

この記事へのトラックバック一覧です: 長女の一言 ――スキー復活宣言!:

« 「ほったらかし農園」冬の土づくり | トップページ | 「法施」と「物施」―読者からの質問に答えて »