« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年9月

2010年9月 6日 (月)

遊馬正・画伯の絵「“8”のピーク」

『イエロー・ラプソディ』から音楽が聴こえてきたことについて、遊馬画伯にお話ししたことがあった。

 

 すると画伯は、

 

 

 そういう見方をしてくださって、本当に嬉しいですね。でも、あの作品は、その後すっかりダメにしてしまいましたよ。
 絵というのは、制作して4ぐらいのピークの段階で、いったん完成します。
 『イエロー・ラプソディ』は、そのピークのときに「生光展」に出品させていただきましたが、あれから手を加えちゃってね。
 しかし絵というものは、5、6の段階を経て、それから7、そして8つぐらいの段階になって、ようやく本当のピークだな。
 それが“本ものの絵”だね!

 

 

 そんなことをお話しくださった。

 

 私は思わず、「先生、あの絵を誰にも売っちゃあダメですよ。私が買いますから!」とお話しすると、
 最初、びっくりしたお顔をされていたが、

 

 

 だめだめ、絵というものは、そんなうまいぐあいに(計算通りに)は描けないね。
 そんなこと考えたら、何も出来なく(描けなく)なってしまうよ!

 

 

 と、手を軽く左右に振って、笑いながら語っておられた。

 

 その後、この作品を、ご自宅のアトリエで拝見させていただいたことがある。現在は、どの段階なのかは知るよしもないのだが、同作品がさらに円熟したラプソディを奏ではじめるのは、きっと「8つの段階」のピークを迎えてからのことなのだろう。

 

 

 

 さて、そこで不思議に思うことは、なぜ作品の最終的なピークが「10」ではなく、「8」の段階なのか、ということである。

 

 これはあくまでも推測の域を出ないが、それは、作品をどこまで描き込んだとしても、現象世界の作品は、完成(10)に至ることはない、ということではないだろうか。

 

 生命が現象の形を超えて、久遠に生き通しているように、生命を表現しようとする芸術が完成形として固定されることは、永遠に不可能である、ということなのかもしれない。 

 

 それは「永遠の未完成」の内に、久遠なる生命が映し出される、ということではないだろうか。

 

 ピークを越える度に、数多の色が塗り重ねられるのとは裏腹に、そこでは、作品に映し出されようとしている真象を覆う一つひとつの色彩が、ゆっくりと剥落していく。

 

 気が付けば、森の木々、湖畔の風景、行く雲、あらゆる素材が、いつのまにか宗教画の根元的なモチーフへと変貌を遂げ、私たちの裡に秘められた世界を透明に映し始める。

 

 遊馬画伯の絵を拝見していると、そんなとりとめもない省察へと駆られるのである。

 

 

 

  久都間 繁

 

 

 

| | コメント (1)
|

2010年9月 4日 (土)

遊馬正・画伯の絵「イエロー・ラプソディ」

 2年前、銀座で「第30回記念生光展」(生長の家芸術家連盟主宰)が開催された。

 

 当時、私は展の運営に携わっていたので、当日も早朝から会場に張り付いていたが、準備がようやく完了し、昼から開会式、表彰式、そしてパーティーへと進み、午後2時過ぎにそれもお開きとなった。

 

 ようやく落ち着きはじめた会場で、展示された一点一点の作品を、あらためて鑑賞させていただくことにした。

 

 入り口近くに展示されていた遊馬画伯の作品の前に立ち止まり、じっと凝視していると、その絵の中から調和あるメロディーが奏でられているように思われた。

 

 それはバロック末期のヴィヴァルディの合奏曲の一節(調和の霊感 L'estro armonico)を思わせるようなリズミカルな旋律が、画布に彩られた色彩から静かに聞こえてくるのだった。

 

 その場所から次の作品へと立ち去り、展示場を一回りしてまたその作品の前に立つと、静かに、あの同じ旋律が、再び心の琴線に響いてきた。 

 

 遊馬画伯の作品は、以前から注目して鑑賞させていただいていたのであるが、このような経験は初めてだった。

 

 その絵は、『イエロー・ラプソディ』という名の作品だった。

 

 タイトルのように、イエローを基調としたこの作品は、軽やかな、調和に満ちた、うきうきするような澄んだ歓びが伸びやかに表現され、背後にピンクの花が点在し、春を迎えた「いのち」の華やぎが伝わって来るのだった。

 

 当日、生光展の記念パーティーでのスピーチで、遊馬画伯は、

 

 意外なことに聞こえるかもしれませんが、この歳(当時85歳)になるまで、実は私は女性が恐かった。
 ところが最近、女性への恐怖心が消え、女性なるものの本当の素晴らしさがようやく分かってきました。
 その繊細さ、優しさ、柔らかさ、温かさ、それを、ようやく素直に受け入れることができるようになったおかげで、これまで、赤やブラックなどの激しい原色ばかりを作品に使っていましたが、最近はピンクを、それは女性の優しさ、柔らかさを象徴するピンクを、ようやく自由に使うことが出来るようになりました。

 

 というような意味のことを語っていらっしゃった。

 

『イエロー・ラプソディ』は、遊馬画伯のそのころの歓びを、そのまま表現して、花開いているように見えた。

 

 聴こえてきたメロディは、はたして八十翁の画伯の心にときめきはじめた、春の狂詩曲(rhapsody)の音色だったのだろうか。

 

 

  久都間 繁

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月 1日 (水)

遊馬正・画伯の絵

 8月最後の木曜日、遊馬正・画伯のアトリエを訪問させていただいた。

 

 7月に同じアトリエで開催された、ご著書『いのちを描く―わが「光の芸術」への道』の出版記念パーティーに出席してから、ちょうど一カ月が経っていた。

 

 青梅から自動車で1時間半ほどかけて、埼玉県にある遊馬邸に到着。

 

 玄関に入ると、画伯がにこやかな笑顔で私たち夫婦を温かく迎えてくださった。

 

 アトリエのテーブルには、つい先ほどまでお読みになっていたであろう『生活の智慧365章』(谷口雅春著)が開かれ、奥様が静かに隣の席にお座りになっていた。

 

 お茶をいただき、ご夫妻と歓談している家内を後目に、アトリエに新たに展示してくださった作品を、一点ずつ、ゆっくり鑑賞させていただいた。

 

 すると、下の方に、以前には見掛けなかった1枚の、湖畔の深々とした晩秋の風景を描いた絵が、薪ストーブの脇に立てかけて展示されているのが見えた。

 

 森が迫り、冬が、すぐそこまで来ているような湖畔の向こうに、淡く紫掛かった暮色の山がひっそりとたたずんでいる。

 

 引き寄せられるままに、しみじみと眺めていると、この作品から、馥郁(ふくいく)たる落ち着きのある曲想が、低く静かに響いているのを感じた。

 

 こんな経験は、2年前の「生光展」に画伯が出品された、『イエロー・ラプソディ』を鑑賞して以来のことだった。

 

 ほんの三号ほどの小品であるが、サイズを超えた不思議な世界が、そこには現れていた。

 

 祈りの折に感ずるような奥深い世界が、画伯の記憶に刻まれたギャリソンの湖を描写する無心の絵筆に乗って、どこどこまでも透明に描かれ、鑑賞者の魂の奥底までも映し出す(reflection) ような光景が広がっていた。

 

 それは、八十代の老画家の境地をもって、ようやく実現できる世界なのかもしれない、晩夏の蝉しぐれを聴きながら、そんなことを考えていた。

 

 

 

 

  久都間 繁

| | コメント (2)
|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »