« 「森への公案」わが家では―― | トップページ | 天地の万物とともに »

2010年3月28日 (日)

小学校卒業式でのPTA会長あいさつ

 過日、私がPTA会長を務める小学校で卒業式が行われた。

 

 事前に簡単な挨拶文を考えていたのだが、前日に顔を洗っているときに、まったく別の着想が浮かび、その日の仕事が一段落して夜中に挨拶文を書き直して、翌朝にまとめることになった。

 

 スピーチの出番が来るまでに、お話しする内容を頭に入れる予定でいたところ、いざ学校に出向いて、式にお越し下さった30人ほどの地元の名士や来賓の皆さんに、応接室で会長として次々と挨拶やお話しを交わしているうちに、講堂に入場する時間が来てしまったのである(^^;

 

 そして卒業式に参列し、来賓席に座ってみると、卒業式ならではの独特の厳粛さに、これまでなんどか座ったことのある保護者席とは違った、妙な緊張感がわいてきたのである。

 

 するとどうしたことだろう、なんど原稿に目を通しても、自分で書いた文章なのに、ぜんぜん頭に入らない!

 

 よし、こうなったら棒読みだ! と思ってはみたものの、先に発表した学校長と教育委員会の方のスピーチが、彼らの責任ある立場上、事前に用意した「式辞」を読むことに終始していたので、「一人ぐらいは型にはまらないお話しをしなければ生徒に申し訳ない(面白くない)し、それこそが自分にしか出来ないお役目だ!」との思いも、ふつふつと湧いては来るのだが、いかんせん出番の時間が迫る中での緊張感に支配されて、焦りはないのだが、なぜか気がそぞろなのである(^^;

 

 そうこうしているうちに名前が呼ばれたので、心を整えながらゆっくりと演壇に立った。

 

 唯一憶えることのできた、生徒や保護者、先生方へのあいさつの三行を、会場に目を向けながら緊張しつつお話しして、次の文章に目をむけるてみると、下書きのためA4版に印刷した小さな文字なので、こちらも目がかすんで、全然読むことができない(^^;

 

――ということが判明したとき、突然、迷いが吹っ切れてしまった!

 

 一人一人の生徒の顔を見ながら、原稿など目もくれずに、卒業生と目と目を交わしながら、魂からあふれ出るコトバのままに、気が付けば悠々とお話ししていたのである。

 

 最初から、原稿などには頼らない! と決めてかかればよかったのだが、そこは私も会長1年生、まだまだ未熟なところだらけなのだ。でも、その未熟さとの出合いが、同時に「未見の吾」との出合いでもあり、それがとても初々しくて、「まだこんな(かわいい)ところがあったのか(^^;」と、なぜか楽しいのである。

 

 だから読者の皆さんにも、それぞれの地域社会で、責任あるお役に就く機会が訪れたら、それは時節がめぐって来たのだと思ってぜひ就任されることをお勧めしたい。

 

 私たちの内に宿る無尽蔵の能力は、このような未知の環境の中に居てこそ伸びもし、人類や地域社会のお役にも立てるのである。

 

 以下は、挨拶のための下書きである。

 

 この着想をベースに、あとは会場の皆さんに引き出されるままにお話しさせていただいたのである。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 卒業生の皆さん、本日はご卒業おめでとうございます。

 

 また、保護者の皆様、お子様たちの門出となる今日の佳き節目の日を、心よりお祝い申し上げます。

 

 そして、6年間お世話くださった先生方、本当にありがとうございました。

 

 さて、皆さんは4月から中学校に入学しますが、これからいろいろな新しい出会いがあると思います。その中から、ぜひ、わくわくするような、心弾むようなことを見つけていってください。

 

 それは、待っていても、むこうからやって来る場合もありますが、やって来なければ、ぜひ自分から探しに行ってください。

 

 そして、それを見つけたら、その都度それに夢中になって打ち込んでみてください。

 

 その努力は、皆さんの将来の仕事にまっすぐにつながっていますし、皆さんの「夢」の実現につながっています。

 

 また、わくわくするようなことをやっていれば、皆さんの脳も、心も、体も、フル回転するようになります。

 

 そしていろいろな良きアイディアが、次から次へと浮かんでくるようになります。

 

 ですから、もし皆さんが自分の「夢」を前にして、私にはそんな能力がないとか、わが家では経済的に無理だ、とか、自分は頭が悪いからダメだとか、そんなことを自分で勝手に決めつけて、皆さんの大切な「夢」を見限らないでください。

 

 人生には迂回路はいくらでもありますし、

 

 皆さん自身の「夢」は、それが実現されるときを待っているのですから。

 

 だから皆さんは、自分自身の「内なる願い」に対して、どこまでも、どこどこまでも、正直であってほしいと思います。

 

 皆さんの内に在る「夢」は、それは在ればこそ出てくるのですから、ワクワクするような「夢」を描いて、これから出合う一つ一つのことに、一所懸命に取り組んでいけば、必ず道は開け、皆さんの「夢」は、いつの日か、必ず実現します。

 

 その日の来ることを、ここにいる先生方や、ご家族の皆さま方と一緒に、わくわくしながら待っていたいと思います。
 
 以上をもちまして、私のお祝いの言葉とさせていただきます。

 

 

  久都間 繁

 

 

 

|
|

« 「森への公案」わが家では―― | トップページ | 天地の万物とともに »

文化・芸術」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

 実に素晴らしいですね。これは久都間さんならではの本当に素晴らしいお言葉だと思います。こうした祝辞を受けた生徒達は本当に幸せですね。

 ところで意外だったのは久都間さんでもスピーチで緊張されるのですね。私は青年会委員長時代、女子一日見真会で当時の女子部長から講話を頼まれ、多くの女子青年の前でいい所を見せようと張り切って、テキストである「第二青年の書」を本当に徹夜で一冊全部読んで、自分としては完璧な原稿を作っていったのにある所で頭が真っ白になってしまって、一分位言葉が出なかったというそれはそれはしんどい経験があります。その一分は私に取って永遠の時間に感じられました。
 そうした失敗を重ねた後に往年のプロボクシングヘビー級チャンピオンで後に牧師になったジョージ・フォアマンがチャペルでお説教をする時に何を話すかは話す直前に何となく内側から沸き起こってきたインスピレーションで決めると言ったいたのを参考に自分もそれからは講話の時は一応原稿は作るものの実際、講話が始まったら自分の言葉で内側から導かれるままに話す事にしています。
 

投稿: 堀 浩二 | 2010年3月29日 (月) 17時12分

久都間先生
なおちやんです
挨拶の文章ですが小学生にはチト難しいと思います。例えば「内なる心」とはナンゾや
まるで生長の家的言葉遣いが多いと感じます。次回からは子供に飽きられない言葉遣いを慎重に選んでください。私が思うに、頭の良い子向けの挨拶文ですね。頭の悪い子は「何いってんの〜、訳わかんね〜、早く終わって、クソジジイ」としかみていません
ところで川崎是空先生のあや絵のポスターカードは堀さまに差し上げました。
のでご報告致します。

投稿: なおちやん | 2010年3月30日 (火) 02時34分

>>何を話すかは話す直前に何となく内側から沸き起こってきたインスピレーションで決めると

堀さん、コメントをありがとう。私も実はこのスタイルで普段はスピーチなり講話なりをしているのですが、会長としての初めての卒業式だったので、「場の空気」に慣れていなかったのですね。

でも生長の家の教えはありがたいものです。「今(久遠の今)」の中に、無尽蔵の智慧・愛・生命が在ることを神想観を通して知っていますから、いざというときにそれが湧出して来るということを、今回も体感することができました。

最初から、それで通していればいいものを、下手に人間智を働かせてしまうところが、また未熟で初々しいところでもあり、人生の(はらはらドキドキして)楽しいところでもありますね(^^;

投稿: 久都間 繁 | 2010年3月30日 (火) 10時04分

 なおちゃん。あれをそのまま読んだわけではありませんよ。

 これは大人相手の講話でもまったく同じですが、会場の皆さんと目と目を交わして、講師の祈りがコトバとなって溢れるままにお話しすることができれば、どんなに難しいコトバでも、ちゃんと伝わるものです。

 なぜかと言えば、それは「知識」を伝えているのではなく、「いのち」を伝えているからですよ!

 いちど、私の聖典講義に来てごらんなさい(^^;

投稿: 久都間 繁 | 2010年3月30日 (火) 10時14分

久都間先生
なおちやんです
聖典講義のお誘いありがとうございます。
私も幾度となく講義には行ってますが、先生のは未だかつて全然聞いておりません、今度は是非拝聴致したくスケジュールをオシメシ下さいませ、そのときは誰が『なおちやん』だかわからないように変装して参ります。

投稿: なおちやん | 2010年3月31日 (水) 02時46分

 興味があれば、どうぞお越し下さい。

本部会館行事案内

投稿: 久都間 繁 | 2010年4月 2日 (金) 10時42分

表面は難しそうな言葉でも、話してくださっている相手(大人)の目や表情、気持が伝わって、理屈でなしに、受け止めることができることがありますよね。
そのような点は、大人より子どもの方が優れているなあと思います。

私も卒業生になった気分です。内からやる気パワーがでてきました。ありがとうございます。


投稿: うっち~まま | 2010年4月 3日 (土) 23時35分

>>私も卒業生になった気分です。内からやる気パワーがでてきました。ありがとうございます。

うっち~様、嬉しいコメントをありがとうございます。
私も、もう一人の自分が卒業生になって、あの場で話を聴いているようなつもりでお話しさせていただいたのです。

投稿: 久都間 繁 | 2010年4月 4日 (日) 10時23分

じんわりと胸があつくなりました。このスピーチを聞けた子どもたちは幸せですね。きっと、ずっと忘れないでしょう。
また大人、保護者のみなさんの心にも沁みたことでしょう。素晴らしいスピーチをありがとうございます。

またスピーチや講話は表現そのものよりも「心」だと私も思います。不立文字、現象のコトバで現しきれない「心」「余韻」「エネルギー」が伝わるものだと実感します。
久都間さまは優しい笑顔でゆっくりと子どもたちの顔を見ながらお話されたことでしょう。それがすでにコトバとなって皆に伝わったでしょうね〜〜〜いや〜〜いいなぁ。

また「日時計主義から観た潜在意識」の記事には目からウロコでした。そうですね、実相世界から観れば浄めなければならない潜在意識など無いのですね。
ありがとうございました。紙の日時計日記に書き写します。

投稿: シコク嫁 | 2010年5月 4日 (火) 21時40分

シコク様、コメントをありがとうございます。
染め物のお仕事の方は、一段落つきましたでしょうか。

卒業式のこと以来、ブログを更新しないまま5月になってしまいました(^^;

土曜日のPAT総会で、二回ほどスピーチの機会があるので今はその準備をしているところです。

これも、巧まずに優しいコトバで真理をお伝えする勉強なのだと思いますが、なかなか難しいですね。

その点、シコクさんはじめブログを書かれている主婦の皆さんの語りコトバでの真理の表現は、見事というほかありません。これも日本の伝統ですかね。

投稿: 久都間 繁 | 2010年5月 5日 (水) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/47933159

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校卒業式でのPTA会長あいさつ:

« 「森への公案」わが家では―― | トップページ | 天地の万物とともに »