« マイナス思考に捉われている方へ | トップページ | 不倫関係で悩む方のために »

2012年2月18日 (土)

何回流産したか分からない方の流産児の供養について

「何回流産したか分からない」という女性から、流産児供養についての質問をいただいたという海外の地方講師の方から、ご縁あって私のところに質問が廻ってきました。

 

極端な貧困に見舞われているような環境では、このようなことも起こりうるのかと、質問を読みながらそんなことを考えていました。

 

真理の道はいつでも、どこでも、誰にでも開いています。

ただ扉を叩くこと、そしてノックの音を聴いて、応えてあげることが大切なのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【回 答】

 

 あなた様は地方講師をなさっているとのことなので、 「霊牌供養」のことは、 よくご存じのことと思います。したがって、記載に当たっての具体的な説明は省略させていただきます。

 

 流産児供養の大切なポイントは、愛と慈しみと感謝であることは、生きている赤ちゃんを育てるときと同じです。

 

 ですから、ちゃんと名前を付けて、丁重に聖経『甘露の法雨』を読誦して、愛情をこめて供養してあげることによって、流産児たちがより深い悟りへと導かれ、さらに家族を守り導くようになります。

 

 ご質問いただいたように「何回流産したか分からない」という方の場合は、「分からない」というところに、彼女ご自身の良心(神性・仏性)に対する心理的な誤魔化(ごまか)しや隠蔽(いんぺい)があると考えられます。

 

 この場合には、しっかりと赤ちゃんのことを思い出して、ちゃんと名前を付けて、招霊して供養することをお勧めください。思い出してあげること、そのことが供養なのですから。

 

 しかし、人工流産(堕胎)された方を指導する場合には、懺悔ということが重要になってきます。

 

 懺悔とは、「神の子と知らずして、堕ろしてしまった」ことへの大懺悔です。

 

 人間は神の子です。久遠生き通しですから、実相においては一度も流産などはしていないのです。また実相においては、堕ろされた子供もいないのです。

 

 そのことに目覚めることが、生長の家で説くところの大懺悔です。

 

 しかし、ご本人がその「人間・神の子、自性円満」の心境に達するまでには、まだ時間が掛かることと思いますので、尊い命を堕胎してしまったことへの「懺悔」と、「供養」と、堕胎という悲劇から赤ちゃんを救うための「愛行」(運動)とを実践することをお勧めします。

 

 つまり、あなたの国における人類光明化運動・国際平和信仰運動に参加して、愛を実践することそのことが、現時点の彼女にとって最良の供養となり、懺悔となり、愛行となることと思います。

 

 
 わからないことがあれば、なんなりと遠慮なくご質問ください。

|
|

« マイナス思考に捉われている方へ | トップページ | 不倫関係で悩む方のために »

手紙」カテゴリの記事

Q&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/54013218

この記事へのトラックバック一覧です: 何回流産したか分からない方の流産児の供養について:

« マイナス思考に捉われている方へ | トップページ | 不倫関係で悩む方のために »