« コロナ禍での一年を振り返る (2020,12) | トップページ | 食がひらく“新しい文明” (2021,2) »

2021年1月 1日 (金)

随所で主となる (2021,1)

 生長の家では「人間・神の子」を生きることを、「随所(ずいしよ)で主となる」と表現している。

 これは臨済(りんざい)禅師の「随処に主となれば立処皆真(りっしょみなしん)なり」に由来した言葉で、随所とは「いたる所で」といった意味だ。

 しかし、その言葉を履き違えると、ときに無理を重ね、ときに自我を突っ張らせて要らぬ対立を招く場合もあるが、随所で主となるのは、周りを支配した後ではないのだ。神の子のいのちは、はじめから宇宙に充ちているのであり、父母未生(ふぼみしよう)以前から神の子・人間は“主人公”なのである。

 その自覚は一切者として全ての責任を担い、すべての人やものや事のために生きる深い覚悟によってのみ、天地一切のものから「主」とならしめられるのである。

 令和も三年目を迎えたが、昭和の御代も平成の御代も、現象の背後に“久遠を流るるいのち”が生き通していることを、私たち生長の家は拝むのである。

  先達から受け継いできた人類光明化運動・国際平和信仰運動も、すべては仏の四無量心のいとなみであり、慈悲喜捨の生涯を全うした先達お一人おひとりの“想い”や“祈り”や“愛行”が私たちとなって花咲いているのだ。

 総裁先生は、代表者ネットフォーラムでのお言葉「居住地の自然と文化を顕彰する」の中で、「固有の自然の恵みと、その自然と調和した文化的伝統に感謝することが、私たちの『自然と調和する』ライフスタイルの拡大と、地球社会への貢献になる」とお説きくださっている。

  その居住地の自然や文化を顕彰する行事が、インタープリテーションであり、PBS活動である。それは、かつて人々の暮らしの身近にあった「自然のいとなみと調和した文化的伝統」を現代に蘇らせ、豊かに味わい、それを実践してみることである。そこから、忘れ去られていたものや、私たちが今ここに生きていることの深い意味が、一つひとつ紐解かれていくことだろう。

  この活動は、自然と調和して生きてきた先祖や先達の“智慧”に学び、これに新価値を加えて後の世代へとバトンを渡すことでもある。

 正月から如月(きさらぎ)の二月にかけて、一年で最も寒い季節を迎える。この時期、華やかな季節には隠れて見えなかった風土に深く刻まれたいのちの世界を、伝統的な行事や季節の料理を通して私たちの身近なものとして蘇らせ、合わせて不可視のものに想いを馳せるときである。

  はるかな過去と向き合うことは、より善い豊かな未来を創るための扉をひらくことでもある。

  わたしたちに何が托され、何をつなぐ使命があるのか。欲すると欲せざるとにかかわらず今ここに生きる者はそれを担い、過去と未来とを結ぶ架け橋として今ここにいるのだ。

「随所で主となる」とは、過去・現在・未来の人々をムスビ、自然や文化的伝統の中にある豊かな恵みや智恵を、現代によみがえらせて生きることでもある。そのとき、名も無き数多の先人たちの“想い”や“祈り”や“愛行”が、新たなユニバーサルな新価値を加えて、「新しい文明」として復活するのである。

  (二〇二一・一)

 

 

|

« コロナ禍での一年を振り返る (2020,12) | トップページ | 食がひらく“新しい文明” (2021,2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ禍での一年を振り返る (2020,12) | トップページ | 食がひらく“新しい文明” (2021,2) »