« 「知らずに犯す罪」と原発事故(2) | トップページ | 自然エネルギーを求めて(1)――羨望の太陽光発電 »

2011年8月31日 (水)

嫉妬の炎を消すために

 先日、49歳の主婦の方から、ご主人の浮気についてのご相談のメールをいただきました。

 

 2年ほど前、風俗に行ったご主人を許すことができず、以来この方は夫婦としての関係を拒否し続けてきました。

 

 つい最近、あることからご主人の浮気が発覚し、ご主人を責め立てたところ、彼は家庭や会社での不調和の苦しみに耐えかねて、風俗出身の女性とホテルで密会していたことを告白、奥様の前で懺悔して生まれ変わることを誓ったそうです。

 

 しかし彼女は、夫に騙され、裏切られ続けていた悔しさと、肉体的にはとても敵わない親子ほども年の違う相手の女性(23歳)への激しい嫉妬から、いけないとは知りつつも、その後も毎日毎日ご主人を責め続け、自分でもどうしていいのか分からなくなってしまったそうです。

 

 そして、「どうか助けて下さい。苦しくて苦しくてたまりません」とメールが結ばれていましたので、あらぬ方向へエスカレートしないことを祈りつつ、取りいそぎ次のような返信を送りました。

 

 情報が限られた上での私からの一般的な回答となりましたが、なにかの参考になるかもしれませんので返信を公開します。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【回 答】

 

 

 合掌、ありがとうございます。

 

 頂いたメールの内容を拝見しました。

 

 相手の女性に対する嫉妬から、身を焼くような苦しみに苛(さいな)まれているとのこと。

 

 また、信じていたご主人に裏切られた悲しみも、いかばかりのことかと思います。

 

 しかし、過ぎ去った「過去」をいつまでも握っていたのでは、そこから永遠に解放されず、いつまでも地獄の苦しみが消えることはありません。

 

 

 あなた様にとって何よりも大切なことは、「過去」を心から放ってしまうことです。

 

 ご主人も、自分の過ちで犯した罪を、いつまでも責め立てられていたのでは、やがて自暴自棄になって、その苦しさに耐えきれず、再び同じ過ちの渦へと巻き込まれないとも限らないのです。

 

 メールによると、ご主人は「今日からスパッと生まれ変わることを約束」されたとのこと。

 

 このご主人の精一杯の、潔い懺悔と、尊い決意とを、あなた様は大切に受け入れてあげなければいけません。

 

 そのためには、ご主人が自暴自棄にならないように、今後は決して、ご主人の「心の傷」に触れないことが大切です。

 

 

 また、生長の家の教えを学んでいるあなた様は、すでにご存じのことと思いますが、ご主人も、奥様以外の女性に走らざるをえなかったほどの耐え難い寂しさ、その後の地獄のような葛藤があったことを、理不尽なことに見えるかもしれませんが、よく汲み取ってあげなければなりません。

 

 

 しかし、すでに全てのことは過ぎ去り、過去へと永遠に消え去ったのです。

 

 ですから、済んだことの中に生活するのは、今日限り止めにしましょう!

 

 あとは神さまに全托することこそが、あなた様を、現在の嫉妬の苦しみから救い、夫婦が調和した本来の姿に帰るための唯一の道なのです。

 

 

 そのための具体的なアドバイスを以下に掲げますので、できるところから、実践していただければと思います。

 

 

①ご主人を「責める心」や、彼女への「嫉妬心」が生じたときには、迷わずに『甘露の法雨』を誦げ続けてください。

 

(法華経の中には、「甘露の法雨を注いで、煩悩の炎を滅除し」(普門品)と説かれています。「甘露の法雨」は観世音菩薩の大慈悲のコトバであり、これを繰り返し読誦することで、燃えさかる嫉妬の炎が消え、苦しみから解放されます)

 

 

②それでも、どうしようもなく苦しいときには、今までの「生活のモード」を、「信仰のモード」に一変させる必要があります。そのために最適なのは、生長の家の練成会を受けることです。

 

(例えば宇治別格本山の一般練成会や、地元の教区練成会などに参加して、ベテランの本部講師に何もかも打ち明けて、指導に素直に従うことをお勧めします)

 

 

③朝晩、一定の時間を決めて、祈り(神想観)、『甘露の法雨』読誦(先祖供養)を実修してください。

 

(神想観は、谷口雅春先生著の『詳説 神想観』や『新編 聖光録』などを参照しながら「四無量心を観ずる神想観」「如意宝珠観」などをお勧めしますが、もっとあなたの気持ちに合ったものでもかまいません。祈りの最後には、繰り返しますが、全てのことを神さまに全托することが大切です)

 

 

④ご主人の善いところを見つけて毎日「日時計日記」を書き続けましょう。

 

(生長の家を学んでいるあなた様ならご存じのように、教えに照らしてみれば、ご主人はあなた様を救うために現れた観世音菩薩です。未だかつて罪を犯したことのない円満完全なる「神の子の実相」を拝みきりましょう)

 

 

⑤ご主人と「あいさつ」をしっかり交わしましょう。

 

(「ありがとうございます」「おはようございます」「いってらっしゃい」「おかえりなさい」「おやすみなさい」これらの基本的なあいさつをしっかり交わすことで、心が着実に通い始めますので、忘れないで実行してください。心の通うところに本来の大調和した世界が顕れるのです)

 

 

 以上が、頂いたメールの文面を拝見した上での、あなた様へのアドバイスです。

 

 今は辛く苦しい時期ですが、信仰生活を続けていれば、すべてが好転する時が必ず訪れます。

 

 もし、私に追加のご質問がある場合には、実名と住所などを公表してください。手紙にて返信をお送りさせていただきます。

|
|

« 「知らずに犯す罪」と原発事故(2) | トップページ | 自然エネルギーを求めて(1)――羨望の太陽光発電 »

手紙」カテゴリの記事

Q&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/52611596

この記事へのトラックバック一覧です: 嫉妬の炎を消すために:

« 「知らずに犯す罪」と原発事故(2) | トップページ | 自然エネルギーを求めて(1)――羨望の太陽光発電 »