« 「すべてを担う」ことから (2021,7) | トップページ | 生命の舞台 (2021,9) »

2021年8月 1日 (日)

木下闇について (2021,8)

 梅雨の間、毎晩のようにシューマンの交響曲(シンフォニー)を聴いていた。うっとうしいはずの季節になぜか神の恩寵(おんちょう)を感じて、降り注ぐ雨が、たまに差す陽の光が、楽しげに呼び交わす小鳥の囀(さえずり)りが、目に見えぬ世界からの祝福だったことに気付かされ〝当たり前〟のことのありがたさに、心の眼がひらかれる思いがした。同氏の曲のタイトルは「春」を始め、欧州を流れる「ライン」川など自然を題材としたものが多く、それだけ彼の音楽は自然と深く寄り添い、そこから生まれた歓びを奏でているのであろう。

 齢(とし)若い頃、わたしの心の目にシューマンの音楽は、とても凡庸で、退屈で、ただの感覚美を追求した過去の作曲家としてしか映らなかった。が、かつて恩師が、生前にシューマンのシンフォニーについて讃えていたことを思い出したのを機に、自宅にあった三番、四番が収められたCDを聴いてみると、妙に心に響いてきて、以来、そこに奏でられた生命が踊る歓びや、寂寥感(せきりょうかん)に充ちた滅びゆく悲しみ、人間と自然界との深い共感や、生命と生命が豊かに交わる様が、音楽の中から美しい像をムスビはじめたのである。齢を重ねることは、決して悪しき事ばかりではなく、豊かな魂の稔りと意識の拡大をもたらすようである。

 このような発見をさせていただけたのも、生長の家のPBS活動に触れたおかげである。それまで、凡庸でつまらぬものとしか見えなかった家庭菜園や、手間のかかるクラフトや、自転車で野や街を走る素朴なよろこびの背後に、人がこの世に生まれ、成長し、次世代へといのちを繋(つな)ぐことの、切なく掛け替えのない人生のいとなみがあることが見えてきたのである。そこには、信仰によって宇宙大生命とつながり生きる安らかな喜びが充ちているのだ。そんな発見を、この活動に参加した人たちが笑顔で語るのを、聴かれた方も多かろうと思う。

 いよいよ梅雨も明け、盛夏を迎える。その眩(まぶ)しい日差しの背後に密(ひ)そむ世界のことを、俳句の季語で「木下闇(こしたやみ)」と呼んでいる。『歳時記』の一節には、「木下闇は昼なお暗く、暑さから逃れられる別天地のようなところ」とある。この言葉は、決して現象に現れることのない、深い真実の世界が沈黙とともに闇の中に潜んでいて、この世界を見えないところで支えていることを伝えているのだ。

 このようなことも若いころには思い及ばぬことで、意識の深化も人生の齢(よわい)を重ねるという切実な経験と関係しているようである。四季の著しい変化を経て万物が生長するように、癒やし難いと見えていた悩みも悲しみも、やがて底知れぬ慈しみの歳月を経て、そこに失せることのない生命の光が、闇と見えるものの奥底にひそんでいることを知るのである。そんな真実の姿は、魂の成熟をもって初めて見えもし、音となって聴こえても来るのである。

 

 (生長の家埼玉教区・群馬教区の機関紙から)

|

« 「すべてを担う」ことから (2021,7) | トップページ | 生命の舞台 (2021,9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「すべてを担う」ことから (2021,7) | トップページ | 生命の舞台 (2021,9) »