« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

自然エネルギーを求めて(1)――羨望の太陽光発電

 福島における東電の原発事故以来、わが家では「自然エネルギー」の導入を真剣に考えるようになった。

 

 太陽光発電については、だいぶ前に施工業者に調査してもらったことがある。

 

 そのときは、

 

「屋根の形状の関係で、パネルを1kW程度しか載せることができませんので、ちょっと無理ですね」

 

との見立てで、やむなく断念したことがあった。

 

――あれから7年ほど経っている。

 

 

 パネルの形状も多様となり、面積当たりの発電量も、きっと増加しているだろう。せめて2kW程度でも発電できればいいのだが・・・。そう考え、今度はメーカーの相談窓口を通して、経験豊富な施工業者を紹介してもらった。

 

 

 数日後、施工会社の社長はじめスタッフらがわが家に来訪。

 

 同社の社長の話によると、ちょうど青梅市で「地球温暖化対策住宅用機器設置費補助金交付制度(平成23年度)」の募集が始まったところで、締め切りは一週間後。とりあえず申請だけでも出しておきましょう――とのこと。

 

 思いがけない朗報に、1kWあたり5万円、上限額は15万円とのことで、弾む心を抑えながらとりあえず2kWの補助金を申請することにした!

 

 同時に、施工チームの方に屋根の形状を徹底的に調査してもらうと、うれしいことに合わせて2.05kWの太陽光パネルの搭載が可能との連絡をいただいた。

 

 飛び上がるような想いで10年間のローンを組み、国と東京都への補助金申請書に署名し、東電に申請する発電所の名称を夫婦で話し合って決め、翌月に実施する施工の日取りも決定。

 

 わくわくしながら、家内とともに手帳とカレンダーに施工日をしっかり赤ペンで書き込んだ。

 

 これでいよいよわが家の屋根にも太陽光発電が乗るぞ! 子供たちをはじめ、ご近所、知り合い、職場の同僚にも、嬉しさのあまり発電所の設立をふれて廻った(^^; 

 

 

 そんな、工事まであと一週間とせまった晩のこと、施工会社の担当者から突然の電話が入った。

 

 受話器をとると、恐縮した声で、

 

「――屋根が特殊な形なので、パネル編成の関係で最低入力電圧に届かないことが判明しました。ご期待に添えなくて、まことに申しわけございません…」

 

との、あっけない結末を、申し訳なさそうに話してくれたのである(^^;

 

 

 かくして、またもや太陽光発電への道は閉ざされ、補助金の申請もローンもあえなく取り下げとなる幕切れとなった。

 

 これ以来、電車に載っていても、道を歩いていても、なぜか住宅の屋根ばかり視界に飛び込んでくるのだ。

 

 ――この家の屋根は2kWくらい。あそこは3kWは乗るぞ。
 おっ! この屋根の広さと陽当たりの良さなら4kW、いや4.5kW載せて数年で元を取れるなあ――

 

 そんな当て所のない皮算用が、脳裏に浮かんでは、屋根の上に浮かぶ白雲とともに、どこかへ消えていくのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »