« 「長女の一言」②ボーゲンからパラレルへ | トップページ | 「森への公案」わが家では―― »

2010年2月27日 (土)

「あや絵――川崎是空の世界」を観る

 生長の家芸術家連盟の運営委員で染織家、しかも生長の家地方講師でもある川崎是空先生(88)の作品展「あや絵――川崎是空の世界」に、生芸連のメンバーと一緒に行って来た。

 

 秋葉原から、筑波エクスプレスに乗車して守谷駅で下車、その後「猿島(さしま)」行きのバスにゆられて約1時間ほどすると、「さしま郷土館ミューズ」(板東市)のある、終点の「猿島」バスターミナルに到着。

 

 出迎えてくれた川崎先生の案内で館内に入ると、そこには「祈りの結晶」のような、約60点の作品が展示されていた。

 

 仏画、天人・天女、ケルン大聖堂、牧場、鳥、どの作品を見ても、川崎先生が観ている「仏の世界」が極印されているようで、なぜ、これほどの芸術が、世に広く知られていないのかが不思議に思えてきた。

 

「あや絵」は、川崎先生の独自の創作によるもので、金糸・銀糸・絹糸によって織られた生地を、絵柄に合わせて裁断した後に丹念に貼り合わせて作品に仕上げたものである。生地を貼る角度に緻密な工夫があり、見る者の視点が移動することで、光線が織り目に反射して、作品の表情が千変万化するところがおもしろい。

 

 作品の制作は、下絵を含めて3カ月から半年、長期のもので約1年の歳月をかけて作られるそうである。

 

 川崎先生に、「あや絵」を始めた切っ掛けを聞くと、興味深いことをお話ししてくださった。

 

 それは今から30年ほど前の60歳のころ、染織家たちが着物の普及に捧げてきた尽力を踏みにじって、「キモノはもう流行らないから」という理由で、店の側がこれまでの恩義を忘れて安価な品物だけを扱うようになり、しかも若い作家の作品を安く買い叩いて商売するようになったそうである。

 

 そんな商売の姿勢をみた川崎先生は、「もうこの仕事を辞めようと思う」と家族に伝えたそうだ。奥様は、「分かりました、そのようにさせていただきましょう」とお応えになり、以来今日まで、売れる見込みのまったくない「あや絵」という独自の世界を拓き、その制作一筋に歩んできたそうである。

 

 奥様は、「作品を制作する条件さえ整えてあげれば、あとは手のかからない人ですから――」と笑顔で語っておられたが、それはそれでご苦労も多かったことであろう。

 

 川崎先生は、「やっぱり信仰が第一です。こんな道楽が続けられるのも、生長の家の無限供給のおかげ。なんとか食べていけたのも、いろいろな人が、こんなワシを引き上げてくださったから」と語っている。

 

 展覧会に足を運んだことで、川崎先生の創作の原点が、ハッキリと確認できた思いがした。

 

 私を含め、小杉繁良画伯(生芸連委員長)はじめ同行した面々は、川崎先生の精力的な創作活動に一様に驚いていたが、それは彼の深い「祈り」が、「あや絵」となって花開いていたのである。

 

 私はしっかり心の眼に、彼の作品を焼き付けてきた。しかし何度も訪れたくなるような衝動に、今も駆られている。実際に何遍も足を運ぶ人たちがいるそうだ。それはきっと、作品を観ることが、即ち川崎先生の純粋な祈りの世界にふれることになるからだろう。それほど崇く、深く、そして清らかで美しいのである。

 

 日本の着物の染色という伝統的技法が、「あや絵」という独自の世界となって実を結んだ。そんな作品が一堂に会することによって、川崎是空という芸術家の魂の全容が観えてくる。

 

「あや絵」という性質上、写真を介してでは決してその美を再現できないところが、作品の知名度を低くしている理由なのかもしれない。

 

会期は3月7日まで。もうこんな機会はないかもしれない。川崎先生は、奥様とともに毎日会場にお顔を出しておられる。

 

 久都間 繁

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会 場:「さしま郷土館ミューズ」(茨城県板東市)
入場料:無料
詳細は〈http://www.city.bando.lg.jp/facilities/culture/muse/〉

|
|

« 「長女の一言」②ボーゲンからパラレルへ | トップページ | 「森への公案」わが家では―― »

文化・芸術」カテゴリの記事

ESSAY」カテゴリの記事

コメント

久都間先生
ご無沙汰しています
なおちやんです
『あや絵』興味が沸き上がりました。
普段は何処に行けば観覧できますか。実は私の父の郷里が(たぶん其処から一時間程度の場所)栃木県の益子町(益子焼で有名ですが)なので一応土地感はありますが、
なにぶんにも時間が読めない。
バスの一時間あたりの本数が不明。
バスの運賃が不明である。
以上の事から守谷経由の坂東市猿島に行けないです。
何処か都内または政令市で観覧出来る場所がありましたらご教示下さる様お願い申しあげます。(できれば川崎先生のがあれば良いのですが)

投稿: なおちやん | 2010年3月 2日 (火) 05時14分

>>何処か都内または政令市で観覧出来る場所がありましたらご教示下さる様お願い申しあげます。(できれば川崎先生のがあれば良いのですが)

「あや絵」は川崎先生の創作された世界なので、他では鑑賞できません。

 彼は「生長の家芸術家連盟」〈http://www.jp.seicho-no-ie.org/saa/index.html〉の運営委員なので、毎年10月中旬に銀座で開催している「生光展」に行けば作品を見ることができます。が、いつも一点しか出品されないので、作品が一堂に会するのは今回のような機会だけです。

筑波エクスプレスの守谷駅から、猿島へのバスの時刻表です。http://www.city.bando.lg.jp/outline/moriya5.pdf

投稿: 久都間 繁 | 2010年3月 2日 (火) 07時40分

久都間先生
ありがとうございます

守谷駅からのバス時刻表ありがとうございます。

色々見たら、なんと、東京駅八重洲南口から猿島バスターミナル行きの高速バスがあるではありませんか!私それに乗って見に行こうと思います。手帳使えば1000円でお釣りがきます(笑)ありがとうございます。

投稿: なおちやん | 2010年3月 3日 (水) 19時53分

久都間先生
なおちやんです
本日、猿島まで観覧しに行きました。行きは接続が悪くて岩井バスターミナルで一寸の間で猿島行きに乗れませんでした、関東鉄道ではなく昭和観光自動車の巡回バスは平日のみで休日は終日運休でした。それで仕方ないので岩井バスターミナルで待ちました。何もありません。(自販機ぐらいしか)路線バスは岩井バスターミナルは1415と1515のみであとはコミュニティバス1105と1300と1445とて1500しかありません。
これは『あや絵』を見に行く人には重要な情報ですので書きました。東京駅始発の高速バスでタッチの差で一時間待ち惚けです。
でも帰りの接続は良いみたいですーでは帰りにレポートし〜ま〜す。byなおちやん

投稿: なおちやん | 2010年3月 6日 (土) 10時34分

なおちゃん。本当に足を運んだのですね。
とても嬉しいです。
それではレポートを楽しみにしています。
川崎先生にもよろしくお伝え下さい。

投稿: 久都間 繁 | 2010年3月 6日 (土) 10時53分

後半のレポートを送ります
無事に猿島に到着したのは1155でした。
それから道に迷い郷土館到着は1215でした
『川崎是空』先生にご挨拶して「あや絵」を観覧しました。
全体の感想としては重厚且つ繊細で立体的にとてつもなく綺麗で特に佛画は吸い込まれそうになりました。そしてとても織物でこんなに表現できるのには職人芸術でしか無いと思いましました。しかしこの郷土館、喫茶店の類が無いので、時間を潰すのには苦労しました。田舎なのでバスの時間が(本数が少ない)1455まで無いのでホント、ソファーでお昼寝タイムになりました。(雨が土砂降りでしたが。それと、川崎先生には挨拶の時にモバイルで久都間先生のブログを見せました。)
帰りはホントに接続が良く。猿島バスターミナル1455始発の「急行守谷駅西口」に乗って1510に岩井バスターミナルに到着し、同バスターミナル1520始発常磐高速バス常総ルート「東京駅日本橋口」に乗って「浅草駅」「上野駅」を経由して1725に無事に『東京駅』に到着し1733東京駅始発の東海道線で川崎に帰りました。(ホントは新川崎に行くけど)横須賀線が新川崎で人身事故でストップじゃ仕方ないでしょう。^_^;

投稿: なおちやん | 2010年3月10日 (水) 04時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/47677214

この記事へのトラックバック一覧です: 「あや絵――川崎是空の世界」を観る:

« 「長女の一言」②ボーゲンからパラレルへ | トップページ | 「森への公案」わが家では―― »