« 2021年11月 | トップページ | 2022年2月 »

2021年12月30日 (木)

一隅を射照らす (2022,1)

 ある朝ふと、『常楽への道』(吉田國太郎著 日本教文社)を開くと、「行き詰まりというものは人間知が行き詰まるのであって神は行き詰まらない」とあり、さらに、生長の家では「八方塞がりでも天は空いている」と書かれていた。これは、私たちの内にある無礙自在な神の智慧が開けば、尽十方に道が開くことを伝えているのだ。


 以前ある友人が「神さまを信仰しているのに、理由もなく心が〝暗黒面〟に引き寄せられる」と、言い知れぬ苦悩について語ってくれたことがある。多くの方は〝心の傾向〟のことなど気にも留めずに生活しているのであるが、私たちが過去の辛い出来事に縛られ、自身を責め続けていると、わずかと見えるその痛みが雲のように集積され、やがて人との対立や事故や病気などの「行き詰まり」となって現れるのである。


「行き詰まる」ことで人は初めて自身の〝心の障壁〟に気付く。このような時期に宗教の門を叩き、先達の言葉を素直に「はいッ」と受けて祈り、求道し、愛を行い、人生の光明面を見る「日時計主義」の生活を続けた者は、再び行き詰まっても、その度に自らを省みる好機として患難を光に変えるだろう。さらに行じていれば、やがて〝天の扉〟は十方に開いていることが分かるのである。その一方、自分の都合を中心に、様々な理屈をつけて狎(な)れ親しんだ現象の闇に執着している者は、いつまでも同じ〝自我〟の障壁が「八方塞がり」となって現れて、無い過去に苛(さいな)まれるのである。


〝自我〟中心から、神を中心にした信仰へ切り替えは、本で読み、頭では理解していても、一向に神の子の自覚が深まらないのは〝自我〟を殺し終えていないからである。「常に自我を死に切るべし」との信徒行持要目の言葉は、利己的信仰への鉄槌であり、肉体・人間の自覚を徹底的に葬り去り、神の無尽蔵の世界をひらくための〝無の門関〟である。

 

 新年を迎えるに当たり、日々顧みたいことは、『続々甘露の法雨』に説かれた、「人間・神の子」の自覚より「神の子・人間」の自覚に入るべし、という教えである。私たちは人生で多少なりとも財や名声を得て、自らの人生を全うできたように見えたとしても、心に空いた穴に啾々(しゅうしゅう)とした虚ろな風が吹いていたとしたら、それは自我だけが納得しているのであって、内なる神は頷(うなず)いていないのである。


 自我を死に切り、随所で主(神の子)となり、家庭で、職場で、組織で、至る所で日時計主義の真理の光を灯し、周りの人の心を明るく照らす人の境涯は、どれほど安らかな充足感に満ちたものとなるだろう。


 気付いたときが、出発の時である。いつでも「今」が神の子の進一歩となる。そこに起ち上がるのは自我ではなく、仏の四無量心が起ち、神のいのちが起つのである。そこから「神の子・人間」への〝新生の時〟が始まる。それは自我が歓ぶ境涯ではなく、草や木や人や動植物や天地一切のものと心を通わせ、神と共に歩む厳かな生活が始まるのである。そして愛と慈悲を灯したその光が、あなたのその足元を射照(いて)らすのである。

 

(生長の家埼玉教区・群馬教区の機関紙から転載)

| | コメント (1)

2021年12月 6日 (月)

聖使命のこと (2021,12)

 11月、埼玉・群馬のペア教区で「聖使命研修ネットフォーラム」を開催させていただいた。生長の家では、人間は神の子であり、その実相は円満なる宇宙大生命であり、智慧と愛と生命に満ちていると教えていただいている。聖使命とは〝聖なる使命〟すなわち、神の無限の愛、仏の四無量心を全力で生きて、この世界を光明化する働きのことである。


『生命の實相』第一巻の「實相篇」には、「自性円満を自覚すれば大生命の癒力(ゆりょく)が働いてメタフィジカル・ヒーリング(神癒(しんゆ))となります」と説かれており、「自性円満」という言葉には「そのままで円満完全なこと」との注釈が添えられている。そのままとは、はじめから、ということである。それは、「神の子」に成るために長い時間をかけて精進努力した後にそこに達するのではなく、そのままで自性(実相)は完全円満であり、ハイッとそれを受けて歓喜し生活していれば、本来の実相が顕れる、ということである。


 かれこれ四十年ほど前のこと、宇治練成会で「聖使命」の講話を担当していた講師が、「皆さん、そのまま円満完全な神の子であり光りである! という実相を悦びたくない人は、聖使命会に入ってはいけませんよッ!」と冗談めかしく説かれていたが、講話の後、初めて練成に参加したと思われる何人もの方が入会されていたことを思い出すのである。


 今回の聖使命研修では、冒頭で埼玉教区相愛会の冨田敏夫会長が挨拶され、『到彼岸の神示』(谷口雅春著)の一節を引用して、「神さまの教えをひろめるためには〝純粋な献身〟が要求される」ことを紹介されていた。続いて三名の方が体験発表をされたが、彼らに共通していたことは、幼な児の信仰と純粋な献身である。生長の家の運動は数知れぬ先達の〝純粋な献身〟のおかげで、私たちの元に人間・神の子の〝真理の火〟が届けられ、その光りに照らされて人生の桎梏(しっこく)と見えていた人間苦、経済苦、病苦から解放されたのである。そこに点ぜられた「火」とは、「自性円満」の真理であり、そこから生じた喜びが人類光明化運動・国際平和信仰運動となって溢れてきたのである。


『新版 真理』悟入篇には、聖使命菩薩について「すべての人を救いとろうと、いとも広大なる救いの手を拡げられた(中略)、観世音菩薩の千本の手の一本一本が衆生済度の聖使命を感得された皆さんであります」と説かれている。聖使命に入会するとは、先達の言葉を借りれば、「そのまま円満完全な神の子であり光りである!」その実相を悦び生きることに他ならない。それは同時に神の無限供給の扉を開くことでもあるのだ。


 その鍵は、はじめから私たちの内にあって、この世に持参して生まれてきた〝如意宝珠(神の命)〟の働きに秘められているのである。「聖使命」とは、使命を生きる悦びの灯火を随所で点じて光明化することであり、それが潮干(しおひる)の珠(たま)(現象無し)と潮満(しおみつ)の珠(たま)(唯神実相)の働きである。聖使命菩薩の生きて歩むところ、至る所に浄土が湧出するのである。

 

(生長の家埼玉教区・群馬教区の機関紙から転載)

| | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年2月 »