« 子供の良縁を願う母親への手紙 | トップページ | ノーミートを続けるべきでしょうか? »

2012年9月28日 (金)

マンションの売却について

 関西在住の40歳の女性の方から、「マンション売却のことで悩んでいます」という相談をいただきました。

 たとえば、信仰熱心な方で、どんなに神仏に祈っても、どんなに「心の法則」を駆使してみても「願いが叶わない」という方がいますが、そのような場合は、もしかしたら心が神さまと一つになっていないのかもしれません。

 神さまと一つになる道は、自分と全てのものを「赦すこと」「愛すること」そして「感謝すること」から開けてきます。


「願い」は、実在(実相)の世界にすでに成就していればこそ、私たちの脳裏にアイディアとなってひらめいてくるのです。

 また、その「願い」が、利己的なものではなく多くの人を幸せにするような内容であれば、神は宇宙に充ちている大生命ですから、“神と一つ”になることによって、宇宙の全体が「願い」の実現を後押ししてくれます。

 それが「祈る」ことの醍醐味であり、「吾れ祈れば、天地が応える」のです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【質 問】


 マンション売却の事で悩んでいます。

 私が現在住んでいるマンションは築27年のマンションで13年前に自分で購入したマンションです。

 当時は結婚を機に購入したのですが、2年後に離婚しずっと働いてローンを返済してきました。

 この度、売却を決意したのは勤務先に近い大阪に戻りたいこと、また新しい縁に恵まれて再婚したいこと。維持費を支払っていく自信がない、階下の子供の声がうるさい、などの理由で売却を決意しました。

 昨年の11月から売却活動を始め、不動産仲介会社の紹介で数人お客さんを紹介していただきましたが、なかなかいい返事をもらえず焦る日々が続いています。

 販売価格も当初より大幅に下げたり、「必ずこのマンションを必要とする人に巡り会える、神様におまかせします」と祈っていても、このまま売れないのではないかと不安に思ってしまいます。

 マンションの1階には飲食店があり、その臭いを嫌う人やエレベーターにのる前後に階段があり、年配の人からは「階段があるから・・」と断られてしまいます。

 現象に囚われていてはいけないと思いましたが、どのように祈ればよいでしょうか?

 ちなみにこのマンションは中古で購入したものですが、私が住む前の人が破産した物件でして、その後に住んだ私が離婚・勤めていた会社が倒産等、よくないことが続きました。(離婚は私に原因があるのですが)これも気にしない方がいいでしょうか?

ご指導宜しくお願いします。


(匿名希望)生長の家信仰歴:30年以上

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【回 答】

 

 マンションの売却については、ご相談内容を拝見する限り、最良の時期に選択されていることと思います。

 

 また、マンションが売れない原因としては、メールにお書きになっているように、

 

「私が住む前の人が破産した物件でして、その後に住んだ私が離婚・勤めていた会社が倒産等、よくないことが続きました」

 

 ということがあなた様の心の奥にあって、それが原因しているものと思われます。

  つまり、このマンションを購入した人は“不幸になる”という、あなた様の潜在的な想いが、スムーズな売買の妨げになっているのではないかと思われます。

 

 この問題を解決するのは簡単です。

 すでに祈り(神想観)を実修されているのですから、朝晩の神想観の折に完全円満なる実相世界を観ずること、そして真理の言葉の読誦によってマンションを浄めることです。

 

具体的には、

①神想観を実修して、実相においてマンションははじめから神の子・光りの子の住まいであり、神の智慧と愛と生命に充たされており、これまで13年間もお世話になりありがとうございました、と心から感謝すること。

 

②これから神縁によってマンションに住む方が、光りあふれるこの家に暮らして、家族仲良く円満完全な大調和の生活を送る姿を観じて、ひたすら祝福祈念すること。

 

③聖経『甘露の法雨』を朝と晩に誦げて、真理の言葉によってマンションを浄め、神さまに一切をゆだねること。

 

 以上のことを続けていれば、最良の時期に、最良の買い手が現れ、売り手も買い手も満足する最適な値段で売買が成立します。

 のみならず、あなた様の運命も大いに開けてきますので、安心して神想観と聖経読誦を続けてください。

|
|

« 子供の良縁を願う母親への手紙 | トップページ | ノーミートを続けるべきでしょうか? »

希望を叶えるために」カテゴリの記事

手紙」カテゴリの記事

Q&A」カテゴリの記事

コメント

先生、
こんばんは。
偶然に先生のブログをみつけ、人生の相談をのっていただけますでしょうか。
私が外国人で、日本人の彼と8年間付き合っています。
彼は、長男で土地の持ち主で、家業を継がなければなりません。ただし最近、彼のご両親にご挨拶にいったら、彼の父親に猛反対され、私をとるか、家をとるかを選べって父親に言われました。父親が反対する理由は、外国人の血をお墓にいれてはいけませんと。もし、彼が私を選ぶなら、土地を売却し、長男という冠を剥奪し、家から追放されるようです。母親からも家庭崩壊だとか産んでないことにするとか親不孝だとか罵声をあびさせられてます。彼が、それがすべて承知の上で私と付き合っていますが、毎日苦しんでるのは私しかみえません。苦しませたのは、私ですね。その決断を迫られまして、彼が家を出て、私と一緒に生きるといってくれましたが、私にとって幸せな限りですが、彼に家庭崩壊の罪名を背負って、私と一緒にいることで幸せになれるでしょうか。絶対に幸せを見せつけようと誓いますが、彼にそれが本当の幸せなんでしょうか。先生、彼にとって正しい選択は、なんでしょうか。私と家族、家業を同時に守れないものでしょうか。子供を産んだらご両親が少しでも許して下さると期待するしかありません。先生のご意見を聞かせていただけますか。

投稿: 愛ちゃん | 2013年2月11日 (月) 21時50分

ご質問を承りました。

おおよそのことは分かりましたが、差し支えなければもう少し詳しく、お名前を伏せて構いませんので、あなたと彼のそれぞれの背景を教えてください。

とくに、彼のご両親が結婚を厳格に拒否していることの背景と理由を知りたいのです。

その方が、的確にアドバイスできると思いますのでお願いいたします。

下記のメールに直接ご連絡いただいても構いません。
kutsuma@gmail.com

投稿: 久都間 繁 | 2013年2月13日 (水) 06時29分

結婚のことで意見を求めてくださった愛さん。
ブログにアドバイスを書いてアップしましたので、ご覧になってください。

投稿: 久都間 繁 | 2013年2月19日 (火) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138762/55687072

この記事へのトラックバック一覧です: マンションの売却について:

« 子供の良縁を願う母親への手紙 | トップページ | ノーミートを続けるべきでしょうか? »