手紙

2015年4月15日 (水)

流産して悩んでいる方へ(2)

「流産して悩んでいる方へ」という読者の方との遣り取りを、2013年の秋に当ブログにアップしましたが、過日、これを読まれた方からお礼のコメントをいただきました。

 

近年のインターネットは、FacebookにしてもTwitterにしても、情報がどんどん流れ去って消えてしまうことに大きな違和感を感じていたところに、流れ去らない言葉もあることが分かり、少し安堵した次第です。

さて、コメントをお寄せいただいた方は、これまで5人の子供を授かったものの、この世で会うことが叶わなかったという辛い思いを抱えていました。

彼女との対話が、同様の問題で悩んでいらっしゃる方の参考になるかもしれませんので、この遣り取りをアップさせていただくことにしました。

以下は、数度にわたって頂いたコメントと、私からの返信となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今までに5人子供を授かりましたが、この世では会えませんでした。

どうこの現実と向き合っていけばよいのか悩んでいるときにこちらのHPにたどり着きました。

今もつながっているのかと思うと、心が温かくなりました。ずっとさみしかったのに。。

心温まるお言葉、本当にありがとうございました。


投稿: サブリナ | 2015年4月10日 (金) 22時11分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コメントをありがとうございました。

たくさんの子供たちと〝神縁〟をいただきましたね。

現象的には分かれているように見えますが、〝いのちの世界〟では、いまだ一度も離れたことなどないのです。

彼らはあなたとともに生き通しています。神さまにおいて〝ひとつ〟のいのちであり、あなたと久遠に愛し合っていることを観じ、祝福し、大いに(無限大に)喜んであげてください。

それこそが「祈り」(命宣り)であり、実相のみを観ずる生長の家の神想観です。

 

投稿: 久都間 繁 | 2015年4月11日 (土) 17時28分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

心に染み入るお返事、本当にどうもありがとうございました。

人数分の激しい辛さが、その分の喜びになれた気がします。。

現在は高齢ということもあり、もうこの世で会えるのは難しいという認識もあるのですが、これはこれでまた受け入れることがとても辛いのです。

これが私の最後の試練かもしれません。
この世でもう会えないとすれば、今世私に何か原因があると受け止めるべきなのでしょうか。

医学的に問題がないとすれば、スピリチアル的にどのような背景があるのかが受け止められられれば、乗り越えられるかも知れない、と思い恐縮ですが、再度コメントをさせて頂きました。

知識の乏しいわたくしが、とても暖かく慰めて頂いたにも関わらず、このような答えの難しいお問い合わせを突然させて頂いてしまうことを、大変申し訳なく感じております。

が、これも何かのご縁と思い思い切って書かせて頂きました。もし差支えなければご感想をお聞かせください。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

投稿: サブリナ | 2015年4月13日 (月) 19時59分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

合掌、ありがとうございます。

辛い積年の思いを、打ち明けてくださり、ありがとうございました。

子供たちとこの世で、目に見え、言葉を交わすような形で会えないことは、お辛いことと思います。

しかし、この世で「もう会えない」ということでは、ないのです。

なぜかと言えば、自分が産んだ子だけが、あなたの子供ではないからです。

神縁というのは、血筋によるものだけではありません。

自分の子供や孫であるか否かということとは無関係に、神縁によって出合った方とは、生と死を越えてより深い絆が結ばれるものです。

たとえば、恩師や師匠と呼ばれる人たちとの出会いは、肉親との縁とは別に、師が亡くなった後もより深く結ばれていることを感じるものです。

私の娘は今年大学4年になり、親元から離れて東京で生活していますが、彼女の絵の師匠(イラストレーター)は今年、喜寿を迎える独身女性の方ですが、自分の子や孫でもないのに、肉親のようにして無償で絵の指導をして、おまけに人生の指南までしてくれています。

また、私自身も亡き恩師との繋がりは、昇天後に十年の歳月が過ぎても、肉親とは異なる次元で、より深い結びつきを感じながら今も生きています。

むしろ、継承したものが私を通して生きている、といった印象で、このようなご質問にお答えさせていただくのもその一環なのです。

あなたのご質問にある、「スピリチアル的にどのような背景があるのか」ということについては、あなたが今どのような仕事をされ、どのようなことに取り組んでいらっしゃるかは存じ上げませんが、現世でお子様に恵まれなかったことは、これはあなたが今生で取り組んでいらっしゃる〝ご使命〟とも関係していることのように思われますが、いかがでしょうか。

つまり、あなたが持っているもの、情熱をこめて取り組んできたこと、生きがいにしてきたことが、もしかしたら、後世を担う若い人々に〝無償で〟伝えるご使命があるのかもしれない、ということです。

あなたが無償で与えたことは、彼らの血となり肉となって、それがまた後世へと続いていくのですが、このような深い繋がりは、誰にでも恵まれているようなものではありません。

それなればこその〝神縁〟であり、これに応えるためには〝無償の愛〟をもってしか応えることができないのです。

その理由はよく分かりませんが、神がそれ(愛そのもの)であることに由来しているのだと思います。

十分な情報がないままでのアドバイスとなりますので、行き届いた答えになっていないかもしれませんが、追加の質問があればお知らせください。

 

投稿: 久都間 繁 | 2015年4月14日 (火) 13時22分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

とても考えさせられるお返事、本当にありがとうございました。

5人の子供とは、私が人生を全うした時に会えるのではないか、、とその時を心から楽しみにしていますし、今回言って下さった「命の世界ではまだ一度も離れたことがない」という言葉には、とてもとても励まされました。
感動して泣きました。

今世で私ができる「無償の愛・・・」

今すぐ何かは正直分からないのですが、あの世の子供達に、あまりにも集中し過ぎていたここ数年の愛情(もしかしたら執着なのでしょうか?)を、これからは少しづつ、縁あって出会った方に向けていってみようかな、と思いました。

最も身近な両親や主人にさえも、切なさで精一杯で心に本当に余裕がなく、気遣う気持ちをここ数年忘れてしまっていた気が今してきました。。

この状態ではお母さんに選ばれなくても仕方なかったかもしれません。

神縁で子供達と、生と死を超えて深く繋がっていると分かっただけで、今回心にゆとりが生まれ、ここまで客観的に色々な事にお蔭様で気付く事ができました。

まずは子供の父親であり、神縁によって出会い、沢山辛い思いと我慢をさせてしまった主人に愛を再度向けないといけないです。

そして、6人目の子供とひょっとしてこの世で会えるかは、神縁に委ねる事に致します。

「血筋だけが神縁ではない」というお言葉に、しばらくは不思議な気持ちと、目から鱗のような気持ちと、壮大なスケールの中で人生をすごしていたのか、、、など本当に考えさせられました。

ずっと止まっていた私の時計の針が、漸く動き出した気がします。

また人生の困難にぶつかった時、改めてご連絡させて頂くかもしれません。

私と同じ思いで、とても辛い経験をされた方が、このやりとりを読まれて私と同じように心が軽くなると良いな、と感じています。

今回相談に乗って頂いて、心の底から感謝しております。今回の心温まるお言葉は私の生きる糧となることでしょう。
ありがとうございました。

そして遠く離れたお嬢様も、これからも沢山の良縁に恵まれますように。。

 

投稿: サブリナ | 2015年4月14日 (火) 20時37分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ご丁寧な返信をありがとうございます。

>> ずっと止まっていた私の時計の針が、漸く動き出した気がします。

よかったですね。

6人目7人目のお子様は〝神縁〟によって必ず授かりますのでご安心ください。

同じ悩みを抱えていらっしゃる方のために、今回の遣り取りを公開させていただくことにします。

 

>> また人生の困難にぶつかった時、改めてご連絡させて頂くかもしれません。

 

どうぞ遠慮なく。

 

投稿: 久都間 繁 | 2015年4月15日 (水) 10時01分

| | コメント (3)
|

2014年4月22日 (火)

うつ病を克服するために

 20年来のうつ病という、40代と思われる方から相談のメールをいただきました。

 宗教の門を叩くのは、人生で行き詰まった
場合か、この世を超えた崇高な真・善・美を求めての場合か、あるいは美しい生き方(信仰生活)をされている方と出会った場合などさまざまです。が、この方は前者、つまり全てがうまく行かず、悩み苦しんで門を叩いてこられました。

 最近、ますますはっきり感じるようになったのは、人生に「行き詰まる」とき、というのは、最も「神さまに近づいている」とき、でもあるようです。

 これをどのように導き、そして彼の「内なる神性・仏性」に取り次ぐことができるか、これは私ども宗教に携わる者に課せられた重要な使命でもあります。

 はたして、それがどこまで果たせているかどうかは分かりませんが、皆さんのご参考までに、お名前を伏せて、質問と私の回答を公開いたします。

 2014年4月22日



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【メールによる相談】


 
 こんばんは、初めてメールさせて頂きます。

 数年前の5月頃、東京・原宿で先生の御講話を拝聴させていただき、後でご指導頂き、先祖供養について教えていただきました。

 その節は親切に熱心にお話下さり、有り難かったです。本当にありがとうございました。

 教えていただいた通り、仏壇がなければ清浄な箱でもいい、とのことで、お札に先祖代々の名前を書き込み、清浄な箱に祀らせいただき、聖経をあげています。生長の家の本は真剣に拝読し始めて五年程です。

 メールでは失礼と思いましたが、宛先がわからす゛先生のブログを拝読し感銘致しまして送らせて頂きました。

 起こった事は全部己のせいですが、色々な事が上手く行かず苦しんでおります。

 ご多忙の中恐縮ですが、おてすきの時がございましたら、再度先生のご指導を賜れませませんでしょうか。

 昨年20年来のうつ病で障害者三級になりました、辛い体をおして派遣でなんとか勤めても、月11~12万ほどの収入で貯金も十数万です。

 生長の家で教えて頂いた、ただ善のみ、ただ豊富のみを唱え頑張っていましたが、収入が決まったサラリーマンがどうやって? 派遣には昇給、ボーナス、退職金がありません。

 四十代を迎え、ダブルワークをする力も、宝くじを買う金もありません

 父は十歳で亡くし、母、兄からはいまのよで言うなら、虐待とされるような事をされてきました。

 断絶され長年会っておらず、居場所も知らされていません。

 助けを求められる人はいません。暗くて鬱陶しい話を申し訳ございません。

 父が四十代でなくなり、自分も子供の頃から四十代で死ぬと思っていました。だから現状がこんなでも、もうじきさよならなんだから…という気持ちもあります。

 周りに引かれてしまいますので、誰にも相談できません。

 どんなに表面上明るく振る舞っても、自分の芯に硬い暗い闇があるようです

 また目、膝、腰の左側の体ばかりが悪くなるのです。

 収入、健康、家族、みなしくじっています。
 どうしても上手くいきません。せっかく生長の家の教えがあるのに、結果がついてきません

 勝手なおねがいで申し訳ございませんが、先生に一言ご指導賜りたくメールさせて頂きました。

 長々失礼致しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【質問への回答】

 合掌、ありがとうございます。

 メールを拝見しました。以前に私が指導したことがあったとのことですが、文面を読んで感じたことをアドバイスします。

 頂いたメールによると、「生長の家で教えて頂いた、ただ善のみ、ただ豊富のみを唱え頑張って」いるとのこと。

 善や豊かさを口に出して唱えていたとしても、現在のあなたのように、「収入が決まったサラリーマンがどうやって?」なんて〝心の底〟でそれを打ち消していたのでは、いつまでも現状を変えることが出来ないのは、「心の法則」によってあなたの「信じた通り」のことが実現しているのです。

 せっかくの「行」が、「信」をともなわない〝空念仏〟に終わるのはもったいないことですが、それはあなたの生きる姿勢が、まだ信仰にまで到っていないのかもしれません。

 生長の家では、迷ったり行き詰まったりしたときには、「第一義のものを第一にする」ことが問題解決の基本であると教えられています。

 第一義のものとは、神のことであり、仏性のことであり、あなたの「実相」のことです。

 迷ったり、行き詰まったりするのは、「第一義のことを第一に」していないことの裏返しでもあります。

 つまり、神よりも、仏性よりも、実相よりも、現象にすぎない肉体の健康やお金のこと、暮らし向きのこと、などの〝取り越し苦労〟を第一にしていれば、三界唯心所現(心の法則)によって、あなたが心に描いた通りの(神ならざる、仏性ならざる)混乱した不完全な状態が現れるのです。

 このような中途半端な心の姿勢では、とても生長の家の信仰とは言えません。

 生長の家の信仰生活は、シンプルに言えば「第一義のものを第一にする」生き方です。

 現象は「心の影」に過ぎません。心の影は、聖経『甘露の法雨』に説かれているように「心」のフィルム(原版)を浄めることによって、いくらでも〝より善きもの〟に変えることがでるのです。

 信仰によって、あなたの人生を改善したいのであれば、これまでの自分の生き方を、「自分中心」から、「神を中心」にした生き方に変えることです。

「人間・神の子」の自覚の深まりも、悦びの人生を実現することも、あなたの生きる姿勢を「神(内なる神性・仏性)を中心に」据えることによって、大きく開けて来るのです。

 以下にアドバイスを書きます。本気で問題を解決したいのであれば、倦(う)まずたゆまず実行してみましょう。


①毎朝夕、必ず神想観を実修すること。

 神想観(祈り)は信仰生活の基本です。人間・神の子の自覚は、神想観を日々実修して、すべてを、どんな悩みも苦しみも何もかも〝神に全托〟して、そのまま円満完全なる実相を静かに観ずることによって深まるのです。
 不完全な現象は無い! 人間ははじめのはじめから円満完全な神の子である! との自覚が深まれば、あなたの人生は着実に好転します。

 実修方法が分からなければ、お住まいの教区や練成道場の練成会に参加して、先達の諸講師から正しい指導を受けることをお勧めします。


②毎日時間を決めて『生命の實相』などの聖典を拝読すること。

 生長の家の悦びの信仰は、「自性円満」(そのままで完全円満であること)に目覚めることから始まります。そのためには、あなたの内なる実相に、直接呼び掛けるコトバを毎日拝読して〝いのちの糧〟としてください。

 その第一歩として、『生命の実相』(日本教文社刊)を1巻から40巻まで順次読み進めてください。全巻そろえるお金がなければ、1巻から順次読み進めることです。読了したら、必ず次の巻を買うお金が揃います。信仰が深まるにしたがって、お金でも物でも協力者でも、すべては必用に応じて必用なものが巡ってきますから、安心して修行に励んでください。

 これと合わせて、御先祖と亡きお父様、すべての諸霊に感謝を込めて、仏壇の前で聖経『甘露の法雨』を読誦しましょう。


③人のお役にたつことを毎日1回以上実行すること。

 近隣のゴミ拾いでも、他人の幸せを祈ることでも、家族やお世話になった方に感謝の手紙を書くことでもよし。派遣先で深切な言葉や感謝の言葉を掛けることでもかまいません。今のあなたに出来ることを、密かに実行しましょう。これを続けてみましょう。

 現在の境遇を克服して「無限供給」を開く道は、あなたの内に在る(無尽蔵の)チカラを〝無償で〟人に与えることから開けてきます。〝与える者が、与えられる〟のです。

 天地のすべてのものは、神と神の現れですから、人生で出合う一つひとつの機会を〝かけがえのないもの〟として感謝して迎え、今のあなたに出来る深切を精一杯なさってください。

 最後に、あなたが無限生長の道を歩むために、勇気を出して地元の誌友会に参加してください。

 身近なところで真理の道を歩む方たちと実相を研鑽し、人生の光明面を見る「日時計主義の生き方」をしっかり修得すれば、「修行」も〝楽行〟となり、あなたが豊かに繁栄するためのたくさんの気づきや、ヒントや、アドバイスをいただけることでしょう。

生長の家本部講師
久都間 繁



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【礼 状】 (平成26年4月22日)

 ご多忙の中、突然の申し出に親切にご指導頂き、誠にありがとうございました。一生懸命やっていたことは、空念仏でした。

 先生にご指導頂いた数々を、良いご報告が出来るよう努力します。
 本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【礼状への返信】 (4月23日)

ご連絡をありがとうございます。

先ずは、何もかも、神さまに全托することからはじめましょう。

そして、まな板の鯉になって、楽に生かされて生きるようにしましょう。

神の御心のままに導かれますよう、祈っています。

久都間 繁


| | コメント (2)
|

2014年3月 8日 (土)

悪念・悪感情を消す方法

 皆さんは、「心の法則」という言葉をご存じでしょうか。
 
 

「心の法則」とは、仏教では「三界唯心所現」というコトバで言い表しますが、平たく言えば「心に思い描いたことが実現する」というものです。

 私たちが、善い事ばかりを思い描けるようであれば問題ありません。しかし、愛が深い人ほど家族のことを心配したり、思い煩ったり、取り越し苦労をしてしまう場合があるものです。

 しかも、「心の法則」をなまじ心得ていると、心配事をしたら心配したことが実現する、恐れたら恐れたことが実現する、という考えにとらわれて、「心の法則」にがんじがらめになってしまう場合があるものです。

 皆さんは、「こんな馬鹿げたことを思ってはいけない」「こんなヘンな考えを持ってはいけない」と思えば思うほど、その馬鹿げた考えに捉われて、悩み苦しんだ経験はないでしょうか。

 この地獄のような迷宮から抜け出せなくて、どれほど多くの方が、大切な家族や友人を傷つけ、かけがえのない人生の沃野を、荒れ果てた枯れ野にしてしまったことでしょう。

 今回いただいた相談も、その迷宮から抜け出すための光りを求めて寄せられたものです。

 同じような隘路(あいろ)に陥っている方のために、質問と回答を公開させていただきます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【質 問】 (2014年1月24日)

 

合掌ありがとうございます。

先日、●●さんからの紹介で、「個人指導内容をメールか手紙でお送りください」と聞き、メールさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

私は、時々不安定になる時があります。

最近あったことは、主人と仲良くしている女性が私とも仲良くしたいと近づいてきたときです。

「この二人は好き同志なのか!?」と。

――そんな馬鹿な事を本気で思い、主人やその女性を恨んだりしてしまいます。
主人の事も信じられなくなってしまいます。

 

昔も似たような事があり、不安だと主人にいうと、
(そのときは、プライベートで私の知らない女性と毎週イベントを開催していました)
嫌な顔をされ、信じていない私を嫌がっていました。

 

主人と仲良くしている女性全員にそういう感情がでるわけではありません。

 

主人と出会う前、私には婚約者がいました。

が、婚約者は私が妹のように可愛がっていた女性と半年以上深い関係になっていて、私はその婚約者とは別れました。

 

そのトラウマがあるのかもしれません。

 

主人を信じられない自分が本当に辛いのです。

不安定の時は、主人をすごく疑っている自分が嫌です。

行動が気になったり、スマホを見ていると誰にメールしているのか? とすごく気になります。

 

どうしたらよいのでしょうか?

お教えいただきたく存じます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【相談への回答】 (1月24日)

 

ご相談のメールを拝見しました。

 

振り払っても振り払っても消えないご主人への疑惑が湧いてきて、「このような考えは間違っているかもしれない」と悩まれるお気持ちは、どんなに苦しかったことかと思います。

今回ご相談を私に寄せてくださったのも、なにかのご縁だと思いますので、できる限りアドバイスをさせていただきます。

ご相談の内容から、あなたもすでにお気づきのように、現在の悩み苦しみは過去のトラウマが強い影響を与えていることと思われます。

婚約者と、妹のように親しくしていた友人という最愛の人たちに裏切られたことは、あなたにとって拭いがたいほど、辛い経験だったことでしょう。

このような辛い体験が、現在の自分の意思に反して、今日まで尾を引くのは、仕方のないことでもあるのです。

しかし、ご安心ください。

どのような辛いトラウマでも、それは「現れたときが、消えたとき」なのです。

もうすでにあなたは、生長の家をご存じなので、よく分かることと思いますが、「心の法則」によると、心の奥深くに押し込まれた“想い”は、現れては、消えていくのです。

要は、それを「握り」さえしなければ、二度と再現されないのです。

つまり現れてきた“想い”は、ふたたび「掴(つか)み」さえしなければ、どんどん消えていく一方なのです。

ですからヘンな想いがわいてきたときに、「こんなバカなことを想ってはいけない」と、くよくよと自分のことを否定していたのでは、いつまでも消えずに、過去の迷いが再現されてしまいます。

でも、心配はいりません。

悪念、悪感情が湧き起こってきたら、逆に「しめたものだ!」と、思い直してください。

嫉妬の感情、ご主人への疑惑、馬鹿な考え、そんな悪念・悪感情が出てきたら、

「これで消えた、これですっかり善くなる!」と心から感謝して、いつでも湧いてきた“悪念・悪感情”を見つめ見送るようにしましょう。

なぜなら、過去の迷いは、完全に消え去るとき、意識の表面に浮かび上がってきてから消える、それも心の法則なのです。

この過去の迷いが現れる働きは、実は神さまの広大なる「宇宙浄化の働き」そのものなのです。

つまり、住吉大神が心の奥底まで浄化してくださっているのです。

ですから、馬鹿な想いが湧いてくる、ということは、神さまが過去の迷いを消してくださる「浄めの働き」なのです。

だから、悪想念・悪感情が出てきたら、「これですっかり消えた、これでどんどん良くなる!」と感謝していれば、自然と消えて、現れなくなるのです。


以上がアドバイスですが、その一助として以下のことをお勧めします。

①朝と夕に如意宝珠観などの神想観を実修して家族を祝福すること。合わせて、毎朝ご先祖に『甘露の法雨』を読誦すること。

②毎日時間を決めて、聖典『生命の實相』を第1巻から順次拝読すること。

③生長の家誌友の方が、地元で開催している母親教室や白鳩誌友会に、ぜひご参加ください。

以上が、いただいた内容を拝見した上でのアドバイスです。

さらに確認したいことなどあればご質問ください。遠慮はいりません。

生長の家本部講師
久都間 繁

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【お礼のメール】 (1月26日)

 

久都間先生へ

 

合掌ありがとうございます。

この度はご丁寧にありがとうございます。

「これで消えた」
「これでよくなる」

と唱えています。
アドバイスいただいた「行」もやります。
ありがとうございます。


【私からの追伸と確認】 (3月4日)

合掌、ありがとうございます。

その後、信仰生活は順潮でしょうか。

谷口雅宣先生の『日々の祈り』の172ページに、『「偶然はない」と知る祈り』というご文章があります。

数日前に拝読していた折に、これはあなたにとって、とても参考になるのではないかと思いましたので、折を見て目を通してみてください。何らかの得るところがあり魂の糧となることでしょう。

また、分からないこと、まだ悩まれていることなどあれば、遠慮なくご相談ください。

一つ許可をいただきたいのですが、私は皆さまから寄せられた相談への回答をブログで紹介して、多くの方の問題解決のための参考にしていただいています。

もし差し支えないようであれば、この前の相談内容をブログに載せて、同じ問題で悩んでいる方の参考にしたいと考えています。もちろん、匿名で、地域や問題の背景などは伏せた上で公開しますので、ご心配ないと思いますが、もし不安であれば公開は避けますので、ご連絡ください。


【礼状と新たな質問】 (3月4日)

久都間先生

合掌ありがとうございます。
ご連絡ありがとうございます。感謝致します。

今はもう引っかかりがない。
(全くないわけではありませんが)生活を送らせていただいております。
とても楽です。
ありがとうございます。

ブログへの投稿、問題ありません。同じ悩みの方のお役に立てれば幸いです。

先生、
別件の質問なのですが、
姑とは仲良くする必要ありますか?
絶対仲良くしなければいけないものなのでしょうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【回 答】 
(3月7日)

 

合掌、ありがとうございます。

ご質問いただいたことについて、お答えします。

『生命の實相』第1巻にある實相篇は、すでに拝読されたことと思いますが、生長の家の教えの基本は、「自性円満(そのままで完全円満なこと)を自覚する」ことです。

あなた様が、姑と仲良くしたい、と思うそのことが、あなたの内なる「自性円満」なるものが、すでにはたらき始めているのです。

家族の大調和は、あなたの内なる「自性円満」なる実相に、すべてを委(ゆだ)ねることから実現します。

なぜなら、現象は、過去の想念が現れているだけであり、たとえば現時点で不調和なものが現れているのであれば、それは過去の迷いが消えていく相(すがた)にすぎないのです。

もう、そのような現象にとらわれてはいけません。

現象は「無い!」のです。無い現象は、仲良くしようもなければ、仲を悪くすることもできないのです。なぜなら、初めから「無い!」からです。

そのような現象を相手にするのは、もう止めにしましょう。

現象を相手にする代わりに、久遠の実在である、あなたの内なる自性円満(はじめから円満完全)なる実相のみを静かに観じ、ただただ悦び、ただ感謝していれば、全てのことは大調和の世界へと導かれるのです。それが信仰生活です。

谷口雅春先生の詠まれた和歌に次のコトバがあります。

 ひとすじの道踏み行けば燦然(さんぜん)と
            光り充ち渡る吾が世界来ぬ

どうぞ一筋の光りの道を歩んでください。神想観が、あなたを護り導きます。

生長の家本部講師
久都間 繁


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【礼 状】 (同日付)

合掌ありがとうございます。

お忙しい所ご丁寧にありがとうございます。

私、神想観を真剣に行じます。

ふとした時に、姑から八つ当たりで怒鳴られた事などを思い出してしまって。

でもこれも過去の事ですね。消える為に出てきたものですね。

「無い」物に振り回される事はもうやめます。

久都間先生

ありがとうございました。

| | コメント (0)
|

2014年1月27日 (月)

両親が反対する結婚を成就するために

 今年(2014年)の初め、当ブログを読んだ20代と思われる女性から、ご自身の結婚について、メールで相談をいただきました。

 彼のご両親は結婚に大賛成しているものの、ご自身の両親は反対しており、彼女はその狭間(はざま)に立って悩んでいる、ということでした。

 内容を拝見すると、彼女のご両親が結婚を反対する最大の理由は、経済的な問題にあるようでした。
 結婚の幸福が、経済的な豊かさに重点を置いているご両親にしてみれば、娘が苦労を背負い込むことは見るに忍びず、そんな結婚は許可できない、というお気持ちも、分からないでもありません。

 一方、彼の両親からは、「親の反対押し切って結婚はやめなさい」と言われたそうです。

 そこで彼女は、「両親の望む結婚をしたいのですが、どのような説得をすれば、両親の不安を解消させてあげられるのでしょうか」と、当欄にアドバイスを求めて来ました。

 以下が、寄せられた質問と私からの回答です。

 
 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【質 問】

 

25歳の女性です。

 

交際2年の彼(30)と結婚を考えております。
彼の両親は大賛成です。
しかし私の両親は反対してます。

 

理由は彼の両親の経済状況です。
彼の父親は会社を経営していましたが倒産。
その時抱えた借金の返済に追われ、
まともに貯金が出来なかったそうです。

 

現在は完済し、少ない額ですが私達の為の結婚費用を貯める為に共働きしてます。
借家住まいで、彼も高卒ですぐに就職しました。今の会社も長く勤め、経済的に自立してます。

 

一方、私の家庭は持ち家があり、兄、私も大学を卒業してます。
学費も、車もケータイも全て親が払い、私は何不自由ない生活を送っていました。

 

私の家庭は祖父母自身が貯蓄をしていたので祖父母の介護や冠婚葬祭の費用を両親が負担することはありませんでした。
それだけの負担があれば恐らく今の家は建てれなかっただろう。父はと言ってます。(大型の住宅です。正直うちの家庭には広すぎます。。)

 

彼との結婚後も、住宅購入を考えてますが、

「彼の両親の老後の面倒をみながらローン返済はあまりにも酷だ。そして互いに育った環境が違いすぎる。お前には無理だ」
と実父に言われました。

 

一方、彼の口から彼の両親に事情を話してもらうと

 

⚪︎自分達の所為で反対されてしまい、申し訳ない。
⚪︎私達はそのために保険もきちんと入っている。少ないが貯金もしている。
⚪︎私達の事は心配するな。自分達の事を考えて生きろ。
⚪︎最悪の場合、私達を見捨てろ。当然の報いだと思っている。
⚪︎◎◎ちゃん(私)を悲しませる事はするな。幸せにしろ。

 

両親から精一杯の返答がありました。

 

私は彼も彼の両親も大好きです。
彼自身も私の事と両親を愛してくれているのが伝わります。

 

私の両親は家庭環境を重視し、世間体を気にします。過保護に育てられ、今でも権限は親で私を信用してません。そのせいなのか、私はマイナス思考になりがちです。

 

相手のご両親は恋愛結婚肯定で、両親より彼の立場が上です。
彼自身、厳しい環境で育ったため、ハングリー精神を持ち、仕事も一生懸命ですごく頼りがあります。

 

彼の言葉にこれまで何度も支えられました。自信が出てきました。

 

言葉が軽く見えますが、私の意思は変わりません。苦労を共にする覚悟はあります。
(私の両親にその事を伝えると「初めは皆そう言う」と笑われます)

 

家を飛び出す覚悟もあります。

 

が、しかし、彼の両親から「親の反対押し切って結婚はやめなさい」
と言われました。
両親の望む結婚をしたいのですが、どのような説得がすこしでも両親の不安を解消させてあげられるのでしょうか。

結婚への意志は全くブレてません。

ただ冷静さを忘れては行けないとおもい、客観的なご意見も伺いたいと思いました。
宜しくお願いします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【質問への回答】

 

ご相談のメールを拝見しました。

 

もう少し詳しい背景が分かれば、具体的なアドバイスができるかと思います。

 

しかし、あなたご自身の内において、「結婚の意思が全くブレていない」のであれば、あなたの信じた通りに生きることこそが、最良の結果をもたらすことでしょう。

 

ただし、一つだけアドバイスさせていただくとすれば、先方のご両親から、「親の反対を押し切った結婚はやめなさい」と言われているのであれば、あなた様は、全力を尽くしてお父様とお母様に、今回の結婚を受け入れていただかなければいけません。

 

なぜなら、それが家族の皆が末永く幸せな生活を送るための大切なカギであることを、彼のご両親はよくよく分かった上で、あなた方お2人に語っていると思われるからです。

 

そして、家族皆の祝福を受けて結婚することこそが、これまでお世話になった双方のご両親へのご恩返しであり、最良の親孝行でもあるのです。

 

そのために、あなたは両親に、今回の結婚について面と向かって言葉に出して説得するもよし。

それが難しいようであれば、手紙に直筆で、あなたの心情を書いて伝えることをお勧めします。

 

ポイントは、これまでお世話になったことへの感謝を込めて、思いの丈を書き綴ってみることです! 

 

一度でだめなら、二度でも三度でも、ご両親がほとほとあきれて、なっとくするまで!

 

以上が、ご相談の内容を拝見した上での私の意見です。

 

分からないことがあれば、遠慮なくおたずねください。
時間があるときにお答えします。

 

平成25年1月6日

 

久都間 繁

| | コメント (0)
|

2013年11月16日 (土)

流産して悩んでいる方へ

生長の家本部の“森の中のオフィス”への移転や国際教修会での論文発表などでブログの更新ができませんでしたが、ぼちぼち再開します。

 

 2012年の春、当ブログに掲載した「子供が授からずに悩んでいる方へ」を読んだという首都圏在住の30代の主婦の方から相談をいただきました。

 

 人生の深い問題は、相手の悩み苦しみを感じ取った後は、それを大生命である神にすっかり委ねることによって、相手に必要と思われるアドバイスがひらめいてくる場合が多くあります。

 

 今回もそのような経緯を通して、問題解決の糸口が開けてきました。実名・地名などを伏せて全文を公開しますので、皆さまの問題解決のための参考にしてください。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【質 問】

 

久都間講師

 

こんばんは。はじめてメールさせていただきます。

 

ココログのコメントが送信できませんでしたので、メールで質問させていただきます。
「子供が授からずに悩んでいる方へ」 の記事についてです。

 

私もこの相談者の方と同様、子供が授かる日を心待ちにしています36歳女性です。

 

仕事を続けるべきか悩んでいます。家に帰っても頭の中は「仕事モード」でいろいろと思い悩むことが多いのが現状です。

 

心を落ち着けるため、また、ご先祖様に対し感謝の気持ちをもって毎晩「甘露の法雨」を読んでいます。お祈りは30分間就寝前に行うようにしています。

 

また、私は初期段階で2度流産の経験をしましたが二人とも名前をつけて、ご先祖様と同じく感謝の気持ちで聖経を読んでいます。

 

ご回答には仕事に関して、
『神さまからあなた様に授けられたご使命のことを、じっくり祈りながら見つめてみましょう』
と書かれてありますが、これは仕事を続けながら『ゆったりした「家庭生活のモード」に心を切り替える』と理解すればよいのでしょうか?

 

心身ともに疲れがとれず、なかなかゆったりと「家庭生活のモード」になれずにいます。子供に関しては神様にお任せしていますが、体調が不安定なときもあり、また婦人科の疾患もあるようで仕事を辞めて体を少し休めたいという思いもあります。

 

仕事はしていたいですし、会社側からも続けてもらえると助かると言われ大変ありがたく思っています。

 

健康で完全円満な自分が本当の自分ですから、体の不調和を気にかけないよういつも生長の家の本を読み自分を勇気づけて仕事に出かけていますが(笑)、アドバイスをいただけると嬉しいです。

 

何卒よろしくお願いいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【回 答】

 

この数日間、生長の家本部が移転した八ヶ岳(大泉)への、家族の引っ越しに追われて、返信が遅くなり失礼いたしました。

 

さて、ご相談を拝見しました。まずはご質問いただいた次のことについてお答えします。

 

>>回答には仕事に関して、『神さまからあなた様に授けられたご使命のことを、じっくり祈りながら見つめてみましょう。』と書かれてありますが、これは仕事を続けながら『ゆったりした「家庭生活のモード」に心を切り替える』と理解すればよいのでしょうか?

 

その通りですが、『ゆったりした「家庭生活のモード」に心を切り替える』ことは、仕事を続けながらでは、なかなか難しいことです。

 

ブログに紹介した方は、まだ20代で教師としての強い使命感を持っておられ、しかも定年まで続けたいという願いを抱いておられたので、先のようなアドバイスをさせていただきました。

 

しかし、あなた様の場合はこれとは事情が異なります。
まず、あなた様の年齢のこと、体調のことなどを考慮すると、いったんお仕事を辞めるべき時期に来ていると思われますが、いかがでしょうか。

 

経済のことも大切ですが、子宝のことやご家族の幸せは、それとは比べものにならないほど大切なことなのですから、これから第二の人生が始まるような、すがすがしい開放感に充ちた、楽々とした気持ちになってみてはいかがでしょう。

 

「心のモード」を切り替えるためには、基本的には10日間の練成会に参加されることをお勧めします。そこで、祈りを深めるための心のレッスンをすることです。

 

また、ご夫婦でこれまで行きたいと思っていた国や地域があれば、退職を機に旅行をしてみることもよいし、これまでやりたいと思っていたことをやってみるのも、これまでのモードをより善きリズムに切り替えるためには、とても有効ではないかと思われます。

 

そして、あなた様からの次の情報も、身体が大切なメッセージを発しているように見えます。

 

>>心身ともに疲れがとれず、なかなかゆったりと「家庭生活のモード」になれずにいます。子供に関しては神様にお任せしていますが、体調が不安定なときもありまた婦人科の疾患もあるようで仕事を辞めて体を少し休めたいという思いもあります。

 

私のブログを見て相談をしたくなったのも、すでにあなた様の内る“声なき声”に、導かれてのことではないかと思います。

 

以上が、頂いたメールを拝見した上での助言となりますが、もう少し詳しいあなた様の背景、例えば信仰歴、ご家庭の状況、お悩みなどが分かれば、秘密を厳守した上で、具体的なアドバイスができるかと思います。

 

私からの返信は、仕事の合間をみて書きますので、何か気に掛かることがあれば遠慮なくご連絡ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【追加の質問】

 

お忙しい中、ご返信ありがとうございます。

 

またなかなか落ち着いて書ける時間がなくお礼が遅くなりましたこと、お詫びいたします。

 

今回、思い切って相談して良かったです。

 

私は先生のことは存じていませんでした。また全く関係のないことを調べていたときに
先生のブログを見つけ、いろいろな相談者の方のお話、先生のご回答を見て、少し迷いましたが私もメールを送らせていただいた次第です。

 

仕事はやめるべき時期なのですね。
今年で11年目になりますが、辞めたいという思いは前々からありました。素直に自分の気持ちに従ってよかったのですね。辞めるタイミングは何度かありましたが、そのたびに上司の体調が悪くなったり、資金繰りがわるく新しい人材を採用する余裕がなかったりと零細企業の悩みですが、なかなか抜けられない状態でしたので、仕事は続けなさいと言われているような気がしてなりませんでした。

 

実は10月末で正社員としては退職したのですが、決算も近く私は経理を担当しているため週3くらいで会社に行っています。この状態がいつまで続くのだろうと悩んでいました。ですが、先日、新しい人に早く仕事を引き継ぎたいときちんとお願いし、週1ペースで通うことになりました。

 

信仰歴ですが、10年くらいになります。
両親は2人とも山陽地方の出身で、母方の祖母が信仰熱心だったようで10年前私が体調を崩したときに母が『甘露の法雨』を読んでくれたのがはじまりです。

 

そのころ母はまだ生長の家については勉強しはじめで、一方で母のお姉さんは若いころから練成に行っていたようです。実家では母と一緒に『甘露の法雨』を仏壇の前で読んでいました。結婚後も続けています。

 

母は現在は白鳩会会員で、私はずいぶん前に母と一緒に年始の宇治の練成会にも一度参加したことがあります。生長の家講習会には毎年誘われ参加しています。

 

現在は結婚して3年目になりますが、関東地方に住んでいますので、泊まりではないですが母にすすめられ飛田給の練成にも行ったことがあります。ただ直接自分の悩み事を相談したことはありません。

 

主人は私より2つ年上で、穏やかでとても優しく、夫婦調和の大切さを母や本から学んでいたのでとても仲良くやっています。また子供のこともあせる必要はないと言ってくれています。

 

主人には生長の家のことは講習会に行く際に一度話をしました。もちろん生長の家のことは知りませんでしたし、宗教は信じない方なので私の事を少し心配していましたが、私の事を信じているので別に反対はしないよ、と言ってくれました。

 

私はまだ会員ではありませんが、主人には徐々に理解してもらえたらと願っています。

 

両親についてですが、義理の兄夫婦が同じマンションに住んでおり、4歳になる甥もいるため主人の両親もよく遊びにきます。また旅行に一緒に行ったりするなどとてもよい関係です。もちろん私の両親も元気に首都圏で暮らしており、仲良くやっています。実の兄も結婚しており都内に住んでいます。私は本当に幸せな環境に住まわせてもらっています。両親やご先祖様のおかげだと思います。

 

私はスキーや山登り、旅行も好きで仲の良い友人もたくさんおり活発なほうだと思います。
私は何不自由なく大きなケガや病気もせず成長しましたので、結婚して2度の流産を経験したことにとてもショックを受けました。また2度目の流産は子宮外妊娠で入院し、卵管を片方切りました。

 

私の悩みは、今後は気持を新たに過ごしていきたいと思いますが、具体的にはこの出来事ををどのような気持ちで受け止め過ごしていったらよいでしょうか? 頭では理解していてもなかなか気持ちの切り替えができていないのが正直なところです。子供を望む一方で不安がよぎります。

 

母からは、「過去のページは切り捨てて、ただただ感謝の気持ちで明るく過ごしなさい」と言われました。もちろん会えなかった子供に対しても、主人、両親、会社の方たちその他周りの人たちに対して。すべてよい方向に進んでいる、とのことでした。

 

なぜこんなことになったのか? という疑問をもつ必要はないのでしょうか。
不安定な気持ちが体に現れているのでしょうか。

 

スカッと心もからだも晴れる日が早く来てほしいと願うばかりです。
自分はこんなにも弱かったかな、、と考えてしまいます。

 

また現在は病院に通い、薬を飲んでいます。次々といろいろなところを指摘されるためあまり病院には行きたくないのですが、素直に先生の指示に従い受診すればよいのでしょうか。病院や薬との付き合い方もお伺いしたいです。

 

10日間の練成に行きたい気持ちもありますが、主人の仕事は忙しいため、食事作りを優先したいと思っています。自宅では祈りを深める訓練は難しいでしょうか?

 

それとも主人に事情を話し、機会を作って練成に参加したほうがよいでしょうか? 通うという方法もありますが。

 

長文になりまとまらず大変申し訳ございません。
再度アドバイスをいただけましたら幸いです。

 

何卒よろしくお願いいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【回 答】

 

合掌、ありがとうございます。

 

さて、頂いたご質問――

 

>>私の悩みは、今後は気持を新たに過ごしていきたいと思いますが、具体的にはこの出来事をどのような気持ちで受け止め過ごしていったらよいでしょうか?頭では理解していてもなかなか気持ちの切り替えができていないのが正直なところです。子供を望む一方で不安がよぎります。

 

これについてお答えします。

 

お母様がおっしゃった、「ただただ感謝の気持ちで明るく過ごしなさい」ということは、とても大切なことです。しかし、あなた様の過去のページについては、もっと根源的な見方をしなければなりません。

 

生長の家で説く、「人間・神の子」とは、人間は、生と死を越えてそのまま円満であり完全であるという教えです。つまり、現象の背後にある、実在(ほんとうに在るもの=神)のみを直視する教えです。

 

これまで、2人の神の子さんがお腹に宿ったとのこと。

 

これは、どんなに荘厳な光りと祝福とに満たされた、喜ばしい出来事だったかということに、あなた様は気がつかなければいけません。

 

人間・神の子とは、流産するしないを越えて、円満なる“愛”そのものであり、“光り”であり、そのまま救われているのです。つまり、安らぎに充ちた光りの子が、神縁あってあなた様のお腹に宿られたのです。まずその聖なる事実を認め、祝福し、感謝することが大切です。

 

そして母体に宿り、流産して亡くなったように現象的には見えますが、現象は“現れているだけ”にすぎません!

 

宿った子どもたちは、はじめから生き通しであり、円満な光りであり、愛そのものであり、今も生き通しの実相生命として大宇宙を照らし続けているのです。

 

その事実(実相)をしっかり見つめて祝福し、久遠の繋がりをもった我が子として、慈しみ、感謝し、祝福し、母胎に宿った荘厳なる神縁を悦んであげましょう!

 

そして、あなた様ご自身も、はじめのはじめから円満完全なる神の子であり、“愛そのもの”であった事実(実相)をしっかり見つめ、心から感謝し、祝福して日々大いに悦ぶことにしましょう。

 

このように、実相を直視して悦ぶことが、神想観であり、生長の家の供養です。

 

お子様たちと、あなた様との関係は、実相から観れば永遠に「光り」と「光り」の関係であり、これまで一度も流産したこともなければ離れたこともない、神によって結ばれた永遠の関係であることを、もっともっと悦ぶこと。その実相を見つめて悦ぶことこそが、生長の家の喜びの信仰です。

 

>>現在は病院に通い、薬を飲んでいます。次々といろいろなところを指摘されるためあまり病院には行きたくないのですが、素直に先生の指示に従い受診すればよいのでしょうか。病院や薬との付き合い方もお伺いしたいです。

 

病院は、身体の悪いと思われる箇所を、親切にあれこれ探して指示してくれますが、病そのものを完全に癒やすのは、あなた様に内在する大生命にほかなりません。これについては『生命の実相』の1巻、2巻(實相篇)をしっかりお読みいただき、理論的にも納得した上で、今後の生き方を決められるとよろしいでしょう。

 

泊まりがけの練成会については、時期が来たら自然に行くことができますので、無理をせずに、地元の教区やお母様がいる教区で開催されている練成会に日帰りで参加されるとよろしいでしょう。

 

また、この機会に、聖典『生命の實相』を1巻から順を追って全巻拝読することをお勧めします。

 

『生命の實相』を読むことは、私たちが生活の中で四季(春、夏、秋、冬)を体験することとよく似ています。『生命の實相』の行間を味わいながら、朝夕の神想観・聖経読誦とともに一日一日を迎えることで、真理への理解が一段と深まることでしょう。

 

また、分からないことがあれば遠慮無くご連絡ください。

 

再拝

 

生長の家“森の中のオフィス”より

 

生長の家本部講師
久都間 繁

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【礼 状】

 

合掌、ご返信ありがとうございます。

 

とてもわかりやすく説明していただきありがとうございます。
“神縁あって私のお腹に宿ったという、この聖なる事実を認め、祝福し、心から感謝”したいと思います。

 

先に「頭では理解していても」と書きましたが、、結局流産という現象にとらわれていたにすぎず、“根源的な見方”ができておらず間違っていました。

 

いつも感謝の気持ちで聖経を読み、お祈りしていましたが、恥ずかしながらこれでは「感謝」とは言えません。また、ふと不安や沈んだ気持ちが沸き起こる理由も自分で自分に納得ができます。

 

反省の気持ちと同時にまた、
>>その事実(実相)をしっかり見つめて祝福し、久遠の繋がりをもった我が子として、慈し  み、感謝し、祝福し、母胎に宿った荘厳なる神縁を悦んであげましょう!

 

>>そして、あなた様ご自身も、はじめのはじめから円満完全なる神の子であり、“愛そのもの”であった事実(実相)をしっかり見つめ、心から感謝し、祝福して日々大いに悦ぶことにしましょう。

 

と聞いて、スーッと気持ちが晴れていくような悦びの感じを味わいました。

 

この気持ちを継続させるためにも正しく真理を理解し、生命の實相を読み、もっと理解を深め悦びの毎日を過ごしていきたいと思います。

 

感謝の気持ちでいっぱいです。
ご指導いただき、本当にありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【返 信】

 

合掌、ありがとうございます。

 

あなたが人間・神の子の自性円満の実相を悦んでいるだけで、思いも掛けなかったような楽しい黄金の日々が開けてきます。

 

どうぞ、この真理への一筋の道を歩んでください。

 

また、今回の質疑の遣り取りは、あなた様のように神縁ある人々の魂に光明を灯すことになると思われますので、個人名などを伏せて、ブログで公開させていただきます。
ご了承ください。

 

生長の家本部講師
久都間 繁

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【返信】

 

久都間 先生へ

 

合掌、ありがとうございます。

 

ブログでの公開の件、承知いたしました。

 

悩める女性が一人でも多くこの真理に気づけますことをお祈りいたします。

 

お役に立てて光栄です。

 

また土地の名称もあわせて伏せていただけますでしょうか。

 

申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

| | コメント (8)
|

2013年3月23日 (土)

光りが闇を消すように

 娘が妻子ある男性と付き合い、先方のご家庭をこわしてしまったという相談のお手紙を、そのお母様からいただきました。

「光が闇を消す如く」というご著書を谷口清超先生がお書きくださっていますが、「闇」という“悩み”や“苦しみ”が消えるのは、はじめから「光り」のみが実在しているからです。

 どのようにこじれたと見える問題であっても、この実在の「光り」を灯すことによって、問題は解決し、大調和の世界が今、ここに顕れるのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【質 問】 

 二人の息子は結婚し、二人ずつの孫も生まれ、心より嬉しく思っています。あと、一人娘(34)が同居しています。息子たちは男の子ですから、いたずらが多く、私はビシビシ厳しく育てました。

 しかし娘は、父親が可愛さ余ってどうしても甘やかして叱ることもできず、私が厳しくすると私が怒られ、ずいぶん悩みましたが変わることはなく、私は夫に反発して「将来の責任は持てないからから」と思っていましたが、結局私にのしかかってきました。

 娘は、男性とのお付き合いは度々あったのですが、なかなか結婚に至らず、まだかまだかと首を長くしていました。

 ここ二、三年「ステキな彼だよ!」なんて言いだし、私たちはいつ来るかいつ来るかと思っていましたが、合うこともなく、変だな? と思っていましたら、彼は結婚していて子供二人がいることを知り、私はとてもショックでした。

 彼は会社の上司(40歳)で、親切にしてもらっているうちに親しくなったらしく、相手の家庭が壊れ、もう後戻りできないところまで行き、最近別居してアパートを一人で借りたようです。

 娘は前の方との交際のショックや親友の思い掛けない死などから、軽いうつ病となり病院に通院しています。娘は、「私もこんなふうになるとは思わなかった」と言います。

 また、彼のことを取るつもりもなく、「奥様と別れないで」と彼に伝えたようです。が、奥様はご主人に夕食も作らなくなり、話もしなくなり、もう修復できないようで、私はどうしてよいか分かりません。娘を信じている夫に話すこともできず、毎日頭が痛く、誰にも話せずにいます。

 娘は「彼がいるから生きてられる」と言ったりしますが、相手の方の下のお子さんが、今年中学を卒業し高校生になります。
 娘は、「離婚が成立したら家に婿さんに来てもらいたい!」と言ったりしていますが、夫には、娘はどれほど甘やかされていても、心底話もできません。

 私は二十五年前に夫と結婚して、子育て中にご近所の方から『白鳩』誌をいただき、生長の家と出合い、もっと勉強したいと思い、講習会に参加させてもらいました。すぐ聖使命会員にもなり、今では子供三人孫四人とも十一人分、私の収入から納めさせていただいています。よい二人の嫁さんにも恵まれ、とても感謝しています。

 娘の結婚が私の希望でしたが、この縁をどのように受けとめていったらよいか、ご指導をお願いしたくペンを取らせていただきました。
 誰にも言えず、娘から「もう他の人を好きになれない!」とか言われますと強くも言えず、神様におすがりするしかありません。

 私は、娘と違って、厳しく酒乱の父で、甘えることもできない、話すらできないので愛に飢え、もう暗くおどおどした子供でした。やがて家を飛び出し、やはり家庭のある人と知り合い、知らず知らずのうちにどうしようもなくなっていました。

 そんなこともすべて知って夫は私をもらってくれたのです。だから、その上、娘がそんなことに、私は恐ろしさを感じています。

 こんな相談で誠に恐縮です。が、おすがりする気持ちで恥をかくのを知っての上で、書かせていただきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【回 答】

 

 合掌、ありがとうございます。

 

 心待ちにしていたお嬢様の交際相手が、妻子ある職場の上司だったとのこと。さぞや驚き、そしてご主人にも相談することもできずに、一人で悩み苦しまれたことと推察しております。

 長年、生長の家の教えを勉強されているあなた様は、もうご存知のことと思いますが、これはお母様ご自身が経験されたことと同じようなことが、お嬢様にも再現されているわけですから、どこかでこの因縁を解消しなければ、先方のご家族の辛い悲しみが加わることで、さらに子々孫々にわたって同じような現象が再現されるかもしれません。

 

 しかし、解決できない問題などありませんので、ご安心ください。
 因縁や業(ゴウ)よって生ずる現象の一切は、心のカゲに過ぎないのですから。

 生長の家の教えを真剣に行じて、これまでの悪しき因縁や業(ゴウ)を解消された方々は、あなた様もご存知のように数知れずいらっしゃるのです。

 以下に、そのためのアドバイスを書きますので、これを一つの参考にして、信仰の道に精進してください。


①日々の祈りの中で天地一切のものに感謝すること。


 お手紙の中で、お父様は酒乱で、あなた様は話をすることすらできなくて愛に飢えていた、と綴られていましたが、お父様が酒乱のような状態になるということは、そこに至るまでに、どれほどの辛い悩みや悲しみを抱えていたことでしょう。

 そのことに、これまであなた様は、深く思いを巡らせてあげたことがあったでしょうか。

 これに加え、あなた様は娘時代に家を飛び出してしまったのですから、お父様お母様の悲しみは、その後にあなたが出合った妻子ある男性のことも含め、どれほど耐えきれなかったことでしょう。
 そのご両親の悲しみの幾分かを、あなた様は今、味わわせていただいているのかもしれません。

 お嬢様が、妻子ある男性と道ならぬ関係へと走ってしまったことの背景には、このお父様のみならず、あなた様がご自身の胸の内に隠し持っていた自責の思い(罪の意識)が、理不尽なことと思えるかもしれまんせんが、影響を与えていることでしょう。

 しかし、神の子の本質は「光り」であり、「愛」ですから、神を生きたとき、光りを生きたとき、家系にまつわる一切の罪は消えるのです。

 くり返しますが、あなた様に巡ってきた今回の問題は、全てを解決できるからこそ現れているのであり、あなた様に家族を救う尊いご使命があればこそ、生長の家の扉を叩かれたのです。

 さて、お父様の愛は、酒乱という姿しかご記憶にないかもしれませんが、それはまぎれもない“神様の愛”が、お父様を通して不完全ながらも現れていたのであり、このような不如意な姿しかあなたに見せられなかったお父様は、どんなに無念だったことでしょう。

 しかしこれも、神の子の円満なる実相を知らなかったお父様の“自責の念”のなせる仮の姿にすぎません。そのことは、人生経験を積まれた今のあなた様には、痛いほどお分かりいただけるのではないでしょうか。

 神の無限の愛が、お父様とお母様を通してあなたを愛し、今はご主人をはじめご家族を通して、周りのすべての人やものや事を通して、常にあなたの上に注がれているのです。

 神想観を通してその祝福を観じ、無限に感謝させていただきましょう。そして聖経『甘露の法雨』によるご両親への供養を通して、どこどこまでも光明一元の世界であることを悦びましょう。

 

②神の子としての使命(愛)を生きること

 お手紙で紹介されているように、あなた様は25年前の子育て中に、ご近所の方から生長の家を伝えていただき、み教えの光りに導かれて人生を歩み、そのおかげで子供3人、孫4人に恵まれて、今日まで平穏な生活を送ることができたことを、あらためてふり返ってみましょう。

 

 イエス・キリストは、「ともし火は升(ます)の下ではなく燭台(しょくだい)の上に置くことで、家の中はすべて照らされる」(マタイ伝)と説かれています。

 真理の灯(ともしび)は、あなた様が生長の家の教えによって光明生活へと導かれたように、家族や周りの人々にみ教えを明々と灯すことによって、多くの人が救われるのです。

 なによりも、あなた様が、はじめのはじめから「神の子」であり、「光り」であり、円満なる「愛」なのですから、自らの実相である「愛の光り」を照り輝かしてこそ、その本領を発揮して、光りとしての“ご使命”を全うできるのです。

 まずは今できるところから、神様の教えを伝えるために白鳩会員となり、ご自宅で白鳩誌友会を開催して、ご家族や近隣の方々を真理の道へと導き、一歩でも二歩でもあなたが今できる「愛行」を実践しましょう。

 あなたが「神の子」としての実相の灯を高く掲げ、「光り」をともす生き方をすれば、光りが闇を消すように、一切の悪業、悪因縁が消え、根本的な問題の解決につながるのです。

“急がば廻れ”という諺の通り、まずは人類光明化運動の一端に加わる決意をしてください。そして教化部や練成道場の練成会に参加して、心機一転して新生するための善き契機としましょう。

 

 分からないこと、追加の質問があれば、遠慮なくご連絡ください。

| | コメント (0)
|

2013年2月18日 (月)

外国人という理由で結婚を反対されて

 当ブログをたまたま読んだという女性の方から、ちょっと深刻な結婚問題について、アドバイスを求められました。

 

 頂いた質問のほかに詳しい背景が分かりませんが、この方への回答を、類似の問題に悩まれている方への参考のために公開させていただきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【質 問】

 

 先生、こんばんは。

 偶然に先生のブログをみつけ、人生の相談をのっていただけますでしょうか。

 私が外国人で、日本人の彼と8年間付き合っています。
 彼は、長男で土地の持ち主で、家業を継がなければなりません。

 ただし最近、彼のご両親にご挨拶にいったら、彼の父親に猛反対され、私をとるか、家をとるかを選べって父親に言われました。

 父親が反対する理由は、外国人の血をお墓にいれてはいけませんと。
もし、彼が私を選ぶなら、土地を売却し、長男という冠を剥奪し、家から追放されるようです。
 母親からも家庭崩壊だとか、産んでないことにするとか親不孝だとか、罵声をあびさせられてます。

 彼が、それらすべて承知の上で私と付き合っていますが、毎日苦しんでるのは私しかみえません。

 苦しませたのは、私ですね。
 その決断を迫られまして、彼が家を出て、私と一緒に生きるといってくれましたが、私にとって幸せな限りですが、彼に家庭崩壊の罪名を背負って、私と一緒にいることで幸せになれるでしょうか。

 絶対に幸せを見せつけようと誓いますが、彼にとってそれが本当の幸せなんでしょうか。

 先生、彼にとって正しい選択は、なんでしょうか。
 私と家族、家業を同時に守れないものでしょうか。
 子供を産んだらご両親が少しでも許して下さると期待するしかありません。

 先生のご意見を聞かせていただけますか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【回 答】

 ご質問ありがとうございました。

 出張が続いておりましたので、回答が遅くなり失礼しました。

 8年もお付き合いしている彼との結婚について、先方のご両親から強く反対されているとのこと。

 また、彼のお父様が「外国人の血をお墓にいれてはいけません」とおっしゃっていることは、詳しい事情は分かりませんが、なにか伝統的な家業を営んでいるが故のことかもしれませんね?

 彼自身が、土地や財産を捨てて、今後どのような苦労も厭(いと)わない覚悟が出来ているのであれば、また、そのような彼へのあなたの想いが揺るがないのであれば、彼の行く道に従うことが、最終的には善い結果を招来することと思われます。が、彼がそのことを悩み苦しんでいる様子が、文面からは伝わってきます。

 彼のご両親から結婚を認めてもらえないまま、たとえ二人が結婚したとしても、霊的な方面から観れば、あなたは結婚を通して彼の家系に加わらせていただくことになります。

 また、ご両親が反対されるということも、これも無闇に反対しているのではなく、ご両親は先祖たちの“想い”の一端(全部ではありません)を感じて、意見を表明されいるものと思われます。

 外国人であるとか、家柄がどうであるとか、そのようなことはただの偏見にすぎないのですが、彼のご両親が反対されるのは、あなたの真の姿(円満なる実相)をご両親(やご先祖)が知らないことと、外国人であることへの違和感から、結婚によってこれまで保ち続けていた良き伝統が壊れてしまうのではないか、との“恐れ”を感じているのではないかと思われます。

 時間が掛かるかもしれませんが、あなたは、そのような日本の古い風習や考え方も受け入れなければならないでしょう。なぜなら、彼との結婚とは、彼のそのような文化的な背景とも、深く“ちぎり”を結ぶことになるわけですから。

 そのような前提を踏まえた上で、お二人の結婚が、ご両親をはじめ、家族や周囲から祝福されて、幸福な家庭生活と繁栄への道を開くためのアドバイスを、以下に挙げさせていただきます。

①一切を神なる大生命に委(ゆだ)ねること。

 大生命(神様)は宇宙に充ち満ちています。それは貴方の内にも充ち、彼のご両親の内にも満ち、ご先祖の内にも充ち、彼の内にも満ちています。大生命とは即ち神(仏)の智慧、愛、生命であり、すべてを生かすチカラのことです。

 私たち人間は一人残らず、その宇宙に満ちる大生命の子供であり、その大生命に生かされているのです。このことを生長の家では、「人間は神の子である」と説いています。

 あなたの親様なる大生命(神様)に、今回の問題のみならず全てのことを委(ゆだ)ねてください。必ず、なんらかの答えか、困難な問題を解決するための導きを得られることでしょう。

 その方法として、生長の家では神想観(しんそうかん)という祈りの実修を勧めています。が、あなたが何か信仰をお持ちであれば、その形式に添って、以上のことを念じながら、深く祈念されるとよろしいでしょう。
〈ご参考〉

『神想観はすばらしい』谷口清超著
 
②彼のご先祖の供養をすること。

 幸せな結婚をするための一助として、彼のご先祖に今回のことを報告し、今後の展開の一切を委(ゆだ)ねてみましょう。

 その方法としては、お部屋の中で清浄な場所を設けて、深く心を静めて「○○○家先祖代々の御霊(みたま)」と、声に出して彼のご先祖を招霊して、ご先祖が信仰する宗教のお経を読んであげるか、現代のコトバで深い宗教的真理が書かれた
『甘露の法雨』を読んであげるとよいでしょう。

 詳しくは、日本教文社刊の
『人生を支配する先祖供養』谷口雅春著を参考にしてください。

 また、彼と一緒にご先祖のお墓に詣でて自分たちの思いの丈(たけ)を伝え、ご協力を仰ぐとともに、今後の導きをお願いするとよろしいでしょう。

 分からないことがあれば、なんなりとコメント欄かメールを通じてご連絡ください。

 また、関東周辺にお住まいであれば、私の聖典講義の折に個人指導をしておりますので、遠慮なくお訪ねください。2月は24日(日)、3月は24日(日)それぞれ午後1時から
講話を予定しています。

 全国各地にも生長の家の教えを伝える
拠点がございますので、ご相談されるなり、詳しいことをお尋ねになるとよろしいでしょう。

 

 

 

| | コメント (0)
|

2012年11月20日 (火)

たとえ病気が消えたとしても

 生長の家を熱心に学んでいる方と、メールを通して「実相を直視すること」について遣り取りしていたところ、次のようなご質問をいただきました。

【質 問】

息子の健康のために生長の家を勧めていましたが、彼は何もしなくて構わない、私自身が家族の実相を直視していれば、暗は消えるからそれで良いのでしょうか。彼を愛する母にとって、彼自身が三正行を実行して信仰を深めて欲しいと願っていますが、私だけ実行して信仰を深め、彼に関しては神様にお任せすべきなのでしょうか?

 

また、友人に対しても生長の家のみ教えを勧めない方が良いのでしょうか? 私だけ実行して、彼等の実相直視さえ続けていれば良いのでしたら、私にとっても簡単です。私の信仰が深まるにつれて周囲の人々も自然にみ教えに振り向き実行する時が来る筈だということでしょうか。周囲の人々は私の鏡ですものね。

   ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

 メールなどの文章によるコミュニケーションには、断片の言葉だけが一人歩きして解釈される場合があるものです。
 さて、上記の質問を要約すれば、
「病気で苦しんでいる人の“実相”だけ観ていればいいのでしょうか。三界唯心所現(すべては心のカゲ)であれば、自分の心が変わるだけで問題は解決するのでしょうか」
 という意味になるかと思います。

 どのような教えであれ、誰かを神や仏と繋がるような深い信仰に導くためには、人それぞれの気根に応じた対機説法が重要な役割を担っています。が、そのためには「直接合って話すこと」が最良の方法であることには変わりありません。

 ともあれ、私からの回答を公開させていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【回 答】

 以下に、ご質問いただいた何点かのことへの返信を書きますので、ゆっくり目を通してください。

 分からないことがあれば、またご連絡ください。

 まず、息子さんの「健康の為」に聖経読誦を勧めることは、彼を、神への正しい信仰に導くために、とても大切なことなのです。

 ご本人が、神想観(祈り)や聖経読誦によって「実相」を正しく把握すれば、その結果として暗(症状)は次第に消えていくのです。また聖経を読誦することで、ご本人が神の子の自覚を深めるにしたがって、霊界の諸霊たちも真理を悟って救われるのみならず、護り導いてくれるようになります。

 また、息子さんにしても、友人の方にしても、「神癒祈願」をはじめとした第三者からの祈りは、「信仰の道」へと歩んでいただくための“橋渡し”のお役目は果たすことができますが、何よりもご本人が信仰の道をあゆみ、「実相」に目覚め、神の子(仏の子)本来の無限に自由な世界に新生することによって、はじめて根本から救われるのです。

 それが、イエス・キリストの云った「神の栄光があらわれる」ということです。
 つまり「神の栄光」とは、その人が「実相」に目覚めて内在の神性・仏性が光り輝くことなのです。

 ですから、彼らを真理の道へと導くことは、とても重要なことなのです。

 これと合わせて、先に真理への道を歩んでいる私たちは、神想観を通して、彼らをはじめご縁あるすべての人々の実相を観じ、彼らの気根に応じて真理のコトバを通して導くことが、彼らの魂の生長にとって大いなる助けとなるのです。

 たとえ、第三者からの祈りによって病気が治ったとしても、盲目が消えたとしても、ご本人自身が神への信仰へと振り向いて、神と繋がらなければ、いつまでも現在の境涯を卒業することができませんし、「業」という念の集積を解消して「人間・神の子」の自由な境涯へと新生するのに、何度も病気や苦難を繰り返すなどたいへんな遠回りをしなければならないことでしょう。

 ですから、神想観を通して、その方の実相を直視するとともに、愛行を通して彼を「真理への道」(信仰生活)へと導くことがとても重要なのです。

 また、彼らが将来ご家庭を持ち、やがて子供たちに恵まれた後は、彼自身の内に目覚めたチカラによって、その家族をも真理への道へと導くことができることでしょう。

 これが、私たちが実践している菩薩行であり、人類光明化運動・国際平和信仰運動なのです。

| | コメント (3)
|

2012年11月19日 (月)

祈りによる“救い”について

「祈り」による救済(神癒)について、海外にお住まいの生長の家の方から質問をいただきました。
 
 私からの返信が、生長の家の「国際平和信仰運動」のことや「心の法則」や、「神癒」(自性円満の自覚による神の癒し)などに及び、生長の家をご存知ない方には、ちょっと難解なところがあるかもしれませんが、分からないところがあれば遠慮なくご質問ください。

 また、どのような宗教であれ、日々世界の人々の幸せを祈り、信仰の道に精進されている方には共通するテーマでもあるかと思われますので、皆さまのご参考のために公開することにしました。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


>>(質問)祈りに合わせて、人助けに興味を持つ高級霊も協力してくださいますか?

 

 とのご質問にお答えします。

 

 生長の家の人類光明化運動や、国際平和信仰運動は、人間界の運動だけではありません。

 

 このような運動は、生長の家に限らず神界・霊界・現界の神々や高級霊という、天使として、あるいは“霊の選使”としての使命をもった人たちに共通の荘厳なる一大運動なのです。

 

 もちろん、この運動は国境や人種の違い、あるいは宗教や宗派などといった“現象”を超えたものであり、空間などの「距離」も越えていますので、どんなに離れていても、「祈り」や「集団祈願」が功を奏するのです。

 

 神癒とは、ご質問にあったような「人助けに興味を持つ高級霊の協力」ということも間接的には影響しているかもしれませんが、根本的には、神は、宇宙に充ち満ちている“無限生命”ですから、この“無限生命”を吾が内に自覚さえすれば、全ての問題が解決し、全ての病は消えるのです。

 

 その本来完全円満なる実相が、現象世界にそのまま顕れるのを邪魔していると考えられているのが、天理教祖が云うところの「心の表面に付いた埃(ほこり)」であり、生長の家で説くところの、「迷いの念(こころ)のフィルム」いわゆる「業(ごう)」なのです。

 

 現象界の問題を解決したいのであれば、まず第一にすべきことは、「神想観」などの祈りと、真理のコトバが書かれた聖典やお経の拝読によって、本人が「自性円満(そのままで円満完全)」なる“実相”を自覚することに尽きるのです。実相を自覚することによって、「迷いの念(こころ)」が消えるのです。

 

 神癒祈願や集団祈願などの「祈り」は、その手助けにはなりますが、根本的な解決は、ご本人が本ものの信仰生活に入るより他はありません。

 

 第三者の祈りによって「迷いの念」が一時的に浄化されても、本人の心が内なる神(大生命)に向かわなければ、「迷いの念(こころ)のフィルム」の投影による不完全な現象は、何度でも再現することは、以上の説明でご理解いただけることと思います。

 

 神は大生命であり同時に大光明ですから、その神に全托すれば、たとえ何千年何万年続いている闇でも消えるのです。

 神の無礙の光にふれて「迷いの念(こころ)」が消えることで、円満完全なる実相世界が、この世(現象世界)にも顕現する、それが、「健康」となり「繁栄」となり「調和」となって現れるのです。

 つまり信仰生活とは、日々の祈りと、真理のコトバが書かれた書籍やお経の拝読、そして神の愛を実践する「愛行」の三正行が、神さまと心の波長を合わせるために、もっとはっきり言えば、「神の子としての円満完全なる人生」をこの世に具現して、多くの人々を幸せにするために、いかに大切であるかということが、お分かりいただけることと思います。

 

 光の子としての、ますますのご活躍を祈念しております。

| | コメント (0)
|

2012年9月28日 (金)

マンションの売却について

 関西在住の40歳の女性の方から、「マンション売却のことで悩んでいます」という相談をいただきました。

 たとえば、信仰熱心な方で、どんなに神仏に祈っても、どんなに「心の法則」を駆使してみても「願いが叶わない」という方がいますが、そのような場合は、もしかしたら心が神さまと一つになっていないのかもしれません。

 神さまと一つになる道は、自分と全てのものを「赦すこと」「愛すること」そして「感謝すること」から開けてきます。


「願い」は、実在(実相)の世界にすでに成就していればこそ、私たちの脳裏にアイディアとなってひらめいてくるのです。

 また、その「願い」が、利己的なものではなく多くの人を幸せにするような内容であれば、神は宇宙に充ちている大生命ですから、“神と一つ”になることによって、宇宙の全体が「願い」の実現を後押ししてくれます。

 それが「祈る」ことの醍醐味であり、「吾れ祈れば、天地が応える」のです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【質 問】


 マンション売却の事で悩んでいます。

 私が現在住んでいるマンションは築27年のマンションで13年前に自分で購入したマンションです。

 当時は結婚を機に購入したのですが、2年後に離婚しずっと働いてローンを返済してきました。

 この度、売却を決意したのは勤務先に近い大阪に戻りたいこと、また新しい縁に恵まれて再婚したいこと。維持費を支払っていく自信がない、階下の子供の声がうるさい、などの理由で売却を決意しました。

 昨年の11月から売却活動を始め、不動産仲介会社の紹介で数人お客さんを紹介していただきましたが、なかなかいい返事をもらえず焦る日々が続いています。

 販売価格も当初より大幅に下げたり、「必ずこのマンションを必要とする人に巡り会える、神様におまかせします」と祈っていても、このまま売れないのではないかと不安に思ってしまいます。

 マンションの1階には飲食店があり、その臭いを嫌う人やエレベーターにのる前後に階段があり、年配の人からは「階段があるから・・」と断られてしまいます。

 現象に囚われていてはいけないと思いましたが、どのように祈ればよいでしょうか?

 ちなみにこのマンションは中古で購入したものですが、私が住む前の人が破産した物件でして、その後に住んだ私が離婚・勤めていた会社が倒産等、よくないことが続きました。(離婚は私に原因があるのですが)これも気にしない方がいいでしょうか?

ご指導宜しくお願いします。


(匿名希望)生長の家信仰歴:30年以上

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【回 答】

 

 マンションの売却については、ご相談内容を拝見する限り、最良の時期に選択されていることと思います。

 

 また、マンションが売れない原因としては、メールにお書きになっているように、

 

「私が住む前の人が破産した物件でして、その後に住んだ私が離婚・勤めていた会社が倒産等、よくないことが続きました」

 

 ということがあなた様の心の奥にあって、それが原因しているものと思われます。

  つまり、このマンションを購入した人は“不幸になる”という、あなた様の潜在的な想いが、スムーズな売買の妨げになっているのではないかと思われます。

 

 この問題を解決するのは簡単です。

 すでに祈り(神想観)を実修されているのですから、朝晩の神想観の折に完全円満なる実相世界を観ずること、そして真理の言葉の読誦によってマンションを浄めることです。

 

具体的には、

①神想観を実修して、実相においてマンションははじめから神の子・光りの子の住まいであり、神の智慧と愛と生命に充たされており、これまで13年間もお世話になりありがとうございました、と心から感謝すること。

 

②これから神縁によってマンションに住む方が、光りあふれるこの家に暮らして、家族仲良く円満完全な大調和の生活を送る姿を観じて、ひたすら祝福祈念すること。

 

③聖経『甘露の法雨』を朝と晩に誦げて、真理の言葉によってマンションを浄め、神さまに一切をゆだねること。

 

 以上のことを続けていれば、最良の時期に、最良の買い手が現れ、売り手も買い手も満足する最適な値段で売買が成立します。

 のみならず、あなた様の運命も大いに開けてきますので、安心して神想観と聖経読誦を続けてください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧