« 2022年3月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年4月 1日 (金)

静的工夫と動的工夫 (2022,4)

 東日本大震災から十一年目を迎えた朝、聖経を拝読していると〝呂律(ろれつ)が廻らなくなっている〟と家内に指摘された。事の次第に気がつき、家内の運転で病院に行ってMRIで詳細な画像を撮ってもらった。
 医師から、「脳梗塞ですね。右側の、この白い点がそれです」と診断された。
 懸念されたのは、教化活動に支障をきたすことだった。〝これで私も店じまいかな〟と思った瞬間、十代の頃に観た映画の一コマが脳裏に浮かんできた。

 それは、登山家の長谷川恒男氏(1947-1991)が、スイス・アルプスの「冬季アイガー北壁初登頂」に挑んだ時の記録で、かつて数多(あまた)の登山家がこれに挑戦して失敗し、これまで数十本もの指が凍傷で失われていたのだ。同氏が登頂後のインタビューでこの話題に答えて、「手足の指先にまで意識を通わせてたおかげで、凍傷にはなりませんでした」と語っていた。

 長谷川氏の言葉をヒントに、数日間、真理の研鑽と神想観での深い祈りに沈潜した。招神歌(かみよびうた)を唱え、神想観の姿勢に入ると、いつになく生命の生かす力が何処からともなく湧いてくるのを感じた。生長の家ではこれを「天地を貫きて生くる祖神(みおや)の権能(ちから)」とも「癒力」とも呼んでいるが、それは「自我」の活動が静まるに従って聴こえてくる〝声なき声〟である。これに心を澄ませ身を委ねることで、その神癒の力は全心身を充たしていった。

 医師から入院を勧められ、クスリも処方されていたが、これから入院してそれを服用し続ければ、仕事への復帰は数ヶ月先となることだろう。そして何よりも、この神からの霊妙な感覚である「癒力」(癒やす働き)の邪魔をしてしまうことは明かなように思えた。熟慮の末、医師にも率直に私の考えを伝えて通院をやめ、以後は“内なる声”に従って自然治癒に専念させていただくことにした。

 そんな日々を過ごした三日目、招神歌や聖経読誦の言葉が、だんだんハッキリしてきた。そして発症して五日後、埼玉教区での月次祭でなんとか祝詞(のりと)を唱えることができた。まだ途上であるが、これも皆さんの深い祈りのおかげと思う。

 さて、『誰でもできる「石上げの行」』(宗教法人「生長の家」)という冊子が刊行された。歴史を振り返ると、かつて日本の各地で、石に願いをこめて奉納していた記録がある。私が育った静岡でも、かつて疫病(えきびょう)や飢饉(ききん)が発生して多くの民衆が苦しんでいたとき、明山鯨海(げいかい)和尚という僧侶が駿河湾で石を拾い、それにお経を書いて菩提山に収めたという伝承があり、実際に足を運んでみると、今でも十五センチ以上の平たい石が山頂に無数に散在している。
 また、お隣の山梨県の鳳凰(ほうおう)三山(南アルプス)には地蔵岳(2.764m)があり、その山頂にはたくさんの石地蔵が奉納されている。これは子どもに恵まれなかった夫婦が子宝を祈願して登拝し、無事に子どもが誕生するとお礼に石地蔵を刻み、それを背に担いで運び上げたものだという。

 生長の家が説く〝神癒〟には、自力の働く余地は微塵(みじん)もなく、ただただ神の絶対他力によるもので、それは神想観の静的工夫によって顕著に発現する。その癒力は、古来「石上げの行」などの動的工夫を通しても祈られ、〝ムスビの働き〟として各時代に顕現していたのだ。その衆生救済の働きは、肉体を超え、時代を超え、国境を越えた神の愛・仏の四無量心から発している。
 今はウクライナの平和と、次世代の安寧(あんねい)を祈り、共に現し身に授けられた聖使命の火を高く灯すときである。


 
 

 

| | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年6月 »