« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月27日 (月)

両親が反対する結婚を成就するために

 今年(2014年)の初め、当ブログを読んだ20代と思われる女性から、ご自身の結婚について、メールで相談をいただきました。

 彼のご両親は結婚に大賛成しているものの、ご自身の両親は反対しており、彼女はその狭間(はざま)に立って悩んでいる、ということでした。

 内容を拝見すると、彼女のご両親が結婚を反対する最大の理由は、経済的な問題にあるようでした。
 結婚の幸福が、経済的な豊かさに重点を置いているご両親にしてみれば、娘が苦労を背負い込むことは見るに忍びず、そんな結婚は許可できない、というお気持ちも、分からないでもありません。

 一方、彼の両親からは、「親の反対押し切って結婚はやめなさい」と言われたそうです。

 そこで彼女は、「両親の望む結婚をしたいのですが、どのような説得をすれば、両親の不安を解消させてあげられるのでしょうか」と、当欄にアドバイスを求めて来ました。

 以下が、寄せられた質問と私からの回答です。

 
 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【質 問】

 

25歳の女性です。

 

交際2年の彼(30)と結婚を考えております。
彼の両親は大賛成です。
しかし私の両親は反対してます。

 

理由は彼の両親の経済状況です。
彼の父親は会社を経営していましたが倒産。
その時抱えた借金の返済に追われ、
まともに貯金が出来なかったそうです。

 

現在は完済し、少ない額ですが私達の為の結婚費用を貯める為に共働きしてます。
借家住まいで、彼も高卒ですぐに就職しました。今の会社も長く勤め、経済的に自立してます。

 

一方、私の家庭は持ち家があり、兄、私も大学を卒業してます。
学費も、車もケータイも全て親が払い、私は何不自由ない生活を送っていました。

 

私の家庭は祖父母自身が貯蓄をしていたので祖父母の介護や冠婚葬祭の費用を両親が負担することはありませんでした。
それだけの負担があれば恐らく今の家は建てれなかっただろう。父はと言ってます。(大型の住宅です。正直うちの家庭には広すぎます。。)

 

彼との結婚後も、住宅購入を考えてますが、

「彼の両親の老後の面倒をみながらローン返済はあまりにも酷だ。そして互いに育った環境が違いすぎる。お前には無理だ」
と実父に言われました。

 

一方、彼の口から彼の両親に事情を話してもらうと

 

⚪︎自分達の所為で反対されてしまい、申し訳ない。
⚪︎私達はそのために保険もきちんと入っている。少ないが貯金もしている。
⚪︎私達の事は心配するな。自分達の事を考えて生きろ。
⚪︎最悪の場合、私達を見捨てろ。当然の報いだと思っている。
⚪︎◎◎ちゃん(私)を悲しませる事はするな。幸せにしろ。

 

両親から精一杯の返答がありました。

 

私は彼も彼の両親も大好きです。
彼自身も私の事と両親を愛してくれているのが伝わります。

 

私の両親は家庭環境を重視し、世間体を気にします。過保護に育てられ、今でも権限は親で私を信用してません。そのせいなのか、私はマイナス思考になりがちです。

 

相手のご両親は恋愛結婚肯定で、両親より彼の立場が上です。
彼自身、厳しい環境で育ったため、ハングリー精神を持ち、仕事も一生懸命ですごく頼りがあります。

 

彼の言葉にこれまで何度も支えられました。自信が出てきました。

 

言葉が軽く見えますが、私の意思は変わりません。苦労を共にする覚悟はあります。
(私の両親にその事を伝えると「初めは皆そう言う」と笑われます)

 

家を飛び出す覚悟もあります。

 

が、しかし、彼の両親から「親の反対押し切って結婚はやめなさい」
と言われました。
両親の望む結婚をしたいのですが、どのような説得がすこしでも両親の不安を解消させてあげられるのでしょうか。

結婚への意志は全くブレてません。

ただ冷静さを忘れては行けないとおもい、客観的なご意見も伺いたいと思いました。
宜しくお願いします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【質問への回答】

 

ご相談のメールを拝見しました。

 

もう少し詳しい背景が分かれば、具体的なアドバイスができるかと思います。

 

しかし、あなたご自身の内において、「結婚の意思が全くブレていない」のであれば、あなたの信じた通りに生きることこそが、最良の結果をもたらすことでしょう。

 

ただし、一つだけアドバイスさせていただくとすれば、先方のご両親から、「親の反対を押し切った結婚はやめなさい」と言われているのであれば、あなた様は、全力を尽くしてお父様とお母様に、今回の結婚を受け入れていただかなければいけません。

 

なぜなら、それが家族の皆が末永く幸せな生活を送るための大切なカギであることを、彼のご両親はよくよく分かった上で、あなた方お2人に語っていると思われるからです。

 

そして、家族皆の祝福を受けて結婚することこそが、これまでお世話になった双方のご両親へのご恩返しであり、最良の親孝行でもあるのです。

 

そのために、あなたは両親に、今回の結婚について面と向かって言葉に出して説得するもよし。

それが難しいようであれば、手紙に直筆で、あなたの心情を書いて伝えることをお勧めします。

 

ポイントは、これまでお世話になったことへの感謝を込めて、思いの丈を書き綴ってみることです! 

 

一度でだめなら、二度でも三度でも、ご両親がほとほとあきれて、なっとくするまで!

 

以上が、ご相談の内容を拝見した上での私の意見です。

 

分からないことがあれば、遠慮なくおたずねください。
時間があるときにお答えします。

 

平成25年1月6日

 

久都間 繁

| | コメント (0)
|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »