« 子供が授からず悩んでいる方へ | トップページ | 元ヤンキーと付き合っている娘 »

2012年4月17日 (火)

寿命を変えることは出来るのでしょうか?

【質 問】

 

 前略。お忙しいところ申し訳ありませんが、教えていただきたい事があります。

 講師の方々は、「どんな死に方でも、人間が死ぬのは寿命です」と言われますが、寿命は人間が現象世界に生まれるとき、この人の寿命は何年と神が一人一人定めていて変えることは出来ないものなのでしょうか。

 また、寿命と運命とは関係があって、運命は変える事ができると教えられましたので、努力によって運命を変えると、寿命も長くなったりするものなのでしょうか?

 回答お願い致します。

     (55歳 白鳩会員歴6年)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【回 答】

 

 
1つ目の質問
「寿命は人間が現象世界に生まれるとき、この人の寿命は何年と神が一人ひとり定めていて、変える事が出来ないものなのでしょうか?」

 

2つ目の質問は
「寿命と運命は関連があって、運命は変えることができると教えられましたので、努力によって運命を変えると、寿命も長くなったりするものでしょうか?」

 

 この2つは同じ内容なので、合わせてお答えさせていただきます。

 

 ここで先ず大切なことは、「人間は肉体では無い」「久遠生き通しの生命である」ということが生長の家の説く教えの根本であることを、信仰生活の基本としてあなた様は、充分に理解しておく必要があります。

 

 その前提に立ってお答えしますと、「人間の寿命を神が一人一人定めている」という考え方は、矛盾していることがご理解いただけることと思います。

 

 人間は久遠生き通しであって、寿命というものは「現象」であり、「心の影」に過ぎません。したがって、心の影にすぎないものは、短くなることもあれば、長くなることもありますが、長くなったところで、本来無い肉体は必ず(一人の例外もなく)消えていくのですから、そんなことを相手にすることが生長の家の信仰生活ではありません。

 

 神想観を通して観ずる世界は「実相世界」であると教えられています。「実相」とは、時間・空間を超えた実在の世界のことです。

 

 一方、「現象」とは、五感によって感覚する心の影に過ぎない世界のことです。「現象」は現れているだけであって、実在ではありません。肉体も現象であり、その寿命も現象です。

 

 信仰生活とは、「現象」を相手にする生活ではなく、「実相」の完全円満なる世界を観じ、「久遠の実在」なる神の子の生命を悦ぶ生活です。

 

 その基本的な信仰を続けていれば、三界唯心所現の「心の法則」によって、現象世界にも実相の円満完全なる大調和した世界が反映して、心の影である肉体も健康となり、寿命も天寿を全うし、遅くもなく早くもなく最適な時期にこの世を卒業されることでしょう。

|
|

« 子供が授からず悩んでいる方へ | トップページ | 元ヤンキーと付き合っている娘 »

心と体」カテゴリの記事

手紙」カテゴリの記事

Q&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/54492831

この記事へのトラックバック一覧です: 寿命を変えることは出来るのでしょうか?:

« 子供が授からず悩んでいる方へ | トップページ | 元ヤンキーと付き合っている娘 »