« 遊馬正・画伯の絵「“8”のピーク」 | トップページ | 「方位学」についての質問に答えて »

2010年11月 2日 (火)

邸前の槙(まき)の木

 今から40年ほど前、私の実家の県道に面した邸前に、一本の槙(まき)の木が生えていた。

 

 子供のころは、今で言う“ツリーハウス”のようなものを作り、きょうだいと遊んでいた。

 

 中学に入学してからは、受験や部活などに追われ、木の存在などまったく忘れていた。やがて高校を受験し、家から遠く離れた高校に進学した。

 

 夏か冬の休暇の折に帰省してみると、その木は跡形もなく消えていた。

 

 当時、建設会社を経営していた父に、そのことを訊ねると、従業員の人たちが木の近くでセメントなどを洗ったことが原因で、強いアルカリ性に負けて枯死したらしい、とのことだった。

 

 私はそのとき、今まで木の下でセメントを洗うことなど何度もあったのに、枯れたとは不思議なことだ。木はきっと、私が居なくなった寂しさに枯れたのかもしれない、と勝手に思ったものである。

 

 とりとめもない話である。

 

 が、あれから40年近くの歳月を経ても、未だに木に登ったときの幹の感触、樹皮の匂い、葉の手触り、樹上からの風景など、昨日のことのように脳裏に思い浮かべることができる。

 

 邸前の槙の木は、その固有の時空をもって生まれ、生長し、そして枯死した。私も、私固有の時空を持って生まれ、そして生長し、やがて現象的な寿命を終えるときがやってくる。

 

 固有の時空と、固有の時空とが重なるとき、それは即ち「生命(いのち)」と「生命」とが、ふれあうときなのである。

 

「一期一会」とは、人と人との出会いのみならず、森羅万象とも出会うのである。

 

生長の家の『甘露の法雨』というお経に、次のコトバがある。

 

 

「生命は時間の尺度のうちにあらず、老朽の尺度のうちにあらず、却(かえ)って時間は生命の掌中にあり」

 

「空間は却(かえ)って生命の造りたる『認識の形式』にすぎず
生命は主にして空間は従なり」
        (聖経『甘露の法雨』「実在」より)

 

 

 時間は「生命」の掌中にあり、同時に「生命」は、空間の造り主であると、ここには表現されている。

 

 つまり「生命(いのち)」は、その「生命」固有の時間・空間を持つのである。

 

「生命」は時間・空間を生み出す主体者なるが故に、「生命」が心に描いた通りに、現象世界は展開するのである。これを仏教では、三界唯心所現という。

 

 私の「生命(いのち)」は私固有の時空を持ち、あなたの「生命」は、あなた固有の時空を持つ。その、固有の時空を持つが故に、私たちは「人生の主人公」となることができるのである。

 

 時間・空間は、私たちと無関係に展開しているのではない。それは近代合理主義が生みだした最大の誤謬であり、無明(まよい)であるともいえよう。

 

 邸前の槙の木には、彼固有の時間・空間があり、事務所の窓から見える八重桜には、その八重桜固有の時間・空間があり、あなたの家の近くにある桜や楓やドングリの樹には、その桜、その楓、そのドングリの樹、それぞれ固有の時空がある。

 

 私には私固有の時空が、あなたには、あなた固有の時空がある。

 

 そのごとく、天地の全てのものの「生命」を拝み、そこに固有の時空を観ることが、即ち「天地一切のものに感謝する」ということである。

 

 生物多様性を尊重する根拠は、生物(生命)の一つひとつが、固有の時間・空間(つまり宇宙)を持つ「生命」であるところにあるのだ。

 

  久都間 繁
 

|
|

« 遊馬正・画伯の絵「“8”のピーク」 | トップページ | 「方位学」についての質問に答えて »

心と体」カテゴリの記事

環境のこと」カテゴリの記事

ESSAY」カテゴリの記事

コメント

忘年会参加、有り難うございました。
大神の導きで円卓にそれぞれが座らされて、神の口で喋り、ご馳走を食べ、神の耳で話を聞き、命の時を過す事が出来ましたことに感謝します。

仏教では、「三回唯心所現」、私しは東京の原宿に叔母が居たので50年前に憬れの東京のデザイン専門学校に「唯心所現」自分の意思で出て来て今が在るのですが、「唯心実相」を観じるのは何時でしょうか!

最近、神の導きで出会いました、キーワード「信仰日記」検索されるとイメージ出来ると思いますが、私と同じ年68歳、12月 10日~日・13日のブログで書き込んであります14日、赤穂浪士討ち入りの日のデビュー舞台に私は「大和三大光明」のレプリカ額入りを花束代わりに進呈する事になって居るのであります。
大和晃三郎で歌手名と対応してしまった次第であります。
この方は生長の家に23歳で触れて、「唯心所現」を実践した、しかし・・・・・・つづき・・・・・・です。

私のポスティグジョイのアイコンは「こぼうず」です。結構真面目に練習出来ている事が出来て、感謝しながら時々投稿させて頂いております。
此れから真理の「繁り」の中に時々入り込んで行こうと思いました。
貴方のワードには迷い道は無いと感じました。
私の文章も結構と面白いと思う?

投稿: 五十幡義信 | 2010年12月12日 (日) 23時30分

五十幡さん
昨夜の生芸連の忘年会では、久しぶりに皆さんとゆっくり歓談できました。
世代交代も順調に進み、次の40周年に向けて順風満帆の滑り出しではないかと思います。
運営から離れることになりましたが、影ながら皆さまのご健勝と生芸連の発展を祈念しておりますので、いつでも気軽に声を掛けてください。

投稿: 久都間 繁 | 2010年12月13日 (月) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/49914676

この記事へのトラックバック一覧です: 邸前の槙(まき)の木:

« 遊馬正・画伯の絵「“8”のピーク」 | トップページ | 「方位学」についての質問に答えて »