« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月19日 (日)

子供の良縁を願う母親への手紙

 30代になっても結婚しない長男、長女のことを案じるお母様から、結婚の成就を願うお手紙をいただきました。

 彼女は、若くしてご主人を亡くし、生長の家の信仰を心の拠り所に、仕事と家庭とを両立させ、さらに白鳩会の活動に熱心に携わりながら、当時小学生だった2人の子供を立派に育て上げてきました。

 仏の四無量心の“捨徳”の信仰は、神(仏)の無限の愛の中に、これまで育んできた大切なものの一切を委ねることでもあります。

 深い信仰をお持ちの方なので、目の前にある「唯神実相」の世界に“進一歩”できるようアドバイスさせていただきました。
   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 合掌、ありがとうございます。

 女手一つで二人の幼子を育て、立派に社会へと巣立たせたこと、ひとかたならぬご苦労があったことと思います。

 しかし巣立った限りは、後は神さまの無限の大愛が、天となり、大地となり、一切の人や物や事となって、親の愛以上に、大切なみどり兒たちを育むのです。

 あなた様がその神の大愛に一切を委ね、信頼し、甘え切ることが、お子様たちが親元を離れるということであり、それぞれが家庭を持つ、ということでもあります。

 以前もお話しさせていただきましたが、「願い」は“すでに実相世界に成就している”からこそ、私たちの“切なる願い”となって、後から脳裏にひらめいているのです。

 つまり、すでに成就している「願い」の方が、すべてに先立って在る(実在する)のであり、それのみが実相であり真実在なのです。


 子供たちが最良の伴侶と子宝に恵まれ、光明輝く家庭生活をいとなんでいることは、久遠の昔から、すでに今此処に在り通しているのです。その実相・実在をただ観じ、ただ悦び、ただ神に一切を委ねて悦んで生活していればいいのです。

 すでに一切が成就している世界が“今ここに在る”のですから、その「実相」を生活の中心に据えて、大安心の気持ちで天地の万物を愛し、感謝する日々を送ること。それが神への全托であり、生長の家の信仰生活でもあります。

 それが、あなた様のお手紙に綴られていた“ハッキリと願う”ということの真意なのです。

 光りあふれる久遠の幸を祝福祈念しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年8月18日 (土)

反抗する娘に悩む母親への手紙

 私たちは、一人ひとりが個性や性格や人相が異なるように、その人でなければ出来ない特殊な使命を持って、この世に生まれてきたのかもしれません。 

 この世に生まれた子供は、やがて小学校、中学、そして高校へと進学し、成長するにしたがって、それぞれの道へと人生の歩みを進めて行きます。

 子供が自立して「親離れ」していくように、親も「子離れ」することによって、子供たちはいよいよ天地の深い摂理に導かれ、親の予想を遙かに越えて偉大な生長を遂げるものです。

 つまり「子離れ」とは、親にとっては、仏の四無量心における「捨徳」の実践にほかなりません。


 さて、今回は、高校三年生になる娘さんが、「自分に反抗して親の思い通りの道を歩んでくれない」という50代のお母様から、お嬢様の進路についての相談のお手紙を預かりました。(長文なので割愛させていただきます)


 子供の進路というものは、親が、娘や息子の不完全で未熟に見える現象の姿に捉われて、口を挟んでばかりいると、進むべき道を見失う場合があります。

 子育ての秘訣は、“神さまの邪魔をしないこと”と、言えるのかもしれません。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【回 答】

 合掌、ありがとうございます。

 お手紙拝見しました。

 お嬢様が、ご自身の“願い”である看護士への道を取り止めて、母親であるあなた様の願い通りに保育士を希望して保育短大に進学するとともに、お嬢様が「おかあさん」と素直に慕ってくれるにはどうしたら良いか、という、2つのご質問にお答えします。

 まず、生長の家の教えは、子供を、親の思うとおりに都合よく育てるような教えではありません。

 逆に親の都合をすっかり外して、子供に内在する神性・仏性(実相)を、親が“無条件”に拝んで感謝する教えです。

 お手紙で縷々述べていらっしゃったように、あなた様が、お嬢様を自分の思うとおりの進路に進ませたい、というようなお考えを押し通していたのでは、子供は本来の自由を求めて反発し、決して親の思うとおりにはならないでしょう。

 なぜなら、お嬢様には、彼女だけに授けられた大切なご使命があり、そのご使命を生きることが彼女の歩む道であることを無意識のうちに感じて、進路を選んでいるからです。

 あなた様が、生長の家の教えによって問題を解決したいのであれば、先ず、子供を神さまに全面的に帰してしまわなければなりません。そして自分の子供だ、と思うことをやめて、神さまの御子として拝み、感謝し、彼女の内なる神性・仏性を信じて自由に委(まか)せ切ることです。

 ですから進学のことは、あなた様が、お嬢様よりも学校の先生やご自分のお考えを優先して学力などの諸条件(現象)を基準に、親が口を挟めば挟むほど、お嬢様の本来の使命である進むべき道が彼女自身にも見えなくなり、親子ともに非常に苦しむことになります。

 繰り返しますが、お嬢様ご自身が選んだ道は、彼女がこの世に誕生するに当たって神さまから授けられたご使命へと、まっすぐに繋がっているのです。

 お母様が、お嬢様を自分の思うとおりにしようとする心(我見)を捨て、“無条件”にお嬢様の選んだ道を祝福し、たとえ希望する学校の試験に何遍落ちたとしても、どこどこまでもお嬢様を応援してあげることこそが、神さまから神の子をお預かりしている肉親の親としての努めではないでしょうか。

 あなた様が、お嬢様の神性・仏性を信じて拝むようになれば、お嬢様の内にある神の子本来の円満完全な優しさが現れ、反抗心が消え、素直にお母様のことを慕うようになることでしょう。

 もしあなた様が、これまでの生き方を押し通して問題が解決できるとお考えなら、このアドバイスに従う必要はありません。

 しかし、すでに行き詰まって、どこにも解決方法がみつからず苦しんでいらっしゃるのであれば、素直にアドバイスに耳を傾けてみることです。

 その一助として、地元教化部で開催されている生長の家の練成会や誌友会に直接足を運んでみることをお勧めします。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »