« 時間は神のいのちである (2021,4) | トップページ | “学ぶ”ことについて (2021,6) »

2021年5月 1日 (土)

啐啄(そったく)の機について (2021,5)

 野に陽春を告げるヒバリの囀(さえず)りに呼応して、花が咲き、草木が生い茂り、人も衣替えの時節である。禅宗に「啐(そっ)啄(たく)同時」という言葉がある。啐(そっ)はひな鳥が内側から卵の殻を突(つつ)くこと、啄(たく)は親鳥が外から突くことで、これが同時に行われることをいう。「完成の燈台の神示」に、「時が来た。今すべての病人は起つことが出来るのである」と説かれているが、この「時が来た」とは啐啄の機が到来して、内と外が一つに動くことである。

 外ばかり見ていたのでは眼前の現象に振り回される、内ばかり向いていたのでは永遠に殻(から)の中である。啐啄同時とは、内と外が〝ひとつ〟になっていのちが躍動することである。それは自他一如の世界に入り〝いのちの世界〟に遊ぶことである。これを生長の家では如意自在の生活といい、私たちの心境がこの境地に入る修行が、日々重ねる三正行である。

 たとえば私たちの体内の心臓や、肺や胃や膀胱(ぼうこう)など内蔵の働きも、すべてこれ意識せずとも啐啄同時に全体が働いていることは決して〝当たり前〟なことではないのだ。それはアイコンタクトどころの話ではなく、見えず聞こえず五官で感じなくとも、いのちは全体を大調和裡(り)に生かしているのである。この不思議な神秘な力に委ねることが全托である。

 宇宙大生命は、大きくは星雲の運行から、小さくは素粒子の微少な世界に至るまで〝ひとつ〟のいのちの働きとして天地の渾(すべ)てに渡って営み給い、この天地に充ちる働きは、私たちの人生に観世音菩薩の摂理の手となって現れるのである。

 四苦といわれる生老病死は、避けようもなく私たちの人生に巡り来るように見える。しかし不要な経験などこの世にはなく、全ては大生命の不可思議の摂理によって巡り来るのであり、それぞれの出来事は最も善い時節に現れるのが唯心所現の世界である。その摂理の手を無視して、利己的な都合の良いことばかり得ようとしてもそうは問屋が卸(おろ)さない。受けるべきものは受け、耐えるべきものは耐え、倒れる時節には倒れても、神の子のいのちは、そこから何度でも起ち上がる無限の力を秘めているのである。そして一歩ずつ〝善きこと〟の三正行を、一つまた一つと積み重ねていく。その善行の中から、必ず一切の〝善きこと〟が天地の全てとなってめぐって来るのである。

 過去の業や因縁を浄化する道は、神のいのちの中に幼子のように飛び込むことである。これを大懺悔(ざんげ)といい、その過程で、過去生の業因が自壊してくるように見える場合もあるが、その度に起ち上がり、真理の火を灯すのだ。

 黙々とした祈りの中から、やがて霧が晴れ光明が差し初める。その光源は、どこか他の所にあるのではなく、あなたが内に灯し続けた光がそれであったことに、やがて気付くときがくるのである。私たち一人ひとりが祈りの火を灯す、そのささやかな光こそが神の子の証(あかし)であり、灯を掲げ続けることによってのみ、人生に、世界に、光り輝く夜明けがもたらされるのである。

 (生長の家埼玉教区・群馬教区の機関紙から)

|

« 時間は神のいのちである (2021,4) | トップページ | “学ぶ”ことについて (2021,6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間は神のいのちである (2021,4) | トップページ | “学ぶ”ことについて (2021,6) »