« 長女の一言③――スキーシーズンを振り返って | トップページ | 初講話をする友へ »

2010年7月 5日 (月)

最良、最善、最高のもの

  数日前のこと、「実相世界には、最善と、最良と、最高のもの以外にはないのだ」ということが、祈っているときに、すとんと魂の底に落ちてきた。

 

 信仰生活の中で、私たちは「神の御心のままに」とか、「神様のお導きによって」と、コトバで表現することがあるが、神の御心、即ち実相(真実在の)世界には、「最善、最良、最高のもの」のみが満ち充ちているのであり、それが現れることが、「御心」であり、「神のお導き」なのである。

 

 つまり「神への全托」とは、この「最良、最善、最高」なる真実在の世界に、一切を委ねる、ということである。

 

 真に全托したならば、その御心(真実在の世界)が、現象界においては最良、最高、最善のものとなって現れるのである。

 

 聖書には、「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる」(マタイによる福音書6.33)という、イエスの言葉が紹介されているが、この一節は、先に述べた「最良、最高、最善」のもの(つまり実相)についての消息を述べているのである。

 

「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい」というコトバは、実相世界では、既に一切が成就しているから、先ずその事実(真実)に心の眼を向けなさい、ということなのである。

 

「願い」は、既に実相世界に成就していればこそ、私たちの切なる「願い」となって出てくるのである。だから、もし、あなたが深い「願い」を心に宿しているならば、それは、神の御心が地上(現象世界)に湧出しようと萌(きざ)しているのであるから、それを妨げてはならないのである。

 

 私たちの内なる「願い」が、正しいインスピレーションによるものならば、それは「神の御心」と一致しているのである。つまり、本当の「願い」は、神(実相世界)から発しているのであり、その「願い」を生きることが、私たちがこの世に生まれた「使命」を果たすことでもあるのだ。

 

 そのような「願い」に対して私たちは、現在の不完全な姿や、不如意な状態を見て、「自分にはそんな資格はない」とか、「自分(または彼)にはそんな能力はない」とか、「私は経済的に貧しいから無理だ!」などと、出来ない理由を並べて、現象に捉われて、「神の御心」の実現を無視したり、あきらめたりしてはならないのである。

 

 御心は、既に天に成就していればこそ、後から私たちの「願い」となって出て来るのである。だから、私たちは、既に成就せる実相を祈りの中で深く観じ、その成就している荘厳なる姿をよろこび、感謝し、祝福し、褒め称えていればよいのである。

 

 それが、キリストが説いた、「これらのものはみな加えて与えられる」という、聖なる果実をもたらす“秘訣”なのである。

 

 

  久都間 繁

|
|

« 長女の一言③――スキーシーズンを振り返って | トップページ | 初講話をする友へ »

万教帰一の信仰」カテゴリの記事

希望を叶えるために」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。(v^ー゜)ヤッタネ!!

お久しぶりです。

後半のご文章特に感動しました!

納得しました!

先生はすごい!

ありがとうございます!sun

投稿: 奥田 健介 | 2010年7月16日 (金) 11時26分

御心というのは、天に成るがごとく、今ここに成っているのですね。
今、起きていること、全部が御心のままですね。
御心のままに顕れている。
瞬々刻々顕れている。
御心の顕れしかない世界。
何が起きても、本当は、最善のことが起きている。

投稿: みどり児 | 2010年8月 7日 (土) 09時42分

みどり児さま

現象には、未だかつて何ごとも「起きた」ことはありません。

御心の天に成る世界は、これから現象世界に顕現しなければ、御心を成就できないような不自由な世界ではないのです。

最良、最善、最高のものとは、はじめのはじめから御心の天に成就している世界のことです。それが実相・実在の世界です。

そこに立脚したとき、全ての人類は「今起つ」ことができるのです。

投稿: 久都間 繁 | 2010年8月 7日 (土) 17時08分

実相世界しかないのですから、観世音菩薩さまも、お暇なのでしようか?

実相世界しかないのですから、人類は、すでに今起っているんですね(^-^)。

投稿: みどり児 | 2010年8月 9日 (月) 09時00分

>>実相世界しかないのですから、観世音菩薩さまも、お暇なのでしようか?


 唯一絶対神(または究極的実在)を仮に「第一義の神」と呼ぶとすれば、「観世音菩薩」は第二義の神様とお呼びすべき「応現神」であります。

 応現神(第二義の神)とは、衆生の心に応じて現れる、尽十方無碍光如来(第一義の神)の大慈悲の顕現であるといわれています。

 平たく云えば、十人の衆生がいれば十様の、千人いれば千様の、億万人の衆生がいれば億万様の、衆生の心に応じて自在に相(すがた)を現じて済度するのが観自在の原理(観自在菩薩)のお働きです。それが「三十三身に身を変ずる」ということです。

 現象世界という舞台が、実は応現神の現じ給うたお働きそのものであると言えるかもしれません。

 現象の相を見れば、観世音菩薩は全宇宙(三千大千世界)となって応現しているのですから、これほどお忙しく見えるご存在はありませんし、また、実在の相を観れば、尽十方無碍光如来(第一義の神)として、実在宇宙に充ち満ちてい給うのです。

投稿: 久都間 繁 | 2010年8月 9日 (月) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長女の一言③――スキーシーズンを振り返って | トップページ | 初講話をする友へ »